1906年4月29日付李明来による報告書号外

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
李明来による報告書号外(書面右側)

報告書号外

光武10年5月7日
接受第30025号

鬱島郡守沈興澤の報告書によると、本郡所属の独島が外洋100余里の距離にあるが、本月初四日[註 1]の辰時[註 2]頃に輪船一隻が郡内の道洞浦に来泊して日本の官人一行が官舍を訪れ、独島は現在日本領地である故に視察へ到来したと述べた。 その一行は日本の島根県隠岐島司・東文輔、事務官・神西田太郎、税務監督局長・吉田平吾、分署長警部・影山厳八郎、巡査1人、会議1人、医師・技手各1人、その他の随員10余人であり、まず戸数、人口、土地、生産量を質問し、さらに人員および経費が幾らかについて質問した。諸般の事務を調査しようと記録して去っていったことを報告する。この報告について照会を要望する。

照会を要望する。


光武10年4月29日

江原道観察使署理春川郡守 李明来


議政府参政大臣 閣下

[編集]

  1. 3月29日
  2. 午前7時~9時

この著作物は、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。