静岡県立静岡高等学校の校歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

歌詞[編集]

一、 岳南健児 一千の  理想は高し 富士の山
   八面玲瓏 白雪の  清きは我等の 心なり
 
二、 至誠を色に 表はせる  唐紅の 旗幟(はたじるし)
   義勇奉公 四つの文字  掲げて共に 進むべし
  
三、 龍爪山の 木枯に  青葉が岡の 夏の日に
   身心鍛ふ 大丈夫  文武の道を 励めいざ
 
四、 御國の柱 礎と  なりし祖先(みおや)の 後継ぎて
   大現神(おおあきつかみ) 天皇(すめらぎ)の  御稜威(みいつ)を四方(よも)に 輝かせ

※現在、公式行事等では一番のみを歌うことが多い。
※ただし、旧制中学時代の出身者を中心に2番以降も歌われている。
※なお、適宜新字体に改めた。

この著作物は、1933年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。