電車唱歌/伊予鉄道唱歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 常磐ときわなる松山まつやまの 市街しがいなかきて かずらごと縱横たてよこに つるさしのば伊豫鐵道いよてつどう
  2. だす高濱たかはまの みなとうみあさげしき れてでてく ふねささ
  3. なみなきみずかげひたす 伊豫いよ小富士こふじ興居島ごごしまは もも産地さんちたかく こなたにあるは四十島しじゅうしま
  4. なつにぎはふしおあみの きゃくもてうず梅津寺ばいしんじ ぐればここぞ朝毎あさごとに 魚市開うおいちひら三津みつはま
  5. はま松原まつばらはやあとに なりてむかふる古町驛こまちえき まぢかくあお勝山かつやまの しろむかししのばるゝ
  6. 伊豫鐵道いよてつどう本社ほんしゃある 松山驛まつやまえきちかくには 役所やくしょ 兵營へいえい 女學校じょがっこう 列車れっしゃ數繁かずしげ
  7. もなくわた石手川いしてがわ 左右さゆうひろつつみには えださしかはす木々高きぎたかく さながら自然しぜん公園地こうえんち
  8. 立花出たちばないでて久米くめえき 名高なだか神社佛閣じんじゃぶっかくは 日尾ひお八幡三藏院はちまんさんぞういん 四国靈場西林寺しこくれいじょうさいりんじ
  9. おくむかふるほどもなく 平井ひらい 田窪打過たのくぼうちすぎて 片手かたて藥師浮島やくしうきしまの やしろあとになりにけり
  10. 津吉上村松茸つよしうえむらまつたけの 産地さんちとかねておとく ところはあれぞあのやまぞ あきれて
  11. 終點驛しゅうてんえき横河原よこがわら おりてすすめば讚岐道さぬきみち 夏白糸なつしらいとだす 白猪唐岬滝近しらゐからかいたきちか
  12. 立花驛たちばなえきもどり 森松線もりまつせんえて みなみむかへばほしおか 勤王義士きんのうぎし古戰場こせんじょう
  13. 椿つばきもりかみさびて まつられたま伊豫豆比古いよづひこ つや石井いしい大鳥居おおとりい ながらそれとおが
  14. 森松下もりまつおるれば土佐街道とさかいどう 伊豫名産いよめいさんひとつなる ゆきよりしろ砥部燒とべやきの 産地南さんちみなみ約一里やくいちり
  15. 郡中線ぐんちゅうせん松山まつやまを でて餘戸驛ようごえき 出合驛であいえき 餘戸ようごには履脱天神くつぬぎてんじんと 日招八幡名ひまねきはちまんなたか
  16. 出合であい石手重信いしてしけのぶの 二流出にりゅういところにて 河原かわらしろ水清みずきよく あおきはきし松林まつばやし
  17. なつすずみにあきつき やなぎはなころは 鮎釣あゆつひと影見かげみえて 景色けしきぞあかぬつのとき
  18. 松前まさき港賑みなとにぎはひて つま乙女おとめ朝毎あさごとに いたゞきづる御用櫃ごようひつ うお何魚なにうお
  19. 松前まさきしろなかに うもれてあとらねども しるきは義農作兵衛ぎのうさくべえの ほまれをのこ墓所はかどころ
  20. 砂糖さとうづる地藏町じぞうまち ぎて下車げしゃする郡中ぐんちゅうの はま五色ごしきたかく 一望いちぼうはてなきわたのはら
  21. 名殘なごりのこれど松山まつやまに かえりてしろ西北せいほくを 古町こまち 木屋町打過きやまちうちすぎて けば道後どうご温泉場おんせんば
  22. 代々よよみかど大行幸おおみゆき ありし歴史れきしをいたゞきて 浴室清よくしつきよ町廣まちひろく 天下てんからるゝしるし
  23. 浴後よくご散歩試さんぽこころむる 道後公園とうごこうえんあたゝかに 春風木々はるかぜきぎときは 滿山まんざんさくら滿地雪まんちゆき
  24. はな見渡みわたせば ただ一幅いっぷくとなりて ながめやらるゝ松山市まつやまし あれ三津みつ興居島ごごしま
  25. 神社じんじゃにももうでたり いざ又汽車またきしゃりて 一番町いちばんちやうかむ やくせしともつべきに


※6番はJR松山駅の開業により松山市駅と改称した際に「伊豫鉄道の本社ある 松山市駅は昼も夜も 出で入る列車の数繁く 行き交うバスの絶え間なし」と歌詞も変更されている。

この著作物は、1920年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。