電車唱歌/伊予鉄道唱歌

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. ときわなるまつやまの しがいなかきて かずらごとたてよこに つるさしのばいよてつどう
  2. だすたかはまの みなとうみあさげしき れてでてく ふねささ
  3. なみなきみずかげひたす いよこふじごごしまは ももさんちたかく こなたにあるはしじゅうしま
  4. なつにぎはふしおあみの きゃくもてうずばいしんじ ぐればここぞあさごとに うおいちひらみつはま
  5. はままつばらはやあとに なりてむかふるこまちえき まぢかくあおかつやまの しろむかししのばるゝ
  6. いよてつどうほんしゃある まつやまえきちかくには やくしょ へいえい じょがっこう れっしゃかずしげ
  7. もなくわたいしてがわ さゆうひろつつみには えださしかはすきぎたかく さながらしぜんこうえんち
  8. たちばないでてくめえき なだかじんじゃぶっかくは ひおはちまんさんぞういん しこくれいじょうさいりんじ
  9. おくむかふるほどもなく ひらい たのくぼうちすぎて かたてやくしうきしまの やしろあとになりにけり
  10. つよしうえむらまつたけの さんちとかねておとく ところはあれぞあのやまぞ あきれて
  11. しゅうてんえきよこがわら おりてすすめばさぬきみち なつしらいとだす しらゐからかいたきちか
  12. たちばなえきもどり もりまつせんえて みなみむかへばほしおか きんのうぎしこせんじょう
  13. つばきもりかみさびて まつられたまいよづひこ つやいしいおおとりい ながらそれとおが
  14. もりまつおるればとさかいどう いよめいさんひとつなる ゆきよりしろとべやきの さんちみなみやくいちり
  15. ぐんちゅうせんまつやまを でてようごえき であいえき ようごにはくつぬぎてんじんと ひまねきはちまんなたか
  16. であいいしてしけのぶの にりゅういところにて かわらしろみずきよく あおきはきしまつばやし
  17. なつすずみにあきつき やなぎはなころは あゆつひとかげみえて けしきぞあかぬつのとき
  18. まさきみなとにぎはひて つまおとめあさごとに いたゞきづるごようひつ うおなにうお
  19. まさきしろなかに うもれてあとらねども しるきはぎのうさくべえの ほまれをのこはかどころ
  20. さとうづるじぞうまち ぎてげしゃするぐんちゅうの はまごしきたかく いちぼうはてなきわたのはら
  21. なごりのこれどまつやまに かえりてしろせいほくを こまち きやまちうちすぎて けばどうごおんせんば
  22. よよみかどおおみゆき ありしれきしをいたゞきて よくしつきよまちひろく てんからるゝしるし
  23. よくごさんぽこころむる とうごこうえんあたゝかに はるかぜきぎときは まんざんさくらまんちゆき
  24. はなみわたせば ただいっぷくとなりて ながめやらるゝまつやまし あれみつごごしま
  25. じんじゃにももうでたり いざまたきしゃりて いちばんちやうかむ やくせしともつべきに


※6番はJR松山駅の開業により松山市駅と改称した際に「伊豫鉄道の本社ある 松山市駅は昼も夜も 出で入る列車の数繁く 行き交うバスの絶え間なし」と歌詞も変更されている。

この著作物は、1920年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。