長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典あいさつ (1997年)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 本日ここに、被爆五十二周年原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が執り行われるに当たり、原爆の犠牲となり、尊い命を奪われた多くの方々の御霊に対し、謹んで哀悼の誠を捧げます。 そして、今なお原爆の後遺症に苦しんでおられる方々に対し、心からお見舞い申し上げます。 また、原子爆弾により破壊され、一木一草もない廃虚の中から「国際文化都市長崎」を見事に築かれました市民の皆様の並々ならぬ御努力に対し、心から敬意を表します。

 人類史上唯一の被爆国である我が国は、原爆の犠牲になられた方々に思いを致し、世界各国に対し、あらゆる機会をとらえて、核兵器の廃絶を目指した現実的かつ着実な努力の必要性と世界の恒久平和を訴えてまいりました。 我が国としても、日本国憲法を守り、核武装の可能性を一切放棄し、非核三原則を堅持し、核不拡散条約の義務を誠実に履行してまいりました。

 昨年から今年にかけての一年間は、核軍縮における歴史的な成果をあげた年であり、我が国が永年希求しておりました包括的核実験禁止条約が昨年九月の国連総会で採択されるに至りました。 その署名式には私自身が出席し、この条約を我が国が如何に重視しているかを改めて世界に示してまいりました。 この条約が一日も早く実施に移されるよう、我が国としても国際社会において率先し、先月これを締結したところであります。 今後、更に多くの国が早期に同条約を締結することを切に希望するとともに、我が国は、そのための働きかけを行ってまいる所存であります。

今後とも、核兵器の全廃と戦争のない世界の実現に向けて一層の努力を重ねていかなければなりません。特に、核兵器生産のための核分裂性物質の生産禁止に関するいわゆるカットオフ条約の作成が次の課題となっており、我が国は、この条約交渉が一日も早く開始されるよう各国との協議等に努めてまいりたいと思います。

 また、被爆者の方々に対しましては、平成六年十二月に制定されました「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」に基づき、特別葬祭給付金の支給を始め、保健、医療、福祉にわたる総合的な被爆者援護施策の充実を図ってまいりましたが、今後とも高齢化の進行など被爆者の方々の実状を十分汲み取りながら、被爆者の方々に対する援護施策の充実に向けて誠心誠意努めてまいります。

 終わりに、原爆犠牲者の方々の御冥福と御遺族並びに被爆者の皆様の今後のご多幸を心からお祈りし、併せて、参列者並びに長崎市民の皆様の御健勝を祈念いたしまして、私のあいさつといたします。

平成九年八月九日

内閣総理大臣 橋本龍太郎

この著作物は 政府標準利用規約(第2.0版)に準拠したウェブサイトの規約に定める条件下で利用することができます。 政府標準利用規約(第 2.0 版)が適用されるコンテンツでは「クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際」と互換性がある旨明記されています。

 

この文書は、クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際ライセンスの下で利用を許諾されています。