赤色テロルに関する人民委員会議令

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

 人民委員会議は、反革命取締非常委員会議長の同委員会の活動に関する報告を聴取し、以下のことを見出している。

  • 当状況下において、テロルによる後方の保障は、直接の必要性である。
  • 全露非常委員会の活動の強化とそれに大きな計画性をもたらすためには、可能な限り多数の責任ある党同志をそこに派遣する必要がある。
  • 強制収容所への隔離により、階級敵からソビエト共和国を保障する必要がある。
  • 白衛組織、陰謀及び反乱関係者全員を銃殺の対象とする。
  • 被銃殺者全員の名前、並びに同措置の適用事由を公表する必要がある。

訳者[編集]

出典[編集]

  • Декреты Советской власти. Т. 3. С. 291-292.

この著作物は、日本国においては日本国著作権法13条により「憲法その他の法令」は著作権の目的とならないためパブリックドメインの状態にあり、ウィキメディアサーバの所在地であるアメリカ合衆国においては米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(en:w:Edict of governmentも参照)であるため、パブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、"制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料"が含まれます。

国際連合やその専門機関、又は米州機構が最初に発行した著作物は対象外です。前掲資料第313.6(C)(2)条及び第17章米国法典第104(b)(5)条をご覧ください。


注意: このテンプレートはアメリカ合衆国政府、日本国以外の法令に適用されます。このテンプレートの他にその著作物が属する国においてパブリックドメインであることを示す必要があります。日本国の法令は{{PD-JapanGov}}、アメリカ合衆国政府の法令は{{PD-USGov}}を使用してください。
 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。