赤とんぼ

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
夕焼小焼の 赤とんぼ
負われて見たのは いつの日か
山の畑の くわの実を
小籠こかごに摘んだは まぼろしか
十五でねえやは 嫁に行き
お里のたよりも 絶えはてた
夕焼小焼の 赤とんぼ
とまっているよ 竿さおの先
{
\set Staff.midiInstrument = #"voice oohs" \key f \major \time 3/4 \tempo 4=60 \relative c' {
 c8\p^"ゆるく・おだやかに【M.M.𝅘𝅥=60】" f f4.\< g8 | a c f\!\mf d\> c4 | d8\mf\> f, f4\!\< g | a2\!\> r4\! | \break
 a8\p\< d c4. d8 | f\!\mf d\> c d c a\! | c\p^"【やゝおくれて】" a\< f a\! g f\> | f2 r4\! \bar "|." }
\addlyrics {
 ゆ ふ や け こ や け   の あ か と ん ぼ
 お は れ て み た の   は   い つ の   日   か
 }
\addlyrics {
 ヤ ー マ ノ ハ タ ケ   ノ ク ハ ノ ミ ヲ
 コ カ ゴ ニ ツ ン ダ   ハ   マ ボ ロ   シ   カ
 }
\addlyrics {
 十 ー 五 で ね え や   は よ め に ゆ き
 お さ と の た よ り   も   た え は   て   た
 }
\addlyrics {
 ユ フ ヤ ケ コ ヤ ケ   ノ ア カ ト ン ボ
 ト マ ー ッテ ヰ ー ル   ヨ   サ ヲ ノ   サ   キ
 }
}

この日本を法管轄とする文書は、著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の死亡した日の属する年の翌年から起算して50年を経過したものであるため、日本の著作権法第51条及び57条の規定により著作権の保護期間が満了しています。


注意: ウィキソースのサーバ設置国であるアメリカ合衆国において著作権を有している場合があるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、アメリカ合衆国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。