論語 (漢文叢書)/爲政第二

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


ゐせい第二


二之一

子曰:「爲政以德,譬如北辰,居其所,而衆星共之。」

〈子曰く、まつりごとすにとくもつてせば、たとへばほくしんそのところしうせい之にむかふがごときなり。〉


二之二

子曰:「詩三百,一言以蔽之,曰思無邪。」

〈子曰く、さんびやくいちげんもつれをおほへば、曰くおもよこしまし。〉


二之三

子曰:「道之以政,齊之以刑,民免而無恥;道之以德,齊之以禮,有恥且格。」

〈子曰く、れをみちびくにまつりごともつてし、れをひとしくするにけいを以てすれば、民まぬかれてづるし。之れをみちびくにとくを以てし、之れを齊しくするにれいを以てすれば、づるりてただす。〉


二之四

子曰:「吾十有五而志於學;三十而立;四十而不惑;五十而知天命;六十而耳順;七十而從心所欲,不踰矩。」

〈子曰く、じふいうごにしてがくこゝろざし、三十にしてち、四十にしてまどはず、五十にしててんめいを知り、六十にしてみゝしたがふ、七十にしてこゝろほつするところしたがへども、のりえず。〉


二之五

孟懿子問孝。子曰:「無違。」樊遲御,子吿之曰:「孟孫問孝於我,我對曰:『無違。』」樊遲曰:「何謂也?」子曰:「生,事之以禮;死,葬之以禮,祭之以禮。」

まういしかうふ、子曰く、たがなかれ。はんちぎよたり、れにげて曰く、まうそんかうわれふ、われこたへて曰くたがなかれと。樊遲曰く、なんいひぞや。子曰く、いけるには之れにつかふるにれいもつてし、せるには之れをほうむるにれいを以てし、之れをまつるに禮を以てす。〉


二之六

孟武伯問孝。子曰:「父母,唯其疾之憂。」

まうぶはくかうふ、子曰く、父母はたゞやまひを之れうれふ。〉


二之七

子游問孝。子曰:「今之孝者,是謂能養。至於犬馬,皆能有養。不敬,何以別乎?」

しいうかうふ、子曰く、いまの孝はれをやしなふとふ、けんばいたるまでみなやしなう有り、けいせずんば、何を以てわかたん。〉


二之八

子夏問孝。子曰:「色難。有事,弟子服其勞;有酒食,先生饌。曾是以爲孝乎?」

しかかうふ、子曰く、いろかたし、ことればていしらうふくし、しゆしあればせんせいせんす、かつこゝもつかうるか。〉


二之九

子曰:「吾與回言終日,不違如愚。退而省其私,亦足以發。回也不愚。」

〈子曰く、吾れくわいふ、しゆうじつたがはざることなるがごとし、しりぞいてそのわたくしかへりみれば、またもつはつするにれり、くわいならず。〉


二之十

子曰:「視其所以,觀其所由,察其所安,人焉廋哉!人焉廋哉!」

〈子曰く、ところところやすんずるところれば、ひといづくんぞかくさんや、人焉んぞ廋さんや。〉


二之十一

子曰:「溫故而知新,可以爲師矣。」

〈子曰く、ふるきをたづねてあたらしきをる、もつし。〉


二之十二

子曰:「君子不器。」

〈子曰く、くんしならず。〉


二之十三

子貢問君子。子曰:「先行其言,而後從之。」

しこうくんしふ。子曰く、おこなひをさきにし、げんしかしてのちれにしたがふ。〉


二之十四

子曰:「君子周而不比,小人比而不周。」

〈子曰く、くんししうしてせず、せうじんは比して周せず。〉


二之十五

子曰:「學而不思則罔,思而不學則殆。」

〈子曰く、まなびておもはざれば、すなはくらし、おもひてまなばざればすなはあやふし。〉


二之十六

子曰:「攻乎異端,斯害也已。」

〈子曰く、いたんをさむるは、がいあるのみ。〉


二之十七

子曰:「由,誨女知之乎!知之爲知之,不知爲不知,是知也。」

〈子曰く、ゆうなんぢれをるををしへんか、之れをるはれをるとし、らざるはらずとせ、るなり。〉


二之十八

子張學干祿。子曰:「多聞闕疑,慎言其餘,則寡尤;多見闕殆,慎行其餘,則寡悔。言寡尤,行寡悔,祿在其中矣。」

しちやうろくもとむるをまなぶ。子曰く、おほきてうたがはしきをき、つゝしんでそのよへば、則ちとがすくなし、おほうたがはしきをき、つゝしんでそのよおこなへば、すなはすくなし、げんとがすくなく、おこなひすくなければろくそのうちり。〉


二之十九

哀公問曰:「何爲則民服?」孔子對曰:「擧直錯諸枉,則民服;擧枉錯諸直,則民不服。」

あいこううていはく、なにさばすなはたみふくせん。こうしこたへていはく、なほきをげてこれまがれるにけばすなはたみふくす、まがれるを擧げてこれなほきにけば、すなはたみふくせず。〉


二之二十

季康子問:「使民敬忠以勸,如之何?」子曰:「臨之以莊,則敬;孝慈,則忠;擧善而敎不能,則勸。」

きかうしふ、たみをしてけいちうもつすゝましむるにはれをいかん。子曰く、之れにのぞむにさうもつてすれば、すなはけいす、かうじなればすなはちうぜんげてふのうをしふれば則ちすゝまん。〉


二之二一

或謂孔子曰:「子奚不爲政?」子曰:「《書》云『孝乎惟孝,友於兄弟。』施於有政,是亦爲政,奚其爲爲政?」

あるひと孔子につて曰く、なんまつりごとさざると。曰く、しよふ、かうかうけいていいうに、いうせいくと、また政をすなり、なんぞ其れ政をすをん。〉


二之二二

子曰:「人而無信,不知其可也。大車無輗,小車無軏,其何以行之哉?」

〈子曰く、人にしてしんくんば、なるをらず、たいしやげいなく、せうしやげつくんば、なにもつれをやらん。〉


二之二三

子張問:「十世可知也?」子曰:「殷因於夏禮,所損益可知也;周因於殷禮,所損益可知也;其或繼周者,雖百世可知也。」

しちやうふ、じつせいきや、子曰く、いんれいれり、そんえきするところし、しういんれいれり、損益する所知る可し、れ周にものらば、ひやくせいいへどきなり。〉


二之二四

子曰:「非其鬼而祭之,諂也。見義不爲,無勇也。」

〈子曰く、そのきらずしてれをまつるは、へつらふなり、を見てざるは、ゆう無きなり。〉