蜘蛛の峡谷

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


昼頃、3人の追跡者は突然、激流を曲がって、とても広々とした谷を目にしました。長い間逃亡者たちを追跡してきた困難で曲がりくねった小石の溝は、広い斜面に広がっていた。共通の衝動で3人は道を離れ、オリーブの木が立ち並ぶ小さな高台に乗り、そこで立ち止まった。他の2人は、自分らしく、銀色の手綱を持つ男の少し後ろにいた。

二人はしばらく、眼下に広がる広大な景色を熱心に眺めていた。それはどんどん遠くへ広がっていき、あちこちに不気味な茨の茂みがあり、黄色い草の荒涼とした風景を破るように、今は水のない渓谷がぼんやりと見えるだけだった。その紫色の距離はついに、さらに奥にある丘の青みがかった斜面へと溶けていった。そして西に向かうと谷は広がり、空の下の遠くの暗闇が、どこから森が始まるのかを教えてくれた。しかし、3人の男は東も西も見ず、ただひたすら谷の向こう側を眺めていた。

唇に傷のある痩せた男が最初に口を開いた。「どこにもない。」と彼は言った。その声には失望のため息が浮かんでいた。「しかし、結局のところ、彼らは丸一日のスタートを切った。

「彼らは我々が追いかけていることを知らない。」 と白馬の小男が言った。

「彼女は知っているはずだ。」とリーダーは独り言のように苦々しく言った。

「それでも彼らは速く走れない。彼らはラバ以外の獣を持っていない。そして今日一日中、少女の足は血を流していた......」

銀の手綱を持った男は、怒りの炎を一気に燃え上がらせた。「俺が見てないとでも思ってるのか。」と彼は唸った。

「とにかく、助かるよ。」と、小男は自分に言い聞かせるように囁いた。

唇に傷のある痩せた男は無表情に見つめた。「谷の向こうにはいないはずだ。」と彼は言った。」一生懸命走れば..."

彼は白い馬をちらっと見て、立ち止まった。

「白馬を呪ってやる!」銀の手綱を持った男はそう言うと、その呪いの対象である獣をスキャンしようとした。

小男は馬の憂いを帯びた耳の間から下を見た。

「私はベストを尽くしました。」と彼は言った。

二人はまたしばらく谷の向こう側を見つめていた。痩せた男は傷のある唇に手の甲をやった。

「上がってこい!」銀の手綱を持つ男が突然言った。三人の馬の蹄は枯れ草の上に無数のかすかな音を立てながら、小道のほうに引き返していった......。

彼らは目の前の長い坂道を慎重に下り、岩の間に生えたトゲのあるねじれた茂みや、とげのある枝の奇妙な乾いた形を通り抜け、下の階層にやってきました。土は乏しく、草木は地面に敷き詰められた焼け焦げた枯れ藁だけであったからだ。それでも、懸命に調べ、馬の首に寄りかかり、何度も立ち止まることで、この白人たちでさえ、獲物の後を追うことができたのである。

踏まれた場所、曲がった草、折れた草、そして何度も何度も足跡があった。そして一度だけ、リーダーは、カーストハーフの少女が踏んだと思われる茶色の血痕を見た。その時、彼は息を呑んで彼女を馬鹿だと罵った。

白馬の小男は夢の中に迷い込んだかのように後ろを走った。二人は次々と馬を走らせ、銀の手綱を持つ男が先導し、一言も口をきかなかった。やがて、白馬の小人は、世界がとても静かであることに気がつきました。彼は夢から覚めた。馬や道具の小さな音のほかに、大きな谷全体が絵画の風景のような陰鬱な静けさに包まれていた。

彼の前に主人と彼の仲間が行き、それぞれ左側に熱心に前傾し、それぞれが馬の歩調に合わせて無表情に動いていた。彼らの影が彼らの前に行き、静止した、音のない、先細りの従者であり、より近くにかがんだ涼しい形が彼自身だった。彼は自分の周りを見回した。それは何だったのだろう?そして、彼は峡谷の土手からの残響と、移動し、衝突する小石の永久的な伴奏を思い出した。そして、さらに......?風もない。そうだったのか!なんと広大で静寂な場所だろう。単調な午後のまどろみだ。空は開け放たれ、谷の上部に霞がかかっているほかは、何もない。

彼は背筋を伸ばし、馬具に手をかけ、口笛を吹くために唇を尖らせ、そしてただただため息をついた。鞍の上でしばらく振り返り、自分たちが出てきた山峡の喉元を凝視した。空白だ。両側には何もない斜面が広がり、まともな獣や木、ましてや人の気配は全くない。なんという土地なのだろう。なんという荒野なのだろう。彼は再び元の姿勢に戻った。

その時、黒い紫の棒が蛇の形に閃き、茶色の中に消えていくのを見るのは、一瞬の喜びであった。やはり、地獄の谷は生きていたのだ。そして、さらに彼を喜ばせたのは、彼の顔を横切る小さな息、行ったり来たりするささやき声、小高い丘の上にある黒鹿毛の堅い茂みのかすかな傾き、そよ風の最初の気配だった。彼はぼんやりと指を濡らし、それをかざした。

彼は、小道で立ち止まった不格好な男との衝突を避けるために、急停車した。その時、彼は主人の目が自分の方を見ているのを見つけた。

しばらくの間、彼は追跡に関心を持たざるを得なかった。そして、再び走り出すと、彼は主人の影や帽子や肩を観察し、痩せこけた男の近くに現れては消えていく。彼らは世界の果てから4日もかけて、水もなく、鞍の下には乾燥した肉片しかないこの荒涼とした場所に乗り込み、岩と山を越えてきたのだ。

それもこれも、ただの気ままな子供である少女のためだったのだ!?その男は街中の女や女を自分の卑しい命令に従わせていたのだ!なぜ、情熱的な愚かさの名において、特にこの人が?と小人は尋ね、世界を睨み、黒くなった舌で干からびた唇をなめた。それは主人の道であり、彼が知っているのはそれだけであった。ただ、彼女が彼から逃れようとしたからといって......。

彼の目は、高い梅のついた杖が一列に並んで一斉に曲がっているのをとらえ、次に、首の前に垂れた絹の尾がはためき、落ちていくのを見た。風はますます強くなっていた。その風は、なぜか物事の硬い静寂を奪っていた--そしてそれはよかった。

「こんにちは!」その痩せた男は言った。

3人とも突然立ち止まった。

「何?」と主人が聞いた。

「あそこです。」と老人は谷の上を指差して言った

「なんだと?」

「何かがこちらに向かってくる。」

彼が話すと同時に黄色い動物が 丘を登ってきて 彼らの上に降りてきた それは大きな野犬で、舌を出しながら風を切ってやってきて、一定の速度で、近づいてくる馬に気づかないほど強い意志を持って走ってきた。鼻を高くして走り、匂いも獲物も追わないことは明らかだった。彼が近づいたとき、小人は剣を手にした。」彼は狂っている "と 不機嫌な騎兵は言った

「叫べ!」 と小人は言った そして叫んだ

犬は近づいてきた そして、小人の剣がすでに出ているとき、それは脇にそれると、彼らのそばを息を切らして通り過ぎていった。小人の目はその飛翔を追った。」泡はなかった "と彼は言った。銀の手綱を持った男はしばらくの間、谷の上を見つめていました。」ああ、来るんだ!」彼は最後に叫んだ。「それがどうした。」そして、馬を再び走らせた。

小男は、風だけを頼りに逃げる犬の謎を解き明かし、人間の性格についての深い思索にふけった。「さあ!」彼は自分に言い聞かせるように囁いた。「なぜ、一人の人間が、あのように激しく、『さあ!』と言わなければならないのだろう?銀の手綱を持った男は、いつも、生涯、そう言い続けてきたのだ。もし私がそれを言ったら......。」と小男は思った。しかし、人は主人が最も荒っぽいことにさえ背くと、驚嘆するのである。このカーストハーフの少女は、彼にとっても、誰にとっても、狂っているように見えた--ほとんど神を冒涜しているように見えた。小人は比較のために、唇に傷のある痩せた騎手を思い浮かべた。主人と同じくらい頑健で、同じくらい勇敢で、実際、もっと勇敢かもしれない。

手と膝のある種の感覚が、小男をもっと身近なことに引き戻した。彼は何かを意識していた。彼は、その無骨な仲間の横に乗り込んだ。「馬に気がついたか。」と、彼は小さく言った。

馬に気づきましたか?

「馬はこの風が嫌いなんだ。」そう言って、小柄な男は銀の手綱を持った男が自分の方を向くと、後ろに下がっていった。

「大丈夫だよ。」と老け顔の男が言った。

彼らはまたしばらくの間、無言で走り続けた。一番前の二人は俯きながら道を進み、一番後ろの男は、広大な谷を這う靄がだんだん近くなるのを眺め、風が刻々と強くなっていくのを感じた。左手には、谷を駆け下りる野生の豚のような黒い塊の列が見えたが、それについては何も言わず、また馬の不安についても改めて言及しなかった。

そして、彼は、まず1つ、そして2つ目の大きな白い玉を見た。巨大なアザミウマの頭のような大きな輝く白い玉が、風の前に走って道を横切ったのだ。この玉は空高く舞い上がり、落下してまた上昇し、一瞬捕まっては急いで通り過ぎたが、その姿を見て馬の落ち着きが増した。

すると、やがて、この漂う球がもっとたくさん--やがて、とてもたくさん--谷を下ってこちらに向かって急いでいるのが見えた。

その時、彼らは鳴き声に気がついた。道の向こうから大きなイノシシが突進してきて、一瞬だけこちらを見たかと思うと、また谷を駆け抜けていった。その時、三人は立ち止まり、鞍の上に座って、自分たちに迫ってくる濃い靄(もや)の中をじっと見ていました。

「もし、このアザミがなかったら......。」と、指揮官が言い始めた。

しかし、今、大きな地球が彼らの10メートル以内を漂ってきた。それは全く均一な球体ではなく、広大で柔らかく、ぼろぼろした、フィルムのようなもので、角で集められたシート、いわば空中のクラゲのようなものだったが、進むにつれ何度も転がり、長い蜘蛛の巣状の糸や小川をその跡に浮かべているのであった。

「これはアザミウマではない。」と小男は言った。

「私はそのようなものは好きではありません。」 と、痩せた男は言った。

そして二人は互いに顔を見合わせた。

「呪われろ!あそこの空気は火でいっぱいだ。「この調子でいけば、完全に止まってしまうだろう。」と指揮官は叫んだ。

曖昧なものが近づくと鹿の群れが立ち上がるような本能的な感覚に駆られた彼らは、馬を風に向けて数歩前進し、その前進する大量の浮遊物を見つめていた。彼らは一種の滑らかな速さで風の前を進み、音もなく上昇し、下降し、地に沈み、高く跳ね上がり、舞い上がり、すべて完全に一致した、静かで意図的な確信を持っている。

この奇妙な軍隊の先駆者たちは、騎馬隊の右と左を通り過ぎた。地面に沿って転がり、形もなく壊れ、長い鉤状のリボンやバンドに渋く引きずられたもので、3頭の馬は恥ずかしがりながら踊り始めた。主人は突然、理不尽な焦りに襲われた。彼は、漂う球体を丸く呪った。「早くしろ!」彼は叫んだ。「さっさとしろ!」彼は叫んだ。「こんなものがどうした?こんなもの、どうでもいいじゃないか。」と叫んだ。彼は馬に悪態をつき、馬の口を鋸で切った。

彼は怒りで大声で叫んだ。「俺はあの道を行くんだ。 彼は叫んだ。道はどこだ?」

彼は跳ね回る馬の手綱を握り、草むらの中を探した。長い糸が彼の顔にかかり、灰色の小川が手綱の腕にかかり、たくさんの脚を持つ何か大きくて活発なものが彼の後頭部を走りました。彼は見上げると、灰色の塊の一つが、これらのものによって彼の上にそのまま固定され、船が近づいてきたときに帆がはためくように、しかし音もなく端をはためかせているのを発見した。

彼は、たくさんの目、しゃがんだ体の密集した乗組員、長い、多くの関節を持つ手足が、係留ロープを引っ張って、その物を自分の上に降ろしているような印象を持ちました。彼はしばらく見上げて、長年の馬術から生まれた本能で跳ね回る馬を手繰り寄せていた。そして、剣の平らな部分が彼の背中を叩き、頭上で刃が光り、漂う蜘蛛の巣の風船を切り離すと、塊全体がふわりと持ち上がり、はっきりと遠ざかった。

「蜘蛛だ!大きな蜘蛛がいっぱいです!見てください、ご主人様!」と老人の声がした。

銀の手綱を持った男は、まだ走り去る塊の後を追っていた。

「見てください、ご主人様!」

主人は、地面の上にある赤く潰れたものを見下ろしていることに気づいた。それは、一部が消滅しているにもかかわらず、まだ不自由な足をくねらせていた。そして、その老人が、自分たちに迫ってくる別の塊を指差すと、彼は急いで剣を抜いた。今、谷の上にあるのは、ぼろぼろに破れた霧の堤防のようなものだった。彼は状況を把握しようとした。

「それに向かって走れ!谷を下るんだ。」と小男は叫んでいた。

その時起こったことは、まるで戦いの混乱のようだった。銀の手綱の男は、小男が架空の蜘蛛の巣を激しく切りながら通り過ぎるのを見た。小男が、痩せた男の馬に大砲を打ち込み、馬とその乗り手を大地に投げつけるのを見た。自分の馬は、手綱を引く間もなく十数歩進んでしまった。そして、彼は想像上の危険を避けるために顔を上げ、また戻って、地面に転がる馬と、その上に立ち、流れ、二人を包む灰色のひらひらとした塊に斬りかかる不細工な男を見た。そして、7月の風の強い日に荒れた土地でアザミが落ちるように、蜘蛛の巣の塊が厚く、速く、迫ってきたのです。

小男は馬を降りたが、あえて馬を離さない。彼は片腕の力で、もがいている獣を引きずり戻そうと努力し、もう片方の腕であてもなく切りつけていた。もう一つの灰色の塊の触手は、その争いに巻き込まれ、この第二の灰色の塊は、その係留場所に来て、ゆっくりと沈んでいった。

主人は歯を立て、手綱を握り、頭を下げ、馬に拍車をかけ前進させた。地面に落ちた馬は横転し、脇腹には血と動く形があった。痩せた男は突然馬から離れ、主人の方へ10歩ほど走っただろうか。彼の足は灰色で覆われ、包まれていた。彼は剣で効果的でない動きをした。彼の顔には薄い灰色のベールがかかっていた。左手で体の上の何かを叩くと、突然つまずき、倒れました。彼は立ち上がろうともがき、また倒れ、突然、恐ろしくなって、"オウ、オウ、オウ!」と吠え始めた。

主人は大きな蜘蛛が彼の上にいるのが見え、また他の蜘蛛も地面にいるのが見えた。

彼が自分の馬を、この身振り手振りで叫びながら上下にもがく灰色の物体に近づけようと努力すると、蹄の音がして、小男が馬乗りになり、剣を持たず、白馬の前に腹ばいになり、そのたてがみを掴んで、旋回して通り過ぎました。そしてまた、灰色のゴザが主人の顔にまとわりつきました。彼の周り、そして彼の上に、音もなく漂う蜘蛛の巣が回り、彼に近づいてくるようだった......。

その瞬間がどのように起こったのか、彼は死ぬまで知る由もない。彼は本当に馬を振り向かせたのか、それとも本当に馬が勝手に仲間の後を追ったのか。しかし、その瞬間、彼は頭上で剣を振り回しながら谷を駆け下りていった。そして、彼の周りのすべての迅速な風に乗って、蜘蛛の飛行船、その空気の束と空気シートは、彼には意識して追求するために急いでいるように見えた。

銀の手綱を持った男は、方向もわきまえず、恐ろしげな顔で右を見上げ、左を見上げ、剣の腕で斬りつけようとした。その数百メートル先には、破れた蜘蛛の巣の尾を引きながら、白馬に乗った小男が、まだ不完全ながら鞍に乗っていた。葦は彼らの前に曲がり、風は爽やかで強く吹き、肩越しに主人は網が追い越そうと急ぐのが見えた...。

彼は蜘蛛の巣から逃れることに熱心で、馬が跳躍のために集まったとき、初めて前方の渓谷に気づいたのです。そして、その時、彼は誤解して邪魔をした。馬の首にもたれていたため、腰を上げるのがすっかり遅くなってしまったのである。

しかし、興奮のあまり跳びきれなかったとしても、少なくとも落ち方を忘れたわけではなかった。彼は再び空中で騎手となった。その時、馬は痙攣した脚を蹴って転がり、そのまま横たわった。しかし、主人の剣はその先端を硬い土に突き刺し、まるでチャンスが騎士として彼を拒むかのように、きれいに折れた。

彼はすぐに立ち上がり、押し寄せる蜘蛛の巣を息も絶え絶えに見渡した。一瞬走ろうかと思ったが、渓谷のことを思い、引き返した。彼は一度、漂う恐怖をかわすために脇を走り、その後、断崖絶壁の側面を素早くよじ登り、強風の影響を受けないようにした。

そこで、乾いた急流の急な堤防の風下にしゃがみ、奇妙な灰色の塊が、風が弱まり、逃げることが可能になるまで、安全に通過し、通過するのを見ることができたのです。そして、長い間、そこにしゃがみこんで、奇妙な、灰色の、ぼろぼろの塊が、狭くなった空を横切って、その流れを追うのを眺めていたのです。

一度だけ、迷子の蜘蛛が彼のすぐそばの渓谷に落ちたことがあった--脚から脚まで丸々一尺、その体は人の手の半分もあった--彼は少しばかりその怪物のように俊敏な探索と脱出を眺め、壊れた剣に噛みつくように誘惑してから、鉄製のヒールのついたブーツを持ち上げてそれを粉々に打ち砕いた。彼はそうしながら悪態をつき、しばらくの間、別のものを上下に探しました。

やがて、この蜘蛛の大群が渓谷に落ちないことを確信すると、彼は座れる場所を見つけ、座って深く考え込み、いつものように指の関節をかじり、爪を噛み始めたのでした。そして、この状態から白馬の男の来訪に心を動かされたのである。

蹄の音、つまずく足音、安心させる声など、見るよりずっと前から彼の声が聞こえていた。そして、白い蜘蛛の巣の尾を引いたまま、無念そうな姿で小人が現れた。二人は言葉もなく、敬語もなく、お互いに近づいていった。小男は絶望的なまでに苦しく辱められ、ついに立ち止まり、座っている主人と顔を見合わせた。扶養家族の眼差しを受けて、主人は少し身震いした。彼は最後に、権威的に振舞うこともなく、「どうだ。」と言った。

「置き去りにしたのか?」

「馬が逃げた。」

「わかってる 私の馬もそうだった。」

彼は怪訝な表情を浮かべ主人を笑った。

「私の馬は逃げたと言った。」とかつて銀の手綱を持っていた男は言った。

「臆病者同士。」と小男は言った

もう一人は、劣勢を見据えたまま、しばらく瞑想的に指の関節をかじる。

「私を臆病者と呼ばないでください。」彼はついに言った。

「あなたは臆病者です、私と同じように。」

「臆病者かもしれない。「臆病者かもしれないが、人間には恐れなければならない限界というものがある。私はついにそれを学びました。しかし、あなたのようではありません。そこが違うところだ。」

「あなたが彼を見捨てるとは 夢にも思わなかった 彼は2分前にあなたの命を救った... なぜあなたは我々の主なのですか?」

主人は再び指の関節をかじり、その表情は暗かった。

「誰も私を臆病者とは言わない。いや... 壊れた剣はないよりましだ... 一頭の白馬に二人の男を乗せて四日間の旅をすることはできない。私は白馬が嫌いだが、今回は仕方がない。私の言うことが分かるかね?私の評判を落としたいのだろう?あなたのような人が 王様をダメにするのです それに、私はあなたが好きではなかった。」と彼は言った。

「閣下!」と小人は言った。

「いやだ。違う!」と主人は言った

彼は小男が動くと鋭く立ち上がった。おそらく1分間、彼らはお互いに直面していた。頭上では蜘蛛の玉が走り出した。小石の間で、足が走り、絶望の叫びが聞こえ、息が上がり、殴られる......。

日暮れになると、風は弱くなった。銀の手綱を持っていた男は、ようやく用心深く、簡単な坂道を通って渓谷から再び出て来たが、今度は、かつて小人が持っていた白い馬を率いていた。彼は自分の馬に戻り、銀の手綱を再び手に入れようとしたが、夜と早まる風がまだ彼を谷に見つけるかもしれないと恐れ、さらに、自分の馬が蜘蛛の巣に覆われ、おそらく不愉快に食べられるかもしれないと思うと、非常に嫌だったのである。

そして、その蜘蛛の巣のこと、自分が経験したあらゆる危険のこと、そしてその日自分が守られた方法のことを考えながら、彼の手は首から下げている小さな聖遺物箱を探し、心からの感謝の気持ちでしばらくそれを握りしめていました。そのとき、彼の目は谷の向こう側を向いていた。

「私は情熱に燃えていたのだ。彼らもまた、間違いなく......。」と彼は言った。

そして、見よ!谷の向こうの森の斜面のはるか彼方に、しかし、夕日の鮮明さの中で、はっきりと、紛れもなく、小さな煙の尖塔が見えた。

その時、彼の穏やかな諦観の表情は、驚きの怒りに変わった。煙?彼は白馬の頭を回転させ、逡巡した。そうしているうちに、小さな空気のざわめきが彼の周りの草を伝わっていった。遠く離れた葦の上に、ぼろぼろの灰色のシートが揺れている。彼は蜘蛛の巣を見、煙を見た。

彼は最後に、「おそらく、結局のところ、それは彼らではありません。」と言いました。

しかし、彼はもっとよく分かっていた。

しばらく煙を見つめてから、彼は白い馬に乗った。

馬を走らせながら、立ち往生している網の塊の中を進んだ。なぜか地面にはたくさんの蜘蛛の死骸があり、生きている蜘蛛は仲間を罪悪感を持って食べていた。馬の蹄の音で、蜘蛛は逃げ出した。

もう時間がない。地上では、風もなく、巻き網の用意もなく、毒はあっても害はほとんどない。

彼は近づきすぎたと思われるものをベルトではじいた。一度だけ、むき出しの場所を何匹も一緒に走ったとき、彼は馬から降りてブーツで踏みつぶそうと思ったが、この衝動に打ち勝った。彼は何度も何度も鞍の上で振り返り、煙のほうを見た。

「蜘蛛だ。」彼は何度も何度もつぶやいた。「蜘蛛。さて、さて... "次は巣を作らねば。」

この著作物は、1946年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。