蚕業唱歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
 實業敎育
蠶業唱歌
 洞口猷壽作歌
 田村虎藏作曲
⦅春の卷⦆
  1. がひのみちは大御おほかみの はじめたまひてのちに のこしたまひしものなるぞ もと民草たみくさは いとどかしこみうやまひて つとはげまであるべきか。
  2. そのをたつる生業なりはひ農工のうこうしやうかずあれど すめらくにたまと たのむはなにがひにて 五千まん同胞はらからやすきそのをおくるなり。
  3. 三十まん昆蟲むしるゐに そのをすてて吾人われひとたふとたからをささぐるは すんかひこただひとり さればわれねんごろごころこめてやしなはん。
  4. やまもかすみはなもさき あはせここちになりぬれば くは芽出めだしにかんがみて たねあたたかへらせよ ぜんまかかへしなば あやまつことも度繁たびしげし。
  5. かひこはんそのひと他人ひとくはをばあてにすな おのがゑたるくはへやだうのたかにきき へやかひこかずをきめ おもはぬこころせよ。
  6. かひこのことはかひこにも あらざるひとるべきか をしへのままにしたがひて このむをすすめいむをさけ よき桑與くはあたへてやしなはば むくいはたままゆあられ。
  7. くうきよへやにおき あたふるくはにむらのなく 濕氣しけかわきをほどにして わがなら寒暖かんだんげんをはかり蠶沙したをとれ これぞがひ要󠄁かなめなる。
  8. ひとはひねもすはたらけば よるにはいねていこへども かひこちうはたらきて やすむはしやう涯唯がいただ四たび きよきふしどにやすらけく ねむりつかせよ看護みとりして。
  9. あさゆうなのつかのまも やすむひまなくいたつきを つめるくはまゆこもり やまなすえびらのそのなかひかりまばゆくてりあふは たまはやしにさもたり。
  10. 今日けふまゆかきあなうれし 蠶祝かひこいはひ明日あすにせん たまをもあざむく出來できばえせいれいとの賜物たまものぞ この新繭にひまゆ蠶神さんじんに ささげていのらん息災そくさいを。
⦅夏の卷⦆
  1. なつきにけりとつげがほこずゑにしぐるるせみこゑ くはわかはすずしげに しげりゆくこそたのしけれ いざやくはもていでかん くはにあたなすくさぎりに。
  2. くはをつむものなれど つみて其儘そのまますておかば えだほそりてのちの とりですくなきものぞかし こえいれおこたらず むしをもとりてつちかへよ。
  3. くはむしにはかずあれど しやくとり天牛かみきりきんむし むしまくり、スキムシは わけて其害そのがいおほければ まがなすきがな桑畑くははたまひてとらころすべし
  4. えだのちぢむ縮病しゆくびやう 膏藥かうやくびやうもんびやう あかしぶ、しろしぶヒシゲびやう これ皆桑みなくはのあだかたき よくくばりふえぬやう こゝろにかけてとりのけよ。
  5. かぶのしげりをさまたぐる えだのこらず截取きりとりなつかひこのかてにせよ のこるえだはよくさかえ かたへにまゆやまいへくにとのとみまさん。
  6. みどりしたたる桑畑くははたあかたすきのほのえて うたをとこゑするは はとりをとむしとりか かごもてゆかんわれもまた ははがひくはつみに。
  7. そらあをきにいぶかしや 蠶家こやのあなたに夕立ゆふだちの ふるににかよふ物音ものおとくはむそれかいさましや いざにゆかん母上ははうへしほにかけしなつかひこ
  8. あれたまへや友達よともとぢママ かなたのへや蠶架たなうへはななきところにはなちるは まゆをいでたるてふならむ かれそんのちに のこさんため製種せいしゆぞや。
  9. きみたまふか此言このことうりつるには茄子なすならず えらべだね親蛾おやてふを さらばよきまゆらるべし さきよくまよひなば すゑだいなるそんあらん。
  10. くすしきことよ此繭このまゆてふでずにむしる これぞさき兄君あにぎみはなたまひし蠶蛆うじならん 憎にくさも憎にく腹立はらだたあはしてこらさん熱湯ねゆぜめに。
⦅秋の卷⦆
  1. わがいへのみか村里むらさと西にしよりひがしのはてにまで きしるくるまのおときくは いとくるわざがにぎはしや まゆの解けゆく白條しらすぢとみやまなるいとたき
  2. たへらかにねんいれて らばすぢよくふしもなく つやうるはしく伸强のびつよたぐひまれなるいとんと うたひしうたのそのぬしとなりをとかしをらしや。
  3. てやすけれど絲繅いとくりうでおぼえのなきものに いかでさるるわざならん 一生習しやうならひうちなりと こころこまむちあてて はげまざらめやをと女子めこよ。
  4. まゆをよくりふりそろ煮湯にゆをん煮加にかげんこころをくばり添足つけたしを むらなくなさばいとは おのづとまさるものぞかし これぞせい要󠄁かなめなる。
  5. やさしきあねはけなげにも かよわきうでによりをかけ おもきやくめのくりいといそしみはげみてるものを としわかしとてわれひとり などかむなしくあそばれん。
  6. かみのめぐみかおのれにも ちからにかなひしわざのあり しよちゆうきうさいはひに あきはわがそだてあげ しもにあへなくくはにしきのしろにかへてん。
  7. あきはわけてくはやうげんこころせよ 日最ひも中暑なかあつくも朝夕あさゆふあつさむさのつねならず つかのまなりとたゆみなば かへらぬやくおそはれん。
  8. をさなきうちは若桑わかくはあたへてひてせいちやうの ほどにしたがひかたあたへてへよあきかひこ さらばみごとにおいそだち いとゆたけ繭結まゆむすばん。
  9. あなおそろしや軟化なんくわびやう りふのうびやう硬化かうくわびやう わづかひとつのびやうさんも 出でなばたちまちみなうつる 斷大敵だんたいてきこころして やまひのもとをたやせよ。
  10. はあつからずさむからず いまこそたびかうせつ がひだかきをちこちを めぐりありきわざまなびのしろをもとめなん くにためなりいへめ。
⦅冬の卷⦆
  1. がらしさむくにしみて 桶戀をけこひしきふゆくれば おちちてくはふゆいたはり枝束えだつか株際低かぶぎはひく畦高あぜたか畑打はたうちかへしはるて。
  2. 眞木まきのふせわら小屋ごやうてはれぬいへなきも 位置家ゐちやづくりのかなはぬは かひこのそだちにためわるし なほせつくりをふゆうち新築しんちくするもふゆうちに。
  3. 蠶家こやをつくらばきよらかに かぜもよくぬけもあたり やうごとにみちみちて ひとのここちのよきやうに さらばかひこによくかなひ むくゆるさちおほからん。
  4. はすなかばになりぬれば たねをしづかに取出とりいだ產著水引色澤うみつきみづひきいろつやに よくそそぎよきをとり はしにいとつけめをはかり みづにてあらようせよ。
  5. とううち晴天せいてんをばえらみて朝早あさはやたらひきよみづなかたねをしばしたねをはけもておもむろに でてけがれを掃󠄁はらふべし。
  6. あらひあげたる種紙たねがみもとのめかたに乾返ほしかへはこにかこひておごそかに あぶらとほくさけ やすく冬空ふゆそらこさしめよ ここぞほうきようのわかれみち
  7. かれをかざるむつはな ぎん綿わたうるはしや いぬ子等こらきやうがれど われはひとうちあみまぶしをつくりなし はるかいこようせん。
  8. いまのしやくわいひとでさへ とくなきもののおほかるに ひととくなるじんしん 忠神ちうしんむつとく もれなくちいさきにあつむ しんかひこかみむし
  9. ああしたはしやむしでさへ うゑせまるもむさぼらず ぎやうただしくいとはきて たつるいさをはいとしるし われひとなりすとても くちいさをにたてん。
  10. ないことなくあたいとがねにすがたかへ うらくらたつ。ことなりぬママ ことももはや今日けふかぎり あすはめでたき春迎はるむかへ またもがひしたしまん。(をはり)

この著作物は、環太平洋パートナーシップ協定の発効日(2018年12月30日)の時点で著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以上経過しているため、日本においてパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。