聖使徒行実08

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖使徒行實

第八章[編集]

 サウルはかれころされしことをよしとせり。そのひおほいなるきんちくはイエルサリムにけうくわいおよび、しとほかみなイウデヤとサマリヤとのかくちさんじたり。

 けいけんなるひとびとステファンをはうむり、これためおほいなるつうこくせり。

 サウルはけうくわいざんがいし、いへいへり、なんにょきて、ひとやわたせり。

 ときさんじたるものあまねきて、ことばふくいんせり。

 フィリップはサマリヤのまちくだりて、かれらにハリストスをつたへたり。

 たみはフィリップがおこなひしきうちょうかつて、こゝろいつにしてつゝしみてそのところけり。

 けだしをきおほいなるこゑもつさけびて、これらるゝおほくのものよりで、またおほくのちゅうぶうおよあしなへものいやされたり。

 そのまちうちおほいなるよろこびありき。

 こゝいちにん、シモンとづくるものあり、もとまちおいまじゅつおこなひ、サマリヤのたみおどろかし、おのれおほいなるものせり。

一〇 せうよりだいいたるまで、みなつゝしみてかれきてヘり、ひとかみおほいなるちからなり。

一一 つゝしみてかれきしは、そのひさしくまじゅつもつかれらおどろかしゝゆゑなり。

一二 しかれどもかれらかみくにおよびイイススハリストスのことふくいんするフィリップにしんずるにおよびて、なんにょともせんけたり。

一三 シモンみづからまたしんじて、せんけ、つねにフィリップとともりて、おこなはれたるおほいなるいのうきうちょうとをおどろけり。

一四 イエルサリムにしとは、サマリヤがかみことばけたりときて、ペトルおよびイオアンをかれらつかはせり。

一五 ににんくだりて、かれらせいしんけんためいのれり。

一六 けだしせいしんいまかれらひとりにもくだらざりき、かれらたゞしゅイイススのりてせんけしのみ。

一七 そのときしとかれらせたればかれらせいしんけたり。

一八 シモンは、しとするにりて、せいしんさづけらるゝをて、これきんたづさいたりて

一九 へり、われにもけんあたヘよ、せんとするものの、せいしんけんためなり。

二〇 しかれどもペトルかれヘり、なんぢぎんなんぢともほろぶべし、けだしなんぢきんもつかみたまものんとおもへり。

二一 なんぢにはことおいぶんなくくじなし、けだしなんぢこゝろかみまへたゞしからず。

二二 ゆゑなんぢあくくわいかいして、かみいのれ、あるひなんぢこゝろおもひなんぢゆるされん。

二三 けだしわれなんぢにがたんり、およふぎつなぎるをる。

二四 シモンこたへてヘり、なんぢわれためしゅいのりて、なんぢひしことのわれおよぶなからしめよ。

二五 かれらしゅことばしょうし、かつべて、イエルサリムにかへり、みちにサマリヤのおほくのむらふくいんつたへたり。

二六 しゅつかひフィリップにげてヘり、ちてみなみむかひて、イエルサリムよりガザにくだみちけ、そのみちなり。

二七 かれちてけり、よ、エフィオピヤのひと、エフィオピヤのにょわうカンダキヤのじじんにしてたいしんそのことごとくのたからつかさどものは、れいはいためにイエルサリムにきたりて、

二八 かへり、そのくるまりて、よげんしゃイサイヤをめり。

二九 しんフィリップにへり、すゝみて、くるまけ。

三〇 フィリップはしきて、かれよげんしゃイサイヤをむをきてへり、なんぢところさとるか。

三一 かれへり、われみちびものなくば、われいづくんさとるをん、すなはちフィリップにのぼりてともせんことをへり。

三二 そのめるせいしょぶんごとし、かれひつじごとほふられんためかれたり、こひつじそのけものまへりてこゑなきがごとく、かれくのごとそのくちひらかず。

三三 そのいやしきときかれけるさいばんおこなはれたり。しかれどもそのらいれきたれこれかん、けだしかれいのちよりらると。

三四 じじんフィリップにへり、ふ、よげんしゃこれふは、たれす、おのれすか、そもそもたにんすか。

三五 フィリップそのくちひらき、しょよりはじめて、かれにイイススをふくいんせり。

三六 みちときかれらみづところきたれり、じじんへり、よ、みづあり、せんくるになんさはりあるか。

三七 フィリップかれへり、なんぢまつたこゝろもつしんぜば、なり。かれこたへてへり、われイイススハリストスがかみたるをしんず。

三八 すなはちめいじて、くるまとゞめしめ、フィリップとじじんともみづくだり、フィリップはかれせんさづけたり。

三九 かれらみづよりあがりしときせいしんじじんくだり、しゅつかひフィリップをげてり、じじんまたこれざりき、すなはちよろこびてそのみちけり。

四〇 フィリップはアゾトにあらはれ、しょいふて、ふくいんべ、ケサリヤにいたるにおよべり。