聖使徒行実06

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖使徒行實

第六章[編集]

 そのひもんとますますくははりしに、「エルリニスト」がエウレイじんたいしてうらみごとせしことあり、かれらやもめひゞほどこしおいかろんぜられしゆゑなり。

 じふにしとたいすうもんとまねきてへり、われらかみことばきて、しょくたくことつとむるは、よろしからず。

 ゆゑけいていよ、なんじうちより、しょうせいしんちゑとにてられたるものしちにんえらべ、われらこれてゝ、ことつかさどらしめ、

 われらもつぱきたうでんけうとをつとめん。

 ことばしゅうみんよろこばれて、つひしんせいしんとにてられたるひとステファン、またフィリップ、プロホル、ニカノル、ティモン、パルメン、およびアンティオヒヤのしんけうしゃニコライをえらびて、

 これしとらまへて、かれらきたうして、そのうへせたり。

 かみことばますますちやうじ、もんとすうはなはだイエルサリムにぞうかし、しさいうちにもおほをしへしたがひしものあり。

 しんちからとにてられたるステファンは、おほいなるきせききうちょうみんかんおこなへり。

 ときに「リベルティン」ととなふるくわいだうおよびキリネヤ、アレキサンドリヤ、キリキヤ、アシヤじんしょくわいだうぞくするあるひとびとちて、ステファンとべんろんせり、

一〇 しかれどもちゑかれりてひしところせいしんとにてきするあたはざりき。

一一 そのときひそかひとすゝめて、はしめてへり、われらかれがモイセイおよかみそしことばかたるをけり。

一二 こゝおいたみちやうらうらがくしらとをうごかし、にはかきたりて、かれとらへ、こうくわいいたり、

一三 いつはりしょうしゃてゝ、はしめてへり、ひとせいなるところおよりつぱふそしことばかたりてめず。

一四 けだしわれらかれふをけり、いはく、イイスス・ナゾレイはところこぼち、モイセイがわれらさづけしれいへんと。

一五 こうくわいちうせるものみなかれそゝぎて、そのおもてるに、てんしおもてごとし。