聖使徒行実05

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖使徒行實

第五章[編集]

 しかれどもいちにん、アナニヤとづくるものそのつまサプフィラとともに、さんげふり、

 そのつまあづかりて、あたひすぶんかくし、すぶんたづさへて、しとそくかけり。

 ペトルへり、アナニヤ、なんすれぞサタナなんぢこゝろに、せいしんいつはりて、あたひすぶんかくおもひてたる。

 なんぢいうせしところは、なんぢぞくせしにあらずや、これりてところは、なんぢけんりしにあらずや、なんぢなんことこゝろいだきたる、なんぢひといつはりしにあらず、すなはちかみいつはりしなり。

 アナニヤことばきて、たふれていきえたり、これきしものおほいおそれたり。

 わかきものらちて、これり、いだしてはうむれり。

 およそさんじのちそのつまも、いまりしことらずして、きたれり。

 ペトルかれひてへり、われげよ、なんぢあたひもつりしか。かれへり、しかり、あたひなり。

 ペトルかれへり、なんぢなんすれぞともはかりて、しゅしんこゝろみる、よ、なんぢをつとはうむりしものあしもんまへり、なんぢをもいださん。

一〇 をんなたちどころかれそくかたふれて、いきえたり。わかきものらりて、そのしたるをこれいだして、をつとかたはらはうむれり。

一一 ぜんけうくわいおよこれきしものとはおほいおそれたり。

一二 しとりて、みんかんおほくのきうちょうきせきとはおこなはれたり、しゅうみなこゝろいつにしてソロモンのらうり。

一三 ものあへかれらかざりき、しかれどもたみかれらあがめたり。

一四 なんにょしんずるものますますおほしゅき、

一五 ひとびやうしゃちまたいだして、ゆかおよとこき、ペトルのぎて、そのかげあるひこれおほはんことをこひねがふにいたれり。

一六 またおほくのひとは、きんばうしょいふより、めるものおよをきうれふるものたづさへて、イエルサリムにあつまれり、みなゆるをたり。

一七 しさいちやうおよおよかれともにするもの、サッドゥケイのいたんともがらは、ちて、ねたみてられ、

一八 そのてしときて、これひとやくだせり。

一九 しかれどもしゅつかひよるひとやもんひらき、かれらいだしてへり、

二〇 きて、でんち、せいめいことばことごとたみかたれ。

二一 かれらこれきて、さうてうでんりてをしへたり。ときしさいちやうおよこれともにするものきたりて、こうくわいおよびイズライリのしょしちやうらうらあつめ、ひとやつかひして、しとひきいたらんことをめいぜり。

二二 したやくきて、かれらひとやうちざりき、すなはちかへりて、げて

二三 へり、われらひとやかたとざされ、まもものもんまへてるをたれども、これひらけば、うちひとりをもざりき。

二四 しさいちやうでんつかさおよしさいしょちやうは、ことばきて、なにならんとあやしめり。

二五 あるひときたりて、かれらげてへり、よ、なんぢひとやくだしゝものは、でんちて、たみをしふ。

二六 そのときでんつかさしたやくともきて、かれらたづさきたれり、しかれどもふることをさざりき、たみいしもつたんことをおそれしゆゑなり。

二七 たづさきたりて、かれらこうくわいうちてたり。しさいちやうかれらひてへり、

二八 われらなんぢに、もつをしふることを、きびしくきんぜしにあらずや、しかるによ、なんぢそのをしへをイエルサリムにたせ、しかうしてひとわれらせんとほつす。

二九 ペトルおよしょしとこたへてへり、かみしたがふこと、ひとしたがふよりまさるは、よろしきなり。

三〇 せんぞかみなんぢけてころしゝイイススをふくくわつせしめたり。

三一 かみそのみぎもつて、かれげて、しゅさいし、きうしゅせり、イズライリにくわいかいつみゆるしとをあたへんためなり。

三二 われらことためしょうものなり、かみかれしたがものあたへしせいしんまたしょうす。

三三 かれらこれきて、いかりへずして、しところさんとはかれり。

三四 しかれどもひとりのファリセイじんはガマリイル、けうはふしにしてしゅうみんたつとばるるものは、こうくわいうちちて、しとしばらそとだすをめいじて、

三五 かれらへり、イズライリじんよ、なんじひとびときて、なにすべきかをみづかつゝしめ。

三六 けだしこれよりさき、フェウダおこりて、みづかおほいなりとし、これきしものおよそしひゃくにんありしが、かれころされ、したがひしものみなさんじて、るなきにせり。

三七 そののちとうせきとき、ガリレヤじんイウダおこりて、おほくのたみいざなひて、おのれしたがはしめしが、かれほろび、かれしたがひしものみなさんじたり。

三八 いまわれなんぢぐ、ひとびときて、かれらゆるせ、けだしはかりごとあるひしわざひとらば、みづかやぶれん、

三九 かみらば、なんぢこれやぶあたはず、かつおそらくはなんぢかみてきするものらん。

四〇 かれらこれしたがへり、すなはちしとして、これち、イイススのもつふことをきんじて、かれらゆるせり。

四一 かれらこうくわいまへよりで、しゅイイススのりて、はづかしめくるにふるものりしをよろこべり。

四二 ひびでんり、またひといへりて、をしへべ、イイススハリストスのふくいんつたへてめざりき。