聖使徒行実04

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖使徒行實

第四章[編集]

 かれらたみかたれるときしょしさいでんつかさとサッドゥケイきて、

 かれらたみをしへ、およびイイススをきて、よりのふくくわつつたふるにりて、いきどほれり。

 すなはちかれらきて、あさいたるまでかれらまもらしめたり、ときすでれたればなり。

 しかれどもことばきしものうちおほしんぜり、そのかずおよそごせんにんなり。

 あくるひかれらつかさちょうらうがくし

 およしさいちやうアンナ、またカイアファ、イオアン、アレキサンドル、そのたしさいちやうぞくじんはイエルサリムにあつまり、

 しとなかてゝへり、なんぢなんちからあるひなんもつて、これおこなひしか。

 そのときペトルせいしんてられて、かれらへり、たみつかさおよびイズライリのちやうらうよ、

 こんにちわれらみたるひとおこなひしぜんじきて、そのいかいやされしとたゞされば、

一〇 すなはちなんぢしゅうおよぜんイズライリみんるべし、イイスス・ハリストス・ナゾレイ、なんぢじふじかていせるものかみよりふくくわつせしめしものりて、すなはちかれりて、ひとすこやかにしてなんぢまへてるなり。

一一 かれすなはちなんぢこうしたるものが、てしところいしをくぐうしゅせきりたるものなり、

一二 ほかべつすくひしむるものなし。けだしてんかには、ひとあたへられたるの、われらりてもつすくひべきものあらず。

一三 かれらは、ペトルおよびイオアンのきぜんたるをそのむがくにしていやしきものなるをさつして、あやしめり、またそのかつてイイススとともりしをれり。

一四 しかれどもいやされたるひとこれともてるをて、はくことばなかりき。

一五 すなはちこれくわいしょそとづるをめいじてのちあひしてへり、

一六 ひとびとなにすべきか、けだしかれらりていちじるしききせきおこなはれしことは、およそイ工ルサリムにものあらはなり、われらこれなしあたはず。

一七 しかれどもことなほひろみんかんつたはらざらんために、かれらおどして、またそのなもつなんびとにもかたらざらんことをいましむべし。

一八 すなはちかれらして、さらにイイススのもつふことなく、をしふることなきをめいじたり。

一九 しかれどもペトルおよびイオアンかれらこたへてへり、かみくよりもまさりて、なんぢくは、かみまへりてなるか、みづかはんだんせよ。

二〇 けだしわれらところきしところかたらざるをず。

二一 かれらこればつするゆゑんずして、おどしくはへて、これゆるせり、たみゆゑもつてなり、しゅうみなおこなはれしことりてかみさんえいしたればなり。

二二 けだしきせきりてゆるをたるひとしじふよさいなり。

二三 しとゆるされて、そのともきたり、およしさいしょちやうちやうらうらとのこれひしことげたり。

二四 かれらこれきてこゝろいつにしこゑげて、かみびてへり、しゅさいよ、なんぢてんうみおよそのうちばんぶつつくりしかみなり、

二五 なんぢせいしんもつて、ちゝなんぢぼくダワィドのくちりてへり、いはうなんすれぞさわぎ、しょみんなんすれぞいたづらはかる、

二六 しょわうおこり、しょこうあひあつまりて、しゅめ、そのハリストスをむと。

二七 けだしまことにイロドおよびポンティピラトは、いはうじんおよびイズライリみんともに、まちあつまりて、なんぢせいなるイイスス、なんぢあぶらつけられしものめたり、

二八 なんぢおよなんぢむねあらかじさだめしことおこなはんためなり。

二九 しゅよ、いまかれらおどしかんがみて、なんぢしょぼくに、きぜんとして、なんぢことばはしめ、

三〇 なんぢべて、なんぢせいなるイイススのもつほどこし、きうちょうきせきおこなたまへ。

三一 かれらきたうをはりてのちそのあつまれるところふるうごき、みなせいしんてられて、がんがんとしてかみことばへり。

三二 しんじたるしゅうみんこゝろいつにし、たましひいつにし、ひとりそのしょいうおのれものはずして、ともしょぶつこうようせり。

三三 しとおほいなるちからもつて、しゅイイススハリストスのふくくわつしょうせり、おほいなるおんちょうかれらしゅうじんり。

三四 かれらうちひとりとぼしきものなかりき、けだしおよあるひいへてるものこれり、そのりたるあたひたづさへて、

三五 しとそくかき、しかうしてかくじんに、そのもとむるところしたがひて、これあたへられたり。

三六 くレワィのぞくにして、キプルにうまれしイオシャ、しとにワルナワ、やくすればなぐさめとなへられしものは、

三七 たはたりて、これり、そのきんたづさへて、しとそくかけり。