聖使徒パワェルがエフェス人に達する書

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

聖書<我主イイススハリストスの新約

第一章[編集]

第二章[編集]

4 しかるにあはれみめるかみは、そのわれらあいするおおいなるあいりて、

5 われらつみりてせしものハリストスともかせり、(なんぢらおんちようもつすくはれたり、)

6 かれともふくくわつせしめ、ハリストス イイススりててんせしめたり、

7 みらいおいて、そのハリストスイイススりてわれらほどこしゝじんじもつて、おんちようあふれたるとみしめさんためなり。

8 けだしなんぢらおんちようもつしんりてすくはれたり、なんぢらるにあらず、かみたまものなり、

9 おこなひるにあらず、ひとほこることなからんためなり。

10 けだしわれらかれつくりしものにして、ハリストス イイススりてわざためつくられたり、すなはちかみわれらおこなはんために、あらかじそなへしところなり。

11

12

13

14 けだしかれわれわへいなり、ふたつものひとつし、へだてかきこばち、

15 おのれもつあだはいし、をしへもつしよかいりつはふはいせり、わへいして、ふたつつのものもつて、おのれおいて、ひとつあらたなるひとつくり、

16 またじふじにてあだころし、これもつて、ひとつおいて、ふたつものかみふくわせしめんためなり。

17 かつきたりて、なんぢらとほものおよちかものわへいふくいんせり、

18 けだしかれりて、われらふたつものは、ひとつしんりて、ちゝちかづくをるなり。

19 ゆゑなんぢらすでいみんあるひたはうひとたらず、すなはちしよせいとどうはうひとかみかぞくなり、

20 なんぢらしよしとしよよげんしやとのもとゐてられたり、イイスス ハリストスみづかそのすみいしなり。

21 うへぜんをくてられ、しだいきづきて、しゆけるせいでんる、

22 うへなんぢらも、しんりて、かみすまひとして、ともてらるゝなり。