神神の微笑

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 ある春のゆうべ、Padre Organtino はたった一人、長いアビト(ほうえ)のすそを引きながら、なんばんじの庭を歩いていた。

 庭には松やひのきあいだに、ばらだの、かんらんだの、げっけいだの、西洋の植物が植えてあった。殊に咲き始めた薔薇の花は、木々をかすかにするゆうあかりの中に、薄甘いにおいを漂わせていた。それはこの庭の静寂に、何かにほんとは思われない、不可思議なみりょくを添えるようだった。

 オルガンティノは寂しそうに、砂の赤いこみちを歩きながら、ぼんやり追憶に耽っていた。ロオマだいほんざん、リスポアの港、ラベイカはたんきょうの味、「おんあるじ、わがアニマ(霊魂)の鏡」の歌――そう云う思い出はいつのまにか、このこうもうしゃもんの心へ、かいきょうの悲しみを運んで来た。彼はその悲しみを払うために、そっとデウス(神)のみなを唱えた。が、悲しみは消えないばかりか、前よりは一層彼の胸へ、重苦しい空気を拡げ出した。

「この国の風景は美しい――。」

 オルガンティノは反省した。

「この国の風景は美しい。気候もまず温和である。土人は、――あのこうめんこびとよりも、まだしも黒ん坊がましかも知れない。しかしこれも大体の気質は、親しみ易いところがある。のみならず信徒も近頃では、何万かを数えるほどになった。現にこの首府のまん中にも、こう云う寺院がそびえている。して見ればここに住んでいるのは、たとい愉快ではないにしても、不快にはならない筈ではないか? が、自分はどうかすると、憂鬱の底に沈む事がある。リスポアのまちへ帰りたい、この国を去りたいと思う事がある。これは懐郷の悲しみだけであろうか? いや、自分はリスポアでなくとも、この国を去る事が出来さえすれば、どんな土地へでも行きたいと思う。しなでも、シャムでも、インドでも、――つまり懐郷の悲しみは、自分の憂鬱の全部ではない。自分はただこの国から、一日も早く逃れたい気がする。しかし――しかしこの国の風景は美しい。気候もまず温和である。……」

 オルガンティノはといきをした。この時偶然彼の眼は、点々と木かげのこけに落ちた、ほのじろい桜の花をとらえた。桜! オルガンティノは驚いたように、薄暗いこだちのあいだを見つめた。そこには四五本のしゅろの中に、枝を垂らしたいとざくらが一本、夢のように花を煙らせていた。

おんあるじ守らせ給え!」

 オルガンティノは一瞬間、ごうまの十字を切ろうとした。実際その瞬間彼の眼には、この夕闇に咲いたしだれざくらが、それほどぶきみに見えたのだった。無気味に、――と云うよりもむしろこの桜が、なぜか彼を不安にする、日本そのもののように見えたのだった。が、彼はせつなのち、それが不思議でも何でもない、ただの桜だった事を発見すると、恥しそうに苦笑しながら、静かにまたもと来た小径へ、力のない歩みを返して行った。


       ×          ×          ×


 三十分ののち、彼はなんばんじないじんに、デウスへ祈祷を捧げていた。そこにはただまるてんじょうから吊るされたランプがあるだけだった。そのランプの光の中に、内陣を囲んだフレスコの壁には、サン・ミグエルが地獄の悪魔と、モオゼのしがいを争っていた。が、勇ましい大天使は勿論、たけり立った悪魔さえも、今夜はおぼろげな光の加減か、妙にふだんよりは優美に見えた。それはまた事によると、祭壇の前に捧げられた、みずみずしいばらえにしだが、匂っているせいかも知れなかった。彼はその祭壇のうしろに、じっと頭を垂れたまま、熱心にこう云う祈祷を凝らした。

なむ大慈大悲のデウスにょらい! わたくしはリスポアを船出した時から、一命はあなたに奉って居ります。ですから、どんな難儀にっても、十字架の御威光を輝かせるためには、一歩もひるまずに進んで参りました。これは勿論私一人の、くする所ではございません。皆天地のおんあるじ、あなたのおんめぐみでございます。が、この日本に住んでいる内に、私はおいおい私の使命が、どのくらいかたいかを知り始めました。この国には山にも森にも、あるいは家々の並んだ町にも、何か不思議な力がひそんで居ります。そうしてそれがめいめいうちに、私の使命をさまたげて居ります。さもなければ私はこの頃のように、何の理由もない憂鬱の底へ、沈んでしまう筈はございますまい。ではその力とは何であるか、それは私にはわかりません。が、とにかくその力は、ちょうど地下の泉のように、この国全体へ行き渡って居ります。まずこの力を破らなければ、おお、南無大慈大悲のデウスにょらい! じゃしゅうわくできした日本人ははらいそてんがい)のしょうごんを拝する事も、永久にないかも存じません。私はそのためにこの何日か、はんもんに煩悶を重ねて参りました。どうかあなたのしもべ、オルガンティノに、勇気と忍耐とを御授け下さい。――」

 その時ふとオルガンティノは、鶏の鳴き声を聞いたように思った。が、それには注意もせず、さらにこう祈祷の言葉を続けた。

わたくしは使命を果すためには、この国のやまかわに潜んでいる力と、――多分は人間に見えない霊と、戦わなければなりません。あなたは昔こうかいの底に、エジプトぐんぜいを御沈めになりました。この国の霊の力強い事は、エジプトの軍勢に劣りますまい。どうかいにしえの予言者のように、私もこの霊との戦に、………」

 祈祷の言葉はいつのまにか、彼のくちびるから消えてしまった。今度は突然祭壇のあたりに、けたたましいけいめいが聞えたのだった。オルガンティノは不審そうに、彼の周囲を眺めまわした。すると彼のまうしろには、しろじろと尾を垂れた鶏が一羽、祭壇の上に胸を張ったまま、もう一度、夜でも明けたようにときをつくっているではないか?

 オルガンティノは飛び上るが早いか、アビトの両腕を拡げながら、そうこうとこの鳥を逐い出そうとした。が、ふたあしみあし踏み出したと思うと、「おんあるじ」と、切れ切れに叫んだなり、茫然とそこへ立ちすくんでしまった。この薄暗いないじんの中には、いつどこからはいって来たか、無数の鶏が充満している、――それがあるいは空を飛んだり、あるいはそこここを駈けまわったり、ほとんど彼の眼に見える限りは、とさかの海にしているのだった。

「御主、守らせ給え!」

 彼はまた十字を切ろうとした。が、彼の手は不思議にも、まんりきか何かにはさまれたように、いっすんとは自由に動かなかった。その内にだんだんないじんの中には、ほたびあかりに似たしゃっこうが、どこからとも知れず流れ出した。オルガンティノはあえぎ喘ぎ、この光がさし始めると同時に、もうろうとあたりへ浮んで来た、人影があるのを発見した。

 人影は見るあざやかになった。それはいずれも見慣れない、そぼくな男女のひとむれだった。彼等は皆くびのまわりに、にぬいた玉を飾りながら、愉快そうに笑い興じていた。内陣に群がった無数の鶏は、彼等の姿がはっきりすると、今までよりは一層高らかに、何羽もときをつくり合った。同時に内陣の壁は、――サン・ミグエルのいた壁は、霧のように夜へ呑まれてしまった。その跡には、――

 日本の Bacchanalia は、あっけにとられたオルガンティノの前へ、しんきろうのように漂って来た。彼は赤いかがりほかげに、古代の服装をした日本人たちが、互いに酒を酌みかわしながら、くるまざをつくっているのを見た。そのまん中には女が一人、――日本ではまだ見た事のない、堂々とした体格の女が一人、大きなおけを伏せた上に、踊り狂っているのを見た。桶の後ろには小山のように、これもまたたくましい男が一人、根こぎにしたらしいさかきの枝に、玉だの鏡だのがさがったのを、悠然と押し立てているのを見た。彼等のまわりには数百の鶏が、おばねとさかをすり合せながら、絶えず嬉しそうに鳴いているのを見た。そのまた向うには、――オルガンティノは、今更のように、彼の眼を疑わずにはいられなかった。――そのまた向うには夜霧の中に、いわやの戸らしい一枚岩が、どっしりと聳えているのだった。

 桶の上にのった女は、いつまでも踊をやめなかった。彼女の髪を巻いたつるは、ひらひらと空にひるがえった。彼女の頸に垂れた玉は、何度もあられのように響き合った。彼女の手にとった小笹の枝は、縦横に風を打ちまわった。しかもそのあらわにした胸! 赤いかがりびの光の中に、つやつやうかび出た二つのちぶさは、ほとんどオルガンティノの眼には、情欲そのものとしか思われなかった。彼はデウスを念じながら、一心に顔をそむけようとした。が、やはり彼の体は、どう云う神秘なのろいの力か、身動きさえ楽には出来なかった。

 その内に突然沈黙が、幻の男女たちの上へ降った。桶の上に乗った女も、もう一度しょうきに返ったように、やっと狂わしい踊をやめた。いや、鳴き競っていた鶏さえ、この瞬間は頸を伸ばしたまま、一度にひっそりとなってしまった。するとその沈黙の中に、永久に美しい女の声が、どこからか厳かに伝わって来た。

わたしがここにこもっていれば、世界は暗闇になった筈ではないか? それを神々は楽しそうに、笑い興じていると見える。」

 その声が夜空に消えた時、桶の上にのった女は、ちらりと一同を見渡しながら、意外なほどしとやかに返事をした。

「それはあなたにも立ちまさった、新しい神がおられますから、喜び合っておるのでございます。」

 その新しい神と云うのは、デウスを指しているのかも知れない。――オルガンティノはちょいとのあいだ、そう云う気もちに励まされながら、この怪しい幻の変化に、やや興味のある目を注いだ。

 沈黙はしばらく破れなかった。が、たちまち鶏のむれが、いっせいときをつくったと思うと、向うに夜霧をき止めていた、岩屋の戸らしい一枚岩が、おもむろに左右へひらき出した。そうしてそのけ目からは、ごんくに絶したばんどうかこうが、洪水のようにみなぎり出した。

 オルガンティノは叫ぼうとした。が、舌は動かなかった。オルガンティノは逃げようとした。が、足も動かなかった。彼はただ大光明のために、烈しくめまいが起るのを感じた。そうしてその光の中に、おおぜいの男女の歓喜する声が、ほうはいと天にのぼるのを聞いた。

「{{Ruby|大日孁貴!」

「新しい神なぞはおりません。新しい神なぞはおりません。」

「あなたにさからうものは亡びます。」

「御覧なさい。闇が消え失せるのを。」

「見渡す限り、あなたの山、あなたの森、あなたの川、あなたの町、あなたの海です。」

「新しい神なぞはおりません。誰も皆あなたの召使です。」

「大日孁貴!」

 そう云う声の湧き上る中に、冷汗になったオルガンティノは、何か苦しそうに叫んだきりとうとうそこへ倒れてしまった。………

 そのさんこうに近づいた頃、オルガンティノは失心の底から、やっと意識を恢復した。彼の耳には神々の声が、未だに鳴り響いているようだった。が、あたりを見廻すと、ひとおとも聞えないないじんには、まるてんじょうのランプの光が、さっきの通りもうろうへきがを照らしているばかりだった。オルガンティノはうめき呻き、そろそろ祭壇のうしろを離れた。あの幻にどんな意味があるか、それは彼にはのみこめなかった。しかしあの幻を見せたものが、デウスでない事だけは確かだった。

「この国の霊と戦うのは、……」

 オルガンティノは歩きながら、思わずそっと独りごとを洩らした。

「この国の霊と戦うのは、思ったよりもっと困難らしい。勝つか、それともまた負けるか、――」

 するとその時彼の耳に、こう云うささやきを送るものがあった。

「負けですよ!」

 オルガンティノは気味悪そうに、声のした方をかして見た。が、そこにはあいかわらずほのぐらい薔薇やえにしだのほかに、人影らしいものも見えなかった。


       ×          ×          ×


 オルガンティノは翌日のゆうべも、なんばんじの庭を歩いていた。しかし彼のへきがんには、どこか嬉しそうな色があった。それは今日いちにちの内に、日本の侍が三四人、ほうきょうにんの列にはいったからだった。

 庭のかんらんげっけいは、ひっそりと夕闇に聳えていた。ただその沈黙がみだされるのは、寺のはとが軒へ帰るらしい、なかぞらはおとよりほかはなかった。薔薇のにおい、砂の湿り、――一切は翼のある天使たちが、「人のおみなごの美しきを見て、」妻を求めにくだって来た、古代の日の暮のように平和だった。

「やはり十字架の御威光の前には、けがらわしい日本の霊の力も、勝利をめる事はむずかしいと見える。しかしゆうべ見た幻は?――いや、あれは幻に過ぎない。悪魔はアントニオしょうにんにも、ああ云う幻を見せたではないか? その証拠には今日になると、一度に何人かの信徒さえ出来た。やがてはこの国も至る所に、てんしゅみてらが建てられるであろう。」

 オルガンティノはそう思いながら、砂の赤いこみちを歩いて行った。すると誰か後から、そっと肩を打つものがあった。彼はすぐに振り返った。しかし後には夕明りが、みちを挟んだすずかけの若葉に、うっすりとただよっているだけだった。

おんあるじ。守らせ給え!」

 彼はこうつぶやいてから、おもむろにかしらをもとへ返した。と、彼のかたわらには、いつのまにそこへ忍び寄ったか、昨夜の幻に見えた通り、くびに玉を巻いた老人が一人、ぼんやり姿を煙らせたまま、おもむろに歩みを運んでいた。

「誰だ、お前は?」

 不意を打たれたオルガンティノは、思わずそこへ立ち止まった。

わたしは、――誰でもかまいません。この国の霊の一人です。」

 老人はびしょうを浮べながら、親切そうに返事をした。

「まあ、御一緒に歩きましょう。私はあなたとしばらくのあいだ、御話しするために出て来たのです。」

 オルガンティノは十字を切った。が、老人はそのしるしに、少しも恐怖を示さなかった。

「私は悪魔ではないのです。御覧なさい、この玉やこの剣を。じごくほのおに焼かれた物なら、こんなに清浄ではいない筈です。さあ、もうじゅもんなぞを唱えるのはおやめなさい。」

 オルガンティノはやむを得ず、不愉快そうに腕組をしたまま、老人と一しょに歩き出した。

「あなたはてんしゅきょうひろめに来ていますね、――」

 老人は静かに話し出した。

「それも悪い事ではないかも知れません。しかしデウスもこの国へ来ては、きっと最後には負けてしまいますよ。」

デウスは全能のおんあるじだから、泥烏須に、――」

 オルガンティノはこう云いかけてから、ふと思いついたように、いつもこの国の信徒に対する、ていねいな口調を使い出した。

デウスに勝つものはない筈です。」

「ところが実際はあるのです。まあ、御聞きなさい。はるばるこの国へ渡って来たのは、デウスばかりではありません。こうしもうしそうし、――そのほか支那からは哲人たちが、何人もこの国へ渡って来ました。しかも当時はこの国が、まだ生まれたばかりだったのです。支那の哲人たちは道のほかにも、の国の絹だのしんの国の玉だの、いろいろな物を持って来ました。いや、そう云う宝よりも尊い、れいみょうな文字さえ持って来たのです。が、支那はそのために、我々を征服出来たでしょうか? たとえばもじを御覧なさい。文字は我々を征服する代りに、我々のために征服されました。私が昔知っていた土人に、かきもとひとまろと云う詩人があります。その男の作ったたなばたの歌は、今でもこの国に残っていますが、あれを読んで御覧なさい。けんぎゅうしょくじょはあの中に見出す事は出来ません。あそこに歌われた恋人同士はくまでもひこぼしたなばたつめとです。彼等の枕に響いたのは、ちょうどこの国の川のように、清いあまがわせおとでした。支那のこうがようすこうに似た、ぎんがの浪音ではなかったのです。しかし私は歌の事より、文字の事を話さなければなりません。人麻呂はあの歌を記すために、支那の文字を使いました。が、それは意味のためより、発音のための文字だったのです。しゅうと云う文字がはいったのちも、「ふね」は常に「ふね」だったのです。さもなければ我々の言葉は、支那語になっていたかも知れません。これは勿論人麻呂よりも、人麻呂の心を守っていた、我々この国の神の力です。のみならず支那の哲人たちは、書道をもこの国に伝えました。くうかいどうふうさりこうぜい――私は彼等のいる所に、いつも人知れず行っていました。彼等が手本にしていたのは、皆支那人のぼくせきです。しかし彼等のふでさきからは、次第に新しい美が生れました。彼等の文字はいつのまにか、おうぎしでもなければ褚 ちょすいりょうでもない、日本人の文字になり出したのです。しかし我々が勝ったのは、文字ばかりではありません。我々のいぶきはしおかぜのように、ろうじゅの道さえもやわらげました。この国の土人に尋ねて御覧なさい。彼等は皆もうしの著書は、我々の怒にれ易いために、それを積んだ船があれば、必ずくつがえると信じています。しなとの神はまだ一度も、そんないたずらはしていません。が、そう云う信仰のうちにも、この国に住んでいる我々の力は、おぼろげながら感じられる筈です。あなたはそう思いませんか?」

 オルガンティノは茫然と、老人の顔を眺め返した。この国の歴史にうとい彼には、せっかくの相手の雄弁も、半分はわからずにしまったのだった。

「支那の哲人たちののちに来たのは、インドの王子したあるたです。――」

 老人は言葉を続けながら、みちばたのばらの花をむしると、嬉しそうにその匂をいだ。が、薔薇はむしられた跡にも、ちゃんとその花が残っていた。ただ老人の手にある花は色や形は同じに見えても、どこか霧のように煙っていた。

ぶっだの運命も同様です。が、こんな事を一々御話しするのは、御退屈を増すだけかも知れません。ただ気をつけて頂きたいのは、ほんじすいじゃくの教の事です。あの教はこの国の土人に、{{Ruby|大日孁貴がうかがわれはしないでしょうか? わたししんらんにちれんと一しょに、さらそうじゅの花の陰も歩いています。彼等がずいきかつごうしたほとけは、円光のあるこくじんではありません。優しいいげんに充ち満ちたじょうぐうたいしなどの兄弟です。――が、そんな事を長々と御話しするのは、御約束の通りやめにしましょう。つまり私が申上げたいのは、デウスのようにこの国に来ても、勝つものはないと云う事なのです。」

「まあ、御待ちなさい。おまえさんはそう云われるが、――」

 オルガンティノは口をはさんだ。

「今日などは侍が二三人、一度におんおしえきえしましたよ。」

「それはなんにんでも帰依するでしょう。ただ帰依したと云う事だけならば、この国の土人は大部分したあるたの教えに帰依しています。しかし我々の力と云うのは、破壊する力ではありません。造り変える力なのです。」

 老人は薔薇の花を投げた。花は手を離れたと思うと、たちまち夕明りに消えてしまった。

「なるほど造り変える力ですか? しかしそれはお前さんたちに、限った事ではないでしょう。どこの国でも、――たとえばギリシャの神々と云われた、あの国にいる悪魔でも、――」

「大いなるパンは死にました。いや、パンもいつかはまたよみ返るかも知れません。しかし我々はこの通り、未だに生きているのです。」

 オルガンティノは珍しそうに、老人の顔へ横眼を使った。

「お前さんはパンを知っているのですか?」

「何、さいこくの大名の子たちが、西洋から持って帰ったと云う、よこもじの本にあったのです。――それも今の話ですが、たといこの造り変える力が、我々だけに限らないでも、やはり油断はなりませんよ。いや、むしろ、それだけに、御気をつけなさいと云いたいのです。我々は古い神ですからね。あのギリシャの神々のように、世界の夜明けを見た神ですからね。」

「しかしデウスは勝つ筈です。」

 オルガンティノは剛情に、もう一度同じ事を云い放った。が、老人はそれが聞えないように、こうゆっくり話し続けた。

わたしはつい四五日まえさいこくうみべに上陸した、ギリシャの船乗りにいました。その男は神ではありません。ただの人間に過ぎないのです。私はその船乗と、月夜の岩の上に坐りながら、いろいろの話を聞いて来ました。目一つの神につかまった話だの、人をいのこにするめがみの話だの、声の美しいにんぎょの話だの、――あなたはその男の名を知っていますか? その男は私にった時から、この国の土人に変りました。今ではゆりわかと名乗っているそうです。ですからあなたも御気をつけなさい。デウスも必ず勝つとは云われません。てんしゅきょうはいくらひろまっても、必ず勝つとは云われません。」

 老人はだんだん小声になった。

「事によるとデウス自身も、この国の土人に変るでしょう。支那や印度も変ったのです。西洋も変らなければなりません。我々は木々の中にもいます。浅い水の流れにもいます。ばらの花を渡る風にもいます。寺の壁に残るゆうあかりにもいます。どこにでも、またいつでもいます。御気をつけなさい。御気をつけなさい。………」

 その声がとうとう絶えたと思うと、老人の姿も夕闇の中へ、影が消えるように消えてしまった。と同時に寺の塔からは、眉をひそめたオルガンティノの上へ、アヴェ・マリアの鐘が響き始めた。


       ×          ×          ×


 なんばんじのパアドレ・オルガンティノは、――いや、オルガンティノに限った事ではない。悠々とアビトのすそを引いた、鼻の高いこうもうじんは、たそがれの光のただよった、かくうげっけいや薔薇の中から、一双のびょうぶへ帰って行った。なんばんせんにゅうしんの図をいた、三世紀以前の古屏風へ。

 さようなら。パアドレ・オルガンティノ! 君は今君の仲間と、日本のうみべを歩きながら、きんでいの霞に旗を挙げた、大きい南蛮船を眺めている。デウスが勝つか、おおひるめむちが勝つか――それはまだ現在でも、よういだんていは出来ないかも知れない。が、やがては我々の事業が、断定を与うべき問題である。君はその過去の海辺から、静かに我々を見てい給え。たとい君は同じ屏風の、犬をいたカピタンや、日傘をさしかけた黒ん坊の子供と、忘却の眠に沈んでいても、新たに水平へ現れた、我々のくろふねいしびやの音は、必ず古めかしい君等の夢を破る時があるに違いない。それまでは、――さようなら。パアドレ・オルガンティノ! さようなら。南蛮寺のウルガンバテレン

(大正十年十二月)

この著作物は、1927年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。