知的財産高等裁判所設置法

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


知的財産高等裁判所設置法をここに公布する。

御名御璽

平成十六年六月十八日

内閣総理大臣  小泉純一郎

法律第百十九号
知的財産高等裁判所設置法

(趣旨)

第一条
この法律は、我が国の経済社会における知的財産の活用の進展に伴い、知的財産の保護に関し司法の果たすべき役割がより重要となることにかんがみ、知的財産に関する事件についての裁判の一層の充実及び迅速化を図るため、知的財産に関する事件を専門的に取り扱う知的財産高等裁判所の設置のために必要な事項を定めるものとする。

(知的財産高等裁判所の設置)

第二条
東京高等裁判所の管轄に属する事件のうち、次に掲げる知的財産に関する事件を取り扱わせるため、裁判所法 (昭和二十二年法律第五十九号)第二十二条第一項 の規定にかかわらず、特別の支部として、東京高等裁判所に知的財産高等裁判所を設ける。
一  特許権、実用新案権、意匠権、商標権、回路配置利用権、著作者の権利、出版権、著作隣接権若しくは育成者権に関する訴え又は不正競争(不正競争防止法 (平成五年法律第四十七号)第二条第一項 に規定する不正競争をいう。)による営業上の利益の侵害に係る訴えについて地方裁判所が第一審としてした終局判決に対する控訴に係る訴訟事件であってその審理に専門的な知見を要するもの
二  特許法 (昭和三十四年法律第百二十一号)第百七十八条第一項 の訴え、実用新案法 (昭和三十四年法律第百二十三号)第四十七条第一項 の訴え、意匠法 (昭和三十四年法律第百二十五号)第五十九条第一項 の訴え又は商標法 (昭和三十四年法律第百二十七号)第六十三条第一項 (同法第六十八条第五項 において準用する場合を含む。)の訴えに係る訴訟事件
三  前二号に掲げるもののほか、主要な争点の審理に知的財産に関する専門的な知見を要する事件
四  第一号若しくは第二号に掲げる訴訟事件又は前号に掲げる事件で訴訟事件であるものと口頭弁論を併合して審理されるべき訴訟事件

(知的財産高等裁判所に勤務する裁判官等)

第三条
最高裁判所は、知的財産高等裁判所に勤務する裁判官を定める。
2  最高裁判所は、知的財産高等裁判所に勤務する裁判官のうち一人に知的財産高等裁判所長を命ずる。

(知的財産高等裁判所の司法行政事務)

第四条
知的財産高等裁判所が知的財産高等裁判所における裁判事務の分配その他の司法行政事務を行うのは、知的財産高等裁判所に勤務する裁判官の会議の議によるものとし、知的財産高等裁判所長が、これを総括する。
2  前項の会議は、知的財産高等裁判所に勤務する全員の裁判官でこれを組織し、知的財産高等裁判所長が、その議長となる。

(知的財産高等裁判所事務局)

第五条
知的財産高等裁判所の庶務をつかさどらせるため、知的財産高等裁判所に知的財産高等裁判所事務局を置く。

この法律は、平成十七年四月一日から施行する。

内閣総理大臣  小泉純一郎

法務大臣臨時代理

国務大臣  小野 清子

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。