知るや君

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


こゝろもあらぬ秋鳥(あきどり)の
声にもれくる一ふしを
        知るや君

深くも澄(す)める朝潮(あさじほ)の
底にかくるゝ真珠(しらたま)を
        知るや君

あやめもしらぬやみの夜に
静(しづか)にうごく星くづを
        知るや君

まだ弾(ひ)きも見ぬをとめごの
胸にひそめる琴の音(ね)を
        知るや君

テキストについて[編集]

出典:青空文庫「若菜集」