百詩篇第8巻

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミシェル・ノストラダムス師の予言集>百詩篇第8巻


1

ポー(PAV)、ネー(NAY)、ロロン(LORON)[1]は血よりも火に属するだろう。
オード川を泳ぎ、大物は合流点に逃れるだろう
入り口はカササギたちを拒否するだろう。
パンプローナ[2]デュランス、人々はそれらを包囲されたままにされるだろう。

2

コンドンオーシュミランド周辺
私はそれらを取り囲む天からの火を見る。
太陽と火星が獅子宮で合する。そしてマルマンドには、
雷と大きな雹。壁はガロンヌ川に落ちる。

3

ヴィジランスとレヴィエの強固な城の中で
ナンシーの若い子たちは閉じこもるだろう。
トリノでは最初の者が焼かれる。
リヨンが悲嘆に暮れて運ばれるとき。

4

コックはモナスに迎え入れられる。
フランス枢機卿が登場する。
彼はローマ公使館に欺かれる。
鷲には弱さが、鶏には強さが生まれる。

5

そこには、光り輝く華麗な神殿が現れます。
ボルンとブルトゥイユにあるランプとろうそく。
ルツェルンの邦が脇を固めたからだ。
大いなる雄鶏がシュラウドに包まれているのを見るとき。

6

照明と明るさは、リヨンが輝いているのを見る。
マルタは奪われ、突然消滅する。
サルドン、モーリスは欺瞞的な行動をとるだろう。
ジュネーブからロンドンへ、コックへの反逆を装う。

7

ヴェルチェッリ、ミラノが知らせを伝える。
傷はパヴィアでつけられる。
セーヌ川を走り、フィレンツェを水と血と火で染めること。
高みから低みへと倒れ、助けを求めるユニークな人。

8

フォシアの近くで、いくつかの屯所に囲まれて
チバッソは鷲のために策を練る。
選ばれた者は追い出され、彼とその民は閉じこもる。
トリノとレイプし、花嫁は連れ去られる。

9

鷲がサヴォンナでコックと結ばれている間。
東の海、ハンガリー。
ナポリ、パレルモの軍隊、アンコーナの行軍。
ローマとベニス......蛮族による大騒動。

10

ローザンヌから大悪臭が漂うだろう。
しかし、彼らはその起源を知らないだろう。
遠方から来た人をすべて追い出すだろう。
空に見える火、異国の敗戦。

11

大勢の人々がヴィチェンツァに現れ
力なく、バシリカを焼くための火。
ルナージュ付近ではヴァレンツァの大いなるものが倒される。
ベネチアが習慣によって喧嘩を取り上げる時に。

12

彼はブッファローラの近くに現れるだろう
高貴な身分の者がミラノに入国した。
フォワのアッベとサン・ミュールの者たち
彼らは、農奴に扮して損害を与えるだろう。

13

十字軍の兄弟は熱烈な愛によって
彼らは、プロテウスによってベレロフォンを死なせる。
千年の船団、狂気の女。
薬を飲めば、二人とも死ぬ。

14

金の信用は大きく、銀の信用は豊富である。
それらは、名誉を欲望で盲目にさせる。
姦通者の罪が知られるようになる。
それは彼の大きな不名誉になる。

15

男女の北への大活躍
ヨーロッパとほとんどすべての宇宙を困らせるために。
2つの日食は、そのようなルーチンに置かれるだろう。
ハンガリー人の生死を左右することになる。

16

ヒエロンが船を建造している場所で
突然の大洪水が起こる。
人が倒れる場所も土地もないように。
その水はオリンピック・フェスランに達する。

17

安穏としていた人々は突然に打ちのめされる。
三兄弟によって世界は危機に瀕している。
敵は海上都市を占領する。
飢え、火、血、疫病、すべての悪が倍加する。

18

彼女の死因は、フィレンツェから発せられる。
老若男女に飲まれる前に一度
三本の百合によって、彼らは彼女に大きな休止を与えるだろう。
生肉がしぼむように、彼女の子孫を通して救われる。

19

大問題のカッペを支援するために
赤はそれを明らかにするために行進する。
一族は死によって克服されそうになる。
赤い、赤いものが、赤いものを倒すのだ。

20

不正選挙に関する誤ったメッセージ
破れた盟約を止めて街を駆け抜けるために。
買われた声、血に染まる礼拝堂。
帝国は別の帝国と契約した。

21

アグドの港に三人の贋物が入港する。
信仰ではなく、感染と疫病を運ぶ。
橋を渡って彼らは100万人を運び出すだろう。
橋は三分の一の抵抗で壊される。

22

クーサン、ナルボンヌの塩を通して警告を発する
トゥシャン、ペルピニャンの恩寵を裏切る。
赤い町は同意することを望まないだろう。
高飛びで、模倣旗と命が絶たれる。

23

王妃の箪笥から手紙が発見される。
署名も作者の名前もない。
策略で申し出を隠す。
恋人が誰であるかわからないようにするためである。

24

屋敷の扉には中尉が。
ペルピニャンの偉い人を倒します。
モンペルテュイで助かろうと考えている。
リュシニャンの庶子は騙される。

25

恋人の心は、恋の戯れで目覚め
流れの中の女性を虜にする。
彼女は恥ずかしそうに半分傷ついたふりをするだろう。
それぞれの父親が、体から魂を奪っていく。

26

バルセロナで発見されたカトーの骨。
置かれ、発見され、その場所が再び見つかり、廃墟となる。
抱えているのに抱かない大物。
パンプローナを望み、モンセラット修道院に霧雨を降らす。

27

補助道路、アーチの上にアーチがある。
ル・ムイは勇者とそのジェネを除いて砂漠化した。
鳳凰の皇帝の文章。
他の人には見せないものを、その人が見る。

28

金銀の模倣が膨らんだ。
盗まれた後、湖に投げ込まれたもの。
負債によってすべてが使い果たされ、散逸していることを発見したとき。
すべての証券と債券は一掃される。

29

土星に捧げる第四の柱で
地震で割れ、洪水で割れる。
土星の建物の下から壷が発見され
カエピオに持ち去られた金が復元された。

30

ベルゼールからほど近いトゥールーズで
深い穴を見世物の宮殿にする。
発見された宝は皆を悩ませることになる
その二か所とバサクルの近くにある。

31

ペルキエラの王子の最初の大きな果実。
その時、残酷で邪悪な男がやって来るだろう。
ベニスで彼はその誇らしい栄光を失うだろう。
そして、当時の若いセリンによって悪に導かれる。

32

フランス王、甥に気をつけろ
あなたの一人息子に大変なことをしでかす
彼は、ヴィーナスに誓いを立てている間に殺害される。
夜、3人と6人で連れ立って。

33

ヴェローナとヴィンチェンツァの間に生まれるであろう偉大な人物は
非常に不相応な姓を名乗る者。
ヴェニスで復讐を果たそうとする者。
自分自身が、時計と印の男に連れ去られたのだ。

34

獅子が獅子に勝利した後
ジュラの山で大殺戮が行われるだろう。
洪水と七色の民(百万分の一)である。
リヨン、ウルムで霊廟の死と墓。

35

ガロンヌ川バイズ川Bayse)の入り口で
そしてダマザンDamazan)から遠くない森で
沼は凍らされる。そして、雹と北風。
ドルドーニュ川ではを間違えて凍る。

36

もたらされた油注がれた者に対して犯されるであろう。
Lons le Saulnier、Saint Aubin、Bell'oeuvreから。
遠くの塔から取った大理石で敷き詰めること。
ブレタラムとその傑作に抵抗しないこと。

37

テムズ川近くの城塞
王が中に閉じ込められると倒れる。
彼は橋の近くでシャツ姿の姿を見ることになる。
死に直面した後、要塞の中に閉じ込められる。

38

ブロワの王はアヴィニョンに君臨する。
再び民衆は血に塗れる。
ローヌ地方で彼は泳ぎ
城壁の近くに5つまで、最後の1つはノールの近くである。

39

ビザンティンの王子に仕えることになった者
彼はトゥールーズの王子に連れ去られる。
フォワの信仰は、トレンティーノの指導者を通じて
彼は、花嫁を拒むことなく、彼を失望させるだろう。

40

タウルとラ・ドゥアラードのための正義の人の血は
サトゥルヌスの仇を討つために
彼らはバンドを新しい湖に沈める。
そして、アルバに対して進軍する。

41

狐は一言もしゃべらずに当選する。
人前では大麦パンを食べて聖人君子のように見える。
その後、彼は突然暴君になる
偉い人たちの喉に足をかけている。

42

欲望、力、暴力によって
オルレアンの長は、彼の支持者を悩ませるようになる。
サン・メミール付近で、襲撃と抵抗。
天幕の中で死んでいると言われるだろう。

43[3]

二つの非嫡出的なるものの没落によって
血統の甥は王国を支配するだろう。
レクトワル(Lectoyre)にて槍の攻撃があるだろう。
甥は恐怖により軍旗を畳むであろう。

44

オグミオスの天孫降臨
彼は七転び八起きで道を踏み外す。
半人前の長い友である王へ。
ナバラはポーの砦を破壊しなければならない。

45

手を縛られ、足に包帯を巻かれながら。
カレーの弟は遠くまで行くだろう。
見張りの言葉によって、死は遅らされる。
そして、復活祭に神殿で血を流すのだ。

46

独身者パウロはローマから3リーグで死ぬ。
最も近い二人は、虐げられた怪物から逃げ出す。
マルスがその恐ろしい王座につくとき
コックと鷲、フランスと三兄弟。

47

トラジメネ湖が目撃する
ペルージャに監禁された謀議者たちの
愚か者は賢者の真似をする。
テュトン人を殺し、破壊し、切り刻む。

48

蟹座の土星、火星と木星
2月のカルドンドンのサルヴァティエラで。
三方を包囲されたシエラ・モレーナ
ヴェルビエスケ付近で、戦争と死闘。

49

牡牛座の土星、水瓶座の木星。射手座の火星
2月6日は死をもたらす。
タルデーニュの者達は ブリュージュで大破し
蛮族の長がポンテローゾで死ぬように。

50

カペラード周辺の疫病。
サグントにも飢饉が迫っている。
善良な老人の騎士の庶子が
彼は、チュニスの大王の首を落とさせるだろう。

51

ビザンティンは、オブリケーションを行う
コルドバを奪還した後
彼の道の長い休息、ブドウの木は切り倒された。
海では、柱に捕らえられた獲物が通り過ぎる。

52

ブロワの王がアヴィニョンで統治する。
アンボワーズとsemeから[4]アンドル川沿いに来るだろう。
ポワチエへ爪、聖なる翼を傷つける。
ボニの前に[5]

53

ブローニュで彼は自分の悪行を洗い流したいと思うだろう。
彼は太陽の神殿でできない。
彼は飛び立ち、非常に偉大なことを行うだろう。
階級では、彼は決して平等ではなかった。

54

結婚条約の色彩のもと
チレン・セリンの大らかな行為。
サン・カンタンとアラスは旅路で回復した。
スペイン人により、第二の肉屋のベンチが作られる。

55

彼は二つの川の間に閉じこもっていることに気づくだろう。
樽と樽を繋いで渡る。
8つの橋が壊れ、その長は何度も駆け抜けた。
完璧な子供の喉はナイフで切り裂かれる。

56

弱小集団が土地を占拠する。
高位の者は恐ろしい叫びをあげるだろう。
外郭の大群に悩まされる。
エジンバラの近くで、それは書物によって発見されて落ちる。

57

単純な兵士から帝国に到達する。
短い衣から長い衣に成長する。
武器には勇敢だが、教会に対してはかなり悪い。
水がスポンジを満たすように、彼は司祭を悩ませる。

58

喧嘩している二人の兄弟によって分割された王国
それを、武器とブリテンの名を手に入れる。
聖公会の称号は気をつけろということだろう。
夜中に驚いて(もう一人は)、フランスの空気に導かれる。

59

二度立てられ、二度投げ落とされる。
東洋は西洋を弱体化させることにもなる。
その敵は何度かの戦いの後
海を追われ、いざという時に失敗する。

60

ガリアで最初に、ルーマニアで最初に
陸と海を越えて、イギリスとパリに対抗する。
その大軍の驚異的な活躍。
それは、野獣はロレーヌを失う。

61

決して日の光の啓示によって
笏を持つ者の印を得ることはできない。
彼のすべての包囲網が休まるまで。
コックに武装した軍団の贈り物をもたらす。

62

聖なる神殿が略奪されるのを見るとき、人は
ローヌの最も偉大な者たちが神聖なものを冒涜している。
彼らのために、非常に大きな疫病が現れるだろう。
王は不当であるが、彼らを非難しない。

63

姦夫が一撃も受けずに傷ついたとき
恨みから妻と息子を殺してしまう。
妻は倒され、子は絞め殺される。
8人の捕虜を捕らえて、手の施しようがないほど窒息させる。

64

島々に運ばれた幼児たち。
七人のうち二人は絶望に陥るだろう。
土の者はそれによって支えられるだろう。
『スコップ』の名を奪われ、盟約者の希望は失敗する。

65

本命に失望した老人。
彼は、その帝国の指導者になる。
20ヶ月間、彼は強大な力で支配を続けるだろう。
暴君は残酷で、より悪いものに道を譲る。

66

D.M.の文字が発見されたとき
古代の洞窟の中で、ランプによって明らかにされる。
ロー、王、ウルピアン王子を試した。
女王と公爵は隠れてパビリオンにいる。

67

パリ、カルカソン、フランスは大いなる不調和のうちに破滅する。
どちらかが選ばれるわけでもなく、どちらかが選ばれるわけでもない。
フランスは民衆の愛と善意を得ることができる。
フェラーラ、コロンナ大いなる保護。

68

老いた枢機卿は若い枢機卿に欺かれる。
彼は武装を解除され、自分の立場を失っていることに気づくだろう。
アルル、二重人格を悟られてはならない。
液状化も王子の防腐も。

69

若い人の横に、年老いた天使が倒れる。
そして、最後には彼の上に立ち上がるようになる。
10年後、老人は再び倒れる。
3人のうち2人と1人は、8番目の妖精である。

70

彼は、邪悪な、不快な、悪名高い、入るだろう。
メソポタミアを支配している。
姦淫の女に作られたすべての友人たち。
その地は恐ろしくて、黒々とした様相を呈している。

71

占星術師の数が非常に多くなる。
彼らは追い出され、禁止され、その本は検閲されるだろう。
1607年、神聖な集会によって
そうすれば,誰も聖なるものから安全でなくなる。

72

なんとペルージャの戦場で大敗を喫し
ラヴェンナのすぐそばで争う。
彼らが祝祭を祝うときの聖なる一節。
征服者は馬肉を食べるために追放された。

73

王は蛮族の兵士に殴られる。
不当にも、死と隣り合わせに。
貪欲な者は、その行為の原因となる。
謀略者、大いなる後悔の中にある領域。

74

ある王が新天地のはるか彼方に入り
臣下が彼を歓迎しに来るのに
彼の裏切りは、そのような結果を招くだろう。
市民にとっては、祭りではなく、接待である。

75

親子で殺される。
指導者は自分のパビリオンの中にいる。
トゥールの母は息子で腹を膨らませる。
彼女を、緑色の胸に、小さな紙片を。

76

イギリスでは王というより肉屋。
無名の身分に生まれた者は、力によって帝国を手に入れる。
信仰もなく、法律もない臆病者で、国土を血で染めるだろう。
彼の時代は、私がため息をつくほど、近づいている。

77

反キリストはすぐに3人を消滅させる。
彼の戦争は27年続くだろう。
不信心者は死に、捕らわれ、追放される。
血、人体、水、赤いあられが大地を覆っている状態で。

78

舌のねじれた幸運の兵士が
神々の聖域にやってくるだろう。
彼は異端者に門戸を開くだろう
そして、戦闘的な教会を立ち上げる。

79

剣によって父を失い、尼僧院で生まれた者。
このゴルゴンの血の上に、新たに妊娠するのだ。
見知らぬ土地で、彼は沈黙するためにあらゆることを行うだろう。
自分も子供も焼かれる者。

80

罪のない人々の血、未亡人と処女。
大いなる赤いものによって犯された多くの悪を
燃え盛るロウソクの上に置かれた聖なる像。
恐怖に怯え、誰も動くのを見かけない。

81

荒れ果てた新帝国
それは北極から変更される。
シチリア島から、このような問題が起こるだろう。
フィリポに服属する企業を悩ませることになる。

82

細くて背が高く、乾燥していて、良い付き人を演じている。
結局は解雇されるだけである。
襟元には鋭い毒と文字。
彼は危険に逃げ込むところを捕らえられる。

83

ザラ港を出港した最大の帆。
ビザンティウムの近くで、その事業を実行することになります。
敵も味方も失うことはないだろう。
三分の一は、大きな略奪と捕獲をもって、両方に牙をむくだろう。

84

パテルノはシチリアからその叫びを聞くだろう。
トリエステ湾でのすべての準備。
それはシチリア島まで聞こえるだろう
逃げろ、逃げろ、帆を張れ、恐ろしい疫病神が!

85

バイヨンヌとサン・ジャン・ド・ルスの間
それは、火星の岬に置かれる。
北のハニックスに、ナナールは光を取り除くだろう。
そして、助けもなくベッドで窒息死する。

86

エマニ、トロサ、ヴィルフランシュを経て
アドリアンの山々を抜けると、無限の帯がある。
川を通り、橋のための桟橋の上にCambat。
バイヨンヌはビゴレを泣いてばかり入る。

87

謀殺された死は、その効力を発揮する。
罪状が与えられ、死の航海に出る。
選ばれ、創られ、受け止められ(その後)信者に敗れる。
無垢の血を前にして自責の念に駆られる。

88

サルデーニャに高貴な王がやってくる。
その人は、王国を3年間だけ支配する。
彼は自分自身と一緒にいくつかの色に参加します。
彼自身は、嘲弄の後、ケア甘やかしの眠り。

89

叔父の手に落ちないようにするために
統治するために自分の子供を虐殺した人。
民衆を喜ばせ、ペロンクルに足をかける。
死んで鎧馬の間に引きずり込まれる。

90

十字架の者たちは、その感覚を悩ませているのを発見される。
神聖なものの代わりに角の生えた雄牛を見ることになる。
その時、処女を通して豚の居場所が埋められる。
王によって秩序が保たれなくなる。

91

ローヌの野に入る
十字架の者たちがほぼ一体化しているところ。
魚座で出会う二つの国
そして、多くの者が洪水によって罰せられました。

92

王国から遠く離れ、危険な旅に出された。
大軍を率いて、それを自分のものにする。
王は民を捕らえ、人質とする。
彼は帰国後、国中を略奪することだろう。

93

7ヶ月間、いやそれ以上、彼は司祭の職を務めることになる。
彼の死によって、大きな分裂が起こるだろう。
7ヶ月間、別の者がヴェネチア近郊で司教として活動する。
平和と結合が生まれ変わる。

94

大切な人が滅ぼされた湖の前で
7ヶ月の間、彼の軍隊は敗退した。
スペイン人はアルバによって壊滅的な打撃を受けることになる。
戦闘を与えるのが遅れることによって、損失が発生する。

95

誘惑者は溝に入れられ
しばらく縛られることになります。
学者は十字架で長者に加勢する。
鋭い右腕は、満足した者を引きつけるだろう。

96

実のない不毛なシナゴーグ。
それは異教徒に受け継がれる。
バビロンの迫害された(人の)娘。
惨めで悲しい、彼らは彼女の翼を切り取るだろう。

97

ヴァールの終わりに、大国が変わる。
堤防の近くで三人の美しい子供が生まれる。
年頃の民に破滅をもたらす。
国では王国がより成長し変化するのが見られる。

98

教会の男たちの血が注がれ
水のように豊富な(量)。
長い間、それは抑制されることがない。
災い、災い、聖職者の破滅と悲しみのために。

99

三人の現世王の力によって
聖なる座は別の場所に置かれる。
肉体と精神の実体が
復活し、真の座として迎えられる。

100

流された膨大な数の涙によって
上から下へ、下から上へ。
信仰心の強すぎるゲームによって、命が失われる。
大いなる欠乏によって渇き死に至ること。

[編集]

  1. Loron : オロロン(Oloron, 現在のオロロン=サント=マリー Oloron-Sante-Marieの一部)の語頭音消失。
  2. Pamplon : これは 1568年b版(下記参照)と1590年カオール版でのみ見られる。それ以外のほぼ全ての版で "Pampon"(語義未確定)。
  3. w:ミシェル・ノストラダムス師の予言集#百詩篇第8巻43番も参照のこと。
  4. semeについて、レオニは古フランス語の「弱者」か、セーヌ川(Seine)の誤記と推測している(Leoni [1982])。ラメジャラーはet semeをessainと捉え「アンボワーズから集団が」と読んでいる(Lemesurier [2003])。
  5. Devant Boni : 1568年版では四行目は途切れている。1791年アヴィニョン版などには「ボニウの前へと戦争をなくしに来るだろう(Devant Bonieux viendra la guerre esteindre)」と書かれている。

翻訳に関する情報[編集]

  • 底本はLes Prophéties de M. Michel Nostradamus, Benoist Rigaud, Lyon, 1568
    • この版は刊行年を変えないまま何度も再版されたらしく、同じ「1568年版」でも版によって原文に食い違いのあることが知られている。ここではリヨン市立図書館ショマラ文庫の版(便宜上「a版」とする)を軸とし、他の版の異文についてもある程度注記した。参照した1568年版は以下の通り。
      • スウェーデン・ストックホルム王立図書館所蔵(便宜上「b版」とする)
      • スイス・シャフハウゼン州立図書館所蔵(同「c版」とする)
      • フランス・アルボー博物館所蔵(同「d版」とする)
    • 明らかな誤植は後の版に基づいて読み替えた。誤植と断言しきれない場合は、原文どおり訳し、注記の形でレオニやラメジャラーの読み方を紹介した。
  • 翻訳者はウィキソースユーザーのsumaru。
  • 参考文献の一覧はミシェル・ノストラダムス師の予言集にある。