百詩篇第3巻

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミシェル・ノストラダムス師の予言集>百詩篇第3巻


1

戦闘、海戦の後。
偉大なるネプチューンはその最高の鐘楼で
赤い敵は恐怖で青ざめる
大海原を恐怖に陥れる。

2

神の言葉は、置換に与えるだろう。
天と地を含み、神秘的な乳の中に隠された黄金。
身体、魂、精神はすべての力を持つ。
その足元には天が見えるほど。

3

火星と水星、そして銀が結合している。
南方の極度の旱魃の方へ。
アジアの奥地では、大地が震動していると言うだろう。
コリント、エペソはその時、困惑している。

4

それらが接近するとき、月のものは失敗する。
互いに大きくは離れていない。
寒さ、乾燥、辺境への危険。
神託が始まったところでも。

5

二大光の失敗が近い、遠い
4月から3月にかけて発生する。
ああ、なんという損失だろう!しかし、二人の偉大な気立ての良い者たちが
陸と海によって、すべての地域を救済する。

6

閉ざされた神殿の中に、雷が入り込む。
砦の中の市民は傷つきました。
馬、牛、人、波が城壁に触れる。
飢饉、干ばつ、弱者の武装の下で。

7

逃亡者たちよ、空から矛に火を。
鴉がはしゃぐそばで争う。
陸からは、援助と天の救いを求めて叫ぶ。
戦闘員が城壁の近くに来るとき。

8

チンブリ族は隣国と一緒になって
スペインのほとんどを荒らしに来るだろう。
ギエンヌとリムーザンに集う民は
同盟を結んで、彼らと一緒に行動することになる。

9

ボルドー、ルーアン、ラ・ロシェルの3都市が連携し
大洋の海を囲むようにする。
イングランド、ブルターニュ、フランドル同盟
ロアンヌまで追撃する。

10

血と飢餓の大災難。
7回、海辺に接近する。
モナコは飢えから、場所は捕らえられ、捕虜となる。
金属製の檻の中でカクカクと導かれる大物。

11

長い間、空で戦うための腕。
街の真ん中にある木が倒れた。
聖なる枝は切り取られ、鋼鉄は火の粉にさらされる。
そして、「アドリア」の君主は倒れた。

12

エブロ川、ポー川、テージョ川、テベレ川、ライン川がふくらんでいるせいで
また、ジュネーヴとアレッツォの池のせいで
ガロンヌの二大首長と都市。
奪われ、死に、溺れ、人間の戦利品を分け合った。

13

アーチの中の稲妻によって金銀が溶かされる。
二人の捕虜のうち、一人がもう一人を食べることになる。
その都市の最も偉大な者が引き伸ばされる。
水没すれば、艦隊は泳ぐだろう。

14

勇ましい人物の枝を伝って
最下層のフランスで、不幸な父親のために
栄誉、富、老後の労苦。
単純な男の忠告を信じたからである。

15

王国は、心、活力、栄光を変えるだろう。
すべての点で、その敵が反対している。
そして、死によってフランスは幼年を服従させる。
その時、偉大な摂政はより反感を買うだろう。

16

イギリスの王子マルクが天心に
豊かな財産を追い求めるようになる。
二つの決闘のうち、一つは彼の胆に突き刺さるだろう。
彼に嫌われ、母に愛される。

17

アヴェンティン山は夜になると燃えるのが見える。
フランドル地方の空は突然暗くなる。
君主が甥を追いかけるとき。
その時、教会の人々は不祥事を起こすだろう。

18

かなり長い雨のミルクの後。
ランスのいくつかの場所で、空が触れた。
残念なことに、彼らの近くでは血なまぐさい殺人が準備されている。
父と子、王は近づく勇気がない。

19

ルッカでは、血とミルクの雨が降るようになる。
大司教が交代する少し前。
大疫病と戦争、飢饉と干ばつが目に見えるようになる。
遥か彼方の王子と学長が死ぬ場所。

20

大河グアダルキビルの地方を経て
イベリア半島の奥地、グレナダ王国まで
マホメット民族に打ち返された十字架
コルドバの一人が国を裏切る

21

アドリア海に面したコンカで
恐ろしい魚が現れるだろう。
顔は人間で、その先は水生。
釣り針を使わずに取ることができる。

22

6日間、都の前で行われた攻撃。
戦いは強く、厳しいものが与えられる。
三人はそれを降伏させ、彼らに赦免される。
残りの者は火にかけられ,血まみれの切り裂きにされる。

23

フランスよ、もしリグーリア海を超えたら
あなたは、島や海に閉じこもるのを見るだろう。
マホメットは、アドリア海に反対している。
馬や驢馬の骨をかじることになろう。

24

事業における大混乱。
人を失い、無数の財宝を失う。
これ以上、拡大しない方がいい。
フランスよ、私の言うことをよく覚えておいてください。

25

ナバラ王国に到達する者は
シチリアとナポリが合流するとき
フォワとオロロンでビゴールとランドを支配し
スペインと密接な関係を持つ者から。

26

彼らは王と王子の偶像を用意する。
占い師と空虚な予言者が昇天した。
角、金の勝利、紺碧の眩しさ。
予言者たちは解釈する。

27

西側で力を持つリビアの王子
アラビア語でフランスを大いに煽るようになるのだろう。
文字に詳しい彼は、慇懃に
アラビア語をフランス語に翻訳する。

28

土地は弱く、親は貧しい。
駒と平和を経て、彼は帝国に到達するのです。
長い間、若い女性が統治することになる。
これほど悪い者が王国に現れたことはない

29

多様な場所で育った二人の甥っ子。
海戦、陸戦、倒れた父たち。
戦争をすることで、非常に高く評価されるようになる。
仇を討つために、敵は屈服した。

30

戦いの行為において、鋼との闘いの間にある者は
自分よりも偉大な者から賞を持ち去るだろう。
夜には六人がその恨みを寝床に持ち帰るだろう。
鎧のない彼は突然に驚くだろう。

31

メディア、アラブ、アルメニアの野で、
2つの大軍が3度会戦するだろう。
アラクスAraxes)の河岸近くで
大スレイマンの軍団が地に堕ちるだろう。

32

アキテーヌの人々の大きな墓
トスカーナ地方に接近する。
火星がドイツの隅にあるとき
そしてマントゥアン人の土地に。

33

狼が入り込む街で
そのすぐ近くに敵がいる。
外国の軍隊は大国を滅ぼすだろう。
友は城壁とアルプス山脈を通過する。

34

その時、日食が起こる。
怪物は一日中見ることができる。
そうでなければ、人はそれを解釈できないだろう。
高値は無防備に、誰もそれを予見していないだろう。

35

西ヨーロッパの最深部より。
貧しい人々から幼い子供が生まれるだろう。
彼はその舌で大軍を誘惑する。
その名声は東方の領域に向かって高まる。

36

死んだのではなく埋められた癲癇。
彼は手が食べられているのが発見されるだろう。
その時、町は異教徒を非難する。
彼は、彼らの法律を変えたと思われた人。

37

襲撃前の演説。
ミラノは欺瞞的な待ち伏せによって鷲に奪われた。
古代の城壁は大砲で打ち壊された。
戦火と血の中で、四分の一を与えられた者はほとんどいない。

38

ガリア人と異国人
山の向こうで、死んだり、捕まったり、殺されたり。
逆の月、近い年代の時間帯に
諸侯が一致団結して描いたものである。

39

三ヶ月の間に七人が合意して
アペニンアルプスを征服するために。
しかし、大嵐と臆病なリグーリア人が
突然の廃墟と化した彼らを破壊する。

40

大劇場は再び設置されることになる。
賽は投げられ、罠が仕掛けられる。
あまりに多くの最初の者が死の鐘に疲れ果てるようになる。
すでに長い年月を経たアーチに倒される。

41

ハンチバックが評議会で選出される。
地上では見たこともないような醜い怪物。
意思を持った一撃が彼の目を破壊するだろう。
王への裏切り者は、忠実な者として受け入れられる。

42

口の中に2本の歯がある子供が生まれる。
トスカーナで雨が降ると石が降ってくる。
数年後には、小麦も大麦もなくなる。
飢えで気絶する者を満足させるために。

43

タルン、ロット、ガロンヌ地方の人々
アペニン山脈の通過に注意する。
ローマとアンコーナの近くにあなたの墓がある。
黒髪の縮れひげにはトロフィーが設置されていることだろう。

44

人間に飼いならされた動物が
大いなる苦悩と跳躍の末に、言葉を発するようになる。
処女への雷は非常に有害であろう。
地上から取り出され、空中に吊り下げられている。

45

五人のよそ者が神殿に入った。
彼らの血はこの地を汚染するようになる。
トゥールーズ人にとって、それは非常に厳しい例となるだろう。
かれらの法を滅ぼすために来た者の。

46

プランカスの町の)空は,わたしたちに警告を発している。
明確なサインと恒星を通して
その急変の時期が近づいていることを。
その善も悪もない。

47

王国を追われた老君は
東洋に助けを求めに行くだろう。
十字架を恐れて旗をたたむ。
港と陸路でミティリーンに向かう。

48

700人の捕虜が乱暴に縛られている。
くじ引きで殺されるのは半数。
手近な希望はすぐにやってくる
しかし、十五の死ほど早くはない。

49

ガリア王国、あなたは大きく変わるだろう。
帝国は異国の地に移される。
他の習慣や法律の中に置かれることになるだろう。
ルーアンとシャルトルは、あなたにとって最悪の事態を引き起こすだろう。

50

大都会の共和国
大いなる厳しさに同意したくはないだろう。
王はラッパで呼び出され、外に出る。
城壁の梯子、都は悔い改めるだろう。

51

パリは大虐殺を謀る
ブロワはそれを完全に実行に移させる。
オルレアンの者たちは、自分たちの長を取り替えたいと思うだろう。
アンジェ、トロワ、ラングルは、彼らに対して悪事を働くだろう。

52

カンパニアでは、非常に長い雨が降るだろう。
アプリアでは非常に大きな干ばつ。
鶏は鷲を見るだろう、その翼は貧弱である。
ライオンによって、それは極限状態に置かれるだろう。

53

最も偉大な者が賞を持ち去るとき
ニュルンベルク、アウグスブルク、バーゼルのもので
ケルンを経て、フランクフルトの長を奪還し
彼らはフランドルを通ってガリアに入る。

54

最も偉大な者の一人はスペインに逃げるだろう
その後、長い傷で血を流すことになる。
軍隊は高い山々を越えて
すべてを壊滅させ、そして平和に君臨する。

55

一眼がフランスに君臨する年。
宮廷は非常に不愉快なトラブルに見舞われるだろう。
ブロワの大公が友人を殺す。
王国は危害と二重の疑惑にさらされる。

56

モントーバン、ニスム、アヴィニョン、ベジエ。
マルスを追ってペスト、雷、雹。
パリの橋、リヨンの壁、モンペリエ。
六百七点三組の後。

57

7回、イギリスの国が変わるのを見ることになる。
290年の間に血に塗られた。
ゲルマン人の支持を全く受けない自由。
牡羊座は彼の「バスタルニア」ポールを疑っている。

58

北欧の山々からライン川の近くに
遅すぎた人々の偉大な一人が生まれるだろう。
サルマティアとパノニアを守る者。
人は彼の身に何が起こったかを知ることはないだろう。

59

蛮族の帝国は第三代に簒奪された。
その血の大部分は、彼が死に至らしめるだろう。
老人性の死によって、4人目は彼に打たれた。
血の通った者が死なないようにと恐れてのことである。

60

全アジア(小国)において、大宣教命令。
ミシア、リュキア、パンフィリアでも。
赦免のために血が流される
重罪に満たされた若い黒人のために。

61

十字軍の大軍団と宗派は
メソポタミアで整列される。
近江の軽便隊。
このような法律が敵に通用することを。

62

閉ざされたチリア海沿いのドウロ付近。
彼はピレネーの大山脈を突き破りに来るだろう。
片手は彼の冒頭のグロッソを短く。
彼はカルカッソーネにその痕跡を導くだろう。

63

ローマ帝国の権力は徹底的に弱体化する。
偉大な隣人の足跡をたどる。
隠された市民の憎悪と論争が
バカ騒ぎをするために、その愚行を遅らせる。

64

ペルシャの長は偉大な「オルチャデス」を占拠する。
マホメットの民に対抗する三軍の船団
パルティアとメディアから:そしてキクラデス諸島は略奪された。
イオニアの大きな港で長い休息。

65

偉大なローマ人の墓が発見されるとき。
翌日、教皇が選出される。
元老院で承認されることはほとんどないだろう。
毒され、聖なる聖杯の中に彼の血が。

66

オルレアンの偉大な廷吏が死刑にされる
血に飢えた者が復讐するのだ。
彼は自業自得で死ぬことはなく、また偶然でもない。
彼は足と手によって貧弱な捕虜にされた。

67

哲学者の新しい宗派
死も金も名誉も富も軽んじる。
ドイツの山々に接することはないだろう。
彼らに従うには、権力と群衆が必要である。

68

スペインとイタリアの指導者なき人々
半島の中で死んで、克服される。
彼らの独裁者は、無責任な愚かさによって裏切られた。
緯度のいたるところで血の海を泳いでいる。

69

青年が率いる大軍。
敵の手に身を委ねるようになるのです。
しかし、半豚の間に生まれた老人は
彼はБlonとMБconを友達にさせるだろう。

70

イギリスを含むグレートブリテン
水によって非常に高く氾濫するようになる。
新オーソニア同盟は戦争を起こすだろう。
そうすれば,かれらはかれらに対して努力するようになる。

71

長い間包囲されていた島々の人々は
敵に対して強力な力を発揮するだろう。
外の者は飢餓に打ちひしがれて死ぬ。
かれらはかつてないほど大きな飢餓に陥る。

72

善良な老人が生きたまま埋められた。
冤罪で大河の近くに。
富によって高貴になった新老人。
身代金として全財産を道中で捕らえた。

73

障碍者が王国に到達するとき
競争相手のために、彼は私生児に近いものを持つことになる。
彼と王国は非常に不潔になる。
彼が回復する前に、それは遅すぎるだろう。

74

ナポリ、フィレンツェ、ファエンツァ、イモラ。
彼らはそのような不一致の条件になる。
ノーラの惨めな姿に歓喜するように
その長を馬鹿にしたことを不満に思っている。

75

ポー、ヴェローナ、ヴィチェンツァ、サラゴサ。
遠くの剣から血に濡れた土地。
大いなる疫病は大貝とともにやってくる。
救援は近く、救済は非常に遠い。

76

ゲルマニアに様々な宗派が生まれるだろう、
幸運な異教徒たちに近づきつつ。
囚われた心とわずかな収入。
真の十分の一税を払うことへと戻り来るだろう。

77

白羊宮に含まれる第三の気候帯で、
千七百二十七年十月に、
ペルシャの王がエジプト人たちに囚われる。
紛争、死、損失。十字架にとって大きな恥辱。

78

スコットランドの長、ドイツの6人と
東洋の船員を捕虜にする。
彼らはジブラルタルとスペインを通過する。
ペルシャで恐るべき新王のためにプレゼントする。

79

鎖を通した宿命的な常住の秩序
一貫した秩序によって回転するようになる。
マルセイユの鎖は断ち切られる。
都市が奪われ、同時に敵も奪われる。

80

価値ある者が英国領から追い出される。
怒りのままに顧問を火刑に処す。
彼の信奉者たちは身を隠すために卑屈になり
私生児は半分受け取られることになる。

81

恥知らずで、大胆な大ボラ吹き。
彼は軍の総督に選ばれるだろう。
彼の主張の大胆さ。
橋は壊れ、都は恐怖で気絶する。

82

FrИjus、Antibes、Nice周辺の町。
彼らは海によって、陸によって徹底的に荒廃させられるだろう。
イナゴは陸から、海から......好都合な風が吹く。
捕らえられ、死に、縛られ、戦法によらず略奪される。

83

ケルト・ガリアの長髪が
外国に伴われ
アキテーヌの民を捕虜にする。
彼らの策略に屈したからだ。

84

大都会は徹底的に破壊されるだろう。
住民のうち、一人もそこに残らないだろう。
壁、性、神殿、処女は蹂躙される。
剣、火、疫病、大砲によって、人々は死ぬだろう。

85

欺瞞と策略によって奪われた都市。
ハンサムな若者の手によって取り込まれる。
オード川付近でロビネに襲われる。
徹底的に騙されたため、彼も皆も死んでしまった。

86

オーソニアの族長がスペインに行き
海路、マルセイユに立ち寄る。
彼は死ぬ前に、長い間留まっている。
彼の死後、人は大きな驚きを見るだろう。

87

ガリア艦隊よ、コルシカ島に近づくな。
サルデーニャ以下は、後悔することになる。
お前たちは皆、岬の助けで挫折して死ぬだろう。
お前たちは血の中を泳ぐことになる、捕虜のお前たちは私を信じないだろう。

88

バルセロナから海路で非常に大きな軍隊がやってくる。
マルセイユは恐怖に震え上がるだろう。
海によって遮断された島々の助けを得る。
あなたの裏切り者は陸を泳ぐだろう。

89

その時、キプロスは挫折する。
エーゲ海の者たちによって救済される。
老人は虐殺され、しかし演説と懇願によって
彼らの王は誘惑され、女王はさらに憤慨した。

90

ヒルカニアの偉大なサテュロスとタイガー。
海の民に贈る贈り物。
艦隊の長がカーマニアから出航する。
ティレン・フォーカイーン」に上陸する者。

91

長い間枯れていた木。
一夜にして再び緑を生やすようになる。
クロニア王は病み上がりで、内反足の王子。
敵に恐れられている彼は、その帆を縛ることになる。

92

世界は最後の時期に近い。
遅れたサトゥルヌスが今一度戻ってくるだろう。
帝国はブロドの国[1]の辺りに移し変えられ、
眼はオオタカによってナルボンヌで刳り貫かれる。

93

アヴィニョンでは全帝国の首領が
荒れ果てたパリに向かう途中で立ち寄ることになる。
ハンニバルの怒りを「トリカスト」が抑える。
リヨンはその変化への慰めに欠けるだろう。

94

もはや500年以上考慮されることはない[2]
その時代の誉れであったその人は。
そして突然、大きな光が与えるだろう、
その世紀を通じて、彼らを大変満足させることを。

95

モアの法則が衰退していくのがわかるだろう。
より魅惑的な別のものの後に。
ドニエプル川が最初に道を譲るだろう。
贈り物と舌を通じて、より魅力的な別のもの。

96

フォッサノの族長は喉を掻き切られ
ブラッドハウンドとグレイハウンドのリーダーによって。
その行為はタルペイ岩のものによって実行される。
獅子座の土星 2月13日

97

新天地を占拠する新法
シリア、ユダヤ、パレスチナ方面へ。
蛮族の大帝国は崩壊へ。
月が一周する前に

98

二人の王家の兄弟が激しい戦争を繰り広げるだろう
二人の間の戦争は死闘となり
どちらも強い場所を占拠することになる。
彼らの大喧嘩は領域と生命を満たすだろう。

99

アレインとヴェルニューの草原で
デュランスに近いリュブロン山脈の。
両軍の争いは非常に鋭くなるだろう。
メソポタミアはフランスで失敗する。

100

ガリア人の中で最後に誉れ高き者。
敵の男に勝利するのだ。
武力と陸地は一瞬にして探索される。
嫉妬深い者が矢を射られて死ぬとき。

[編集]

  1. nation Brodde : Broddeは Ebrodunum(現在のEmbrun)の縮約形か(Brind'Amour[1996], Lemesurier [2003])。当時その町はサヴォワ公国に含まれていた。
  2. 文脈上、1668年版のようにneを補って読んだ。

翻訳に関する情報[編集]

  • 底本はLes Prophéties de M. Michel Nostradamus, Macé Bonhomme, Lyon, 1555
    • 明らかな誤植は後の版に基づいて読み替えた。誤植と断言しきれない場合は、原文どおり訳し、注記の形で、ブランダムールやラメジャラーの読み方を紹介した。
  • 翻訳者はウィキソースユーザーのsumaru。
  • 参考文献の一覧はミシェル・ノストラダムス師の予言集にある。