田中義一内閣総理大臣の辞表

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search
原本

臣 義一

曩ニ大命ヲ奉ジテ内閣總理大臣ノ任ヲ叨リニシ夙夜競業トシテ輔弼ノ重責ヲ全フセンコトヲ冀ヒ陛下ノ稜威ニ頼リテ内外ノ政務ニ當リ聊カ献替ノ微衷ヲ効シ以テ今日ニ逅ベリ惟フニ輓近國事多端ニシテ外ニ隣邦ノ擾亂屢累ヲ我ニ及ボシ内ニ人心動モスレバ安定ヲ缺キ思想ノ動揺頗ル憂慮スベキモノアリ臣閣僚ヲ督シテ劃策ニ努メ幸ニ機冝ヲ制シテ國威ノ宣揚皇化ノ普潤ニ過誤ノ施措ナキヲ得タルモノ一ニ陛下至仁盛徳ノ餘光ニアラザルナシ感激何ゾ任ヘン然ルニ會々滿洲ニ於ケル爆破事件ニ關聯シ輔弼ノ重責ニ顧ミテ恐慴措ク所ヲ知ラズ茲ニ謹テ闕下ニ伏シテ臣ガ現職ヲ解カレンコトヲ奏請ス願クハ聖鑒ヲ垂レサセラレンコトヲ臣屏營怖慴ノ至ニ勝ヘズ恭シク表ヲ奉ジ以聞ス

 昭和四年七月二日

    内閣總理大臣兼外務大臣拓務大臣男爵  田中 義一

著作者は1929年に亡くなっているので、この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後50年以下(団体著作物にあっては公表後又は創作後)である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。