火星人の体型に関する詳細

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


これらの体型について、批判的な評価を下すことは、決して無益なことではない。

例えば、アメリカの雑誌に描かれた別の種類の火星人を例に挙げる。この絵は、火星の住人を最も科学的に再現しているように見せかけているところが興味深い。

その中で、何よりも目を引くのは背格好である。火星の重力が小さいと仮定すると、火星人の身長は人間の2倍程度と、非常に高いはずだというのが、ほとんどの作家の意見である。

しかし、この推論にも論理的な間違いがある。火星人の背の高さを支持する人たちは、重力が小さいことから、火星での生物の強さは地球と同じであることを議論の余地のない立場の一つとして認めているのである。しかし、そうでない場合もある。もし、地球の植物や人間の子供の種が火星で育つとしたら、地球の生命力の「電荷」は、重力の抵抗が少ないので、当然、より高い「芽」を出すことができるだろう。しかし、火星の一般的な生命条件と密接に関係する火星人の成長過程は、もっと緩慢で遅いかもしれない[5])。この場合、火星人の成長は地球人より高くなるのではなく、むしろ低くなり、人間の身長と地球の大きさの比率に近づくことになる。火星人の横方向の寸法は、地球の半分よりやや大きい。

また、火星の大気は希薄であるため、肺での空気の入れ替えが激しく、むしろ鼻を短くし、鼻孔を大きくして空気を取り込む必要がある。

同じ長さの地球上でも、ピグミーの部族がいるのだから。どうやら、重力の力は成長にとって決定的なものではないらしい。

また、火星人に伸縮自在の覗き眼鏡のような目を持たせる正当な理由はほとんどない。陸上の動物や人間の目の装置を研究すると、「焦点合わせ」の作業は目自体で行われていることがわかる(目のレンズが特殊な筋肉によって表面の曲率を大きくする能力)。"チューブ "はこの作業を阻害するだけである。さらに、サルからヒトへの進化を調べると、頭蓋骨の形状の変化はかなり大きいものの、目が主眼窩から大きく「突出」する方向に発達していることに気がつく。

耳介が大きく発達しているのは、音を伝える力が弱い希薄な大気によるものと思われる。

火星人が足の代わりに鵞足(がそく)のようなものを持っているというのは、かなり疑わしい。確かに火星の土は地球より密度が低いのだが、火星にあるすべての物体の重さは地球の3倍近くもあるのだ。だから、火星人が土の中に落ちないように歩くには、広い足はほとんど必要ないのである。

火星人の胸郭が大きいというのは、科学的に最も正確な認識である。火星の希薄な大気から十分な量の酸素を吸収するためには、肺の容積も大きくなければならず、したがって肺、そして肺とともに胸郭も大きな容積を持たなければならない。平均的な人間の胸囲が79cmであるのに対し、ペルーに住むチョロ族は標高1万2千フィートで胸囲が92cmに達する。

火星人と思われる種類を幻想的に、しかし科学的に考察して描いた作品だ。異常に発達した胸部、口吻のような鼻、蜘蛛の巣のような脚、そして最後に巨大な頭部にある筒状の目は、すべて火星での存在の物理的条件によって正当化されるとされる。火星人の手には、火星の土を砕くための奇妙な道具が握られている。図面の中央には、火星人と比較するために、地球の住人である人間が描かれています。身長や体の部位の比率など、火星人と比較してみよう。

しかし、ここでも注意しなければならないのは、火星人に大きな胸を持たせることで、火星人の体が人間と同じ量の酸素を吸収しなければ生命を維持できないと仮定して、「擬人化」していることである。生物の適応性は無限であり、火星では異なる条件下で発生した物理・生物学的プロセスが異なる形で進行する可能性があるからだ。

火星人の頭の体積が大きくなっていることだけは、議論の余地がない。猿から人間(ホモ・サピエンス)への進化について、脳の発達と関連して、頭蓋骨の成長が止まらないことを観察することができる。さらにこの道を進むと、200万年後の人間の頭の体積は2倍になっているかもしれない。そして、火星は地球よりずっと古いので、彼らの頭蓋骨の進化はすでにそのような物体に近づいているはずだ。

しかし、アメリカの雑誌は、火星人の頭が大きいというだけで、骨盤が異常に未発達で、出産という自然の摂理を忘れているようである。なぜなら、そのような頭の大きい子を産むには、それに見合うだけの広い骨盤が必要だからだ。確かに骨盤の増大は、頭部の体積の増大に比べるとやや遅れており、動物界で最も出産が困難なのは人間であることもうなずける。人間の骨盤の幅は頭のほぼ2倍(男性約57:90cm、女性約57:98cm)であるにもかかわらず、だだ。逆の比率で、頭部が骨盤の2倍の体積になるとどうなるか......?

いずれにせよ、火星人が存在するならば、この問題をすでに解決しており、私たちに貴重な指針を与えてくれることだろう。

しかし、どうやって彼らへ聞けばよいのだろうか...?

脚注[編集]



この著作物は、1942年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1928年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。