漱石山房の秋

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 よさむの細いわうらいつまさきあがりにあがつてくと、古ぼけた板屋根の門の前へ出る。門には電灯がともつてゐるが、柱に掲げた標札の如きは、ほとんうむさへも判然しない。門をくぐるとじやりが敷いてあつて、その又砂利の上には庭樹の落葉がふんぷんとして乱れてゐる。

 砂利と落葉とを踏んで玄関へ来ると、これもまた古ぼけたかうしどほかは、壁と云はずしたみと云はず、ことごとつたに蔽はれてゐる。だから案内を請はうと思つたら、まづその蔦の枯葉をがさつかせて、ベルボタンを探さねばならぬ。それでもやつとベルを押すと、明りのさしてゐる障子が開いて、そくはつつた女中がひとり、すぐに格子戸の掛け金をはづしてくれる。玄関の東側には廊下があり、その廊下のらんかんの外には、冬を知らないとくさの色が一面に庭をうづめてゐるが、客間のガラス戸を洩れる電灯の光も、今はそこまでは照らしてゐない。いや、その光がさしてゐるだけに、向うののきさきに吊したふうたくの影も、かへつて濃くなつたよひやみの中に隠されてゐる位である。

 硝子戸から客間をのぞいて見ると、あまもりの痕と鼠の食つた穴とが、白い紙張りのてんじようはんぱんとまだ残つてゐる。が、十畳の座敷には、赤いごはづるたんが敷いてあるから、畳の古びだけはぶんみやんではない。この客間の西側(玄関寄り)には、さらさからかみが二枚あつて、その一枚の上にこしよくを帯びた壁懸けが一つ下つてゐる。麻の地に黄色にゆりのやうな花をぬひとつたのは、つだせいふう氏か何かの図案らしい。この唐紙の左右のかべぎはには、余り上等でない硝子戸の本箱があつて、その何段かの棚の上にはぎつしり洋書が詰まつてゐる。それから廊下に接した南側には、さつぷうけいてつがうしの西洋窓の前に大きなしたんの机を据ゑて、その上にすずりや筆立てが、しけんの類やほふでふと一しよに、存外行儀よく並べてある。その窓をあました南側の壁と向うの北側の壁とには、ほとんど軸のかつてゐなかつた事がない。ざうたくぼくちくくわうこうの「ぶんしやうせんこのこと」と挨拶をしてゐる事もある。もくあんの「はなひらくばんこくのはる」がごしやうせきもくれんはちあわせをしてゐる事もある。が、客間を飾つてゐる書画は独りこれらの軸ばかりではない。西側の壁にはやすゐそうたらうの油絵の風景画が、東側の壁にはさいとうより氏の油絵のくさばなが、さうして又北側の壁にはめいげつぜんじむげんきんと云ふさうしよよこものが、いづれもがくになつてかつてゐる。その額の下や軸の前に、或はどうへいに梅もどきが、或はせいじに菊の花がその時々で投げこんであるのは、無論奥さんの風流に相違あるまい。

 もし先客がなかつたなら、この客間を覗いた眼を更に次のへ転じなければならぬ。次の間と云つても客間の東側には、からかみも何もないのだから、実は一つ座敷も同じ事である。唯ここは板敷で、中央に拡げたはういつけんあまりのふるじゆうたんほかには、一枚の畳も敷いてはない。さうして東と北のにほうの壁には、新古和漢洋の書物を詰めた、無暗に大きな書棚が並んでゐる。書物はそれでも詰まり切らないのか、ぢかに下のゆかの上へ積んであるかずも少くない。その上やはり南側の窓際に置いた机の上にも、軸だのはふでふだの画集だのが雑然とうづたかり上つてゐる。だから中央に敷いた古絨毯も、四方に並べてある書物のおかげで、はでなるべき赤い色がわづかばかりしか見えてゐない。しかもそのまん中には小さいしたんの机があつて、その又机の向うには座蒲団が二枚重ねてある。どういんが一つ、せきいんふたつ、ペン皿に代へた竹のちやき、その中の万年筆、それからぎよくぶんちんを置いた一綴りの原稿用紙――机の上にはこのほかろうがんきやうが載せてある事も珍しくない。そのまうえには電灯がくわうくわうと光を放つてゐる。かたはらにはせとひばちの鉄瓶が虫の啼くやうにたぎつてゐる。もしよさむが甚しければ、少し離れたガスだんろにも赤々と火が動いてゐる。さうしてその机のうしろ、二枚重ねた座蒲団の上には、どこししを想はせる、脊の低いはんぱくの老人が、或は手紙の筆を走らせたり、或はたうほんの詩集をひるがえしたりしながら、たんぜんと独り坐つてゐる。……

 そうせきさんぼうの秋のは、かう云ふせうでうたるものであつた。


この著作物は、1927年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。