水平社宣言

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

綱領部[編集]

綱領

一、特殊部落民は部落民自身の行動によつて
   絶対の解放を期す
一、吾々特殊部落民は絶対に経済の自由と職業の
   自由を社会に対して要求し以て獲得を期す
一、吾等は人間性の原理に覚醒し人類最高の
   完成に向つて突進す

宣言部[編集]

原文[編集]


 宣言

 全國に散在する吾が特殊部落民よ團結せよ

 長いあひだいぢめられてきやうだいよ、くわはんせいかん種々しゆじゆなる方法はうはふと、おほくの人々ひとびとによつてなされたわれらのめの運動うんどうが、なん有難ありがた效果かうくわもたらさなかつたじつは、それのすべてが吾々われわれによつて、また人々ひとびとによつてつね人間にんげん冒瀆ぼうどくされてゐたばちであつたのだ。そしてこれ人間にんげんいたはるかのごと運動うんどうは、かえつておほくのきやうだいらくさせたことおもへば、此際このさいわれうちより人間にんげん尊敬そんけいすることによつてみづか解放かいはうせんとするもの集團運動しうだんうんどうおこせるは、むし必然ひつぜんである。

 きやうだいよ、吾々われわれせんいう平等べうどう渇仰者かつがうしやであり、實行者じつかうしやであった。陋劣ろうれつなる階級政策かいきふせいさくせいしやであり、をとこらしき産業的さんげふてきじゆんけうしやであつたのだ。ケモノのかは報酬ほうしうとして、生々なまなましき人間にんげんかはられ、ケモノの心臟しんぞうだいとして、あたたか人間にんげん心臟しんぞうひきかれ、そこへくだらない嘲笑てうせうつばまできかけられたのろはれのあくのうちにも、なほほこ人間にんげんは、れずにあつた。そうだ、そして吾々われわれは、この血をけて人間にんげんかみにかわらうとするだいにあうたのだ。せいしやがその烙印らくいんかへときたのだ。じゆんけうしやが、そのけいくわんしゆくふくされるときたのだ。

 吾々われわれがエタであることほこときたのだ。

 吾々われわれは、かならず卑屈なる言葉とけふなるかうによって、せんはづかしめ、人間にんげん冒瀆ぼうどくしてはならぬ。そうしてひとつめたさが、んなにつめたいか、人間にんげんいたはことんであるかをよくつてゐる吾々われわれは、こゝろから人生じんせいねつひかりぐわん禮讃らいさんするものである。

 水平社すゐへいしやは、かくしてうまれた。

 ひとねつあれ、人間にんげんひかりあれ

大正十一年三月三日

全國水平社創立大會


常用漢字に置換した訂正版[編集]

 宣言

 全国に散在する我が特殊部落民よ団結せよ

 長い間虐[1]められて来た兄弟よ、過去半世紀間に種々なる方法と、多くの人々とによってなされた我等の為めの運動が、何等の有難い効果を齎[2]らさなかった事実は、夫等[3]のすべてが我々によって、又他の人々によって毎[4]に人間を冒涜されていた罰であったのだ。そしてこれ等の人間をいたわるかの如き運動は、かえって多くの兄弟を堕落させた事を想えば、此際[5]我等の中より人間を尊敬する事によって自ら解放せんとする者の集団運動を起せるは、寧[6]ろ必然である。

 兄弟よ、我々の祖先は自由、平等の渇仰者[7]であり、実行者であった。陋劣[8]なる階級政策の犠牲者であり男らしき産業的殉教者であったのだ。ケモノの皮剥ぐ報酬として、生々しき人間の皮を剥ぎ取られ、ケモノの心臓を裂く代価として、暖い人間の心臓を引裂かれ、そこへ下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪われの夜の悪夢のうちにも、なお誇り得る人間の血は、涸れずにあった。そうだ、そして我々は、この血を享[9]けて人間が神にかわろうとする時代にあうたのだ。犠牲者がその烙印を投げ返す時が来たのだ。殉教者が、その荊冠を祝福される時が来たのだ。

 我々がエタである事を誇り得る時が来たのだ。

 我々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦[10]なる行為によって、祖先を辱しめ、人間を冒涜してはならぬ。そうして人の世の冷たさが、何[11]んなに冷たいか、人間をいたわる事が何んであるかをよく知っている我々は、心から人生の熱と光を願求礼賛[12]するものである。

 水平社は、かくして生れた。

 人の世に熱あれ、人間[13]に光あれ

大正十一年三月三日

水平社

脚注[編集]

  1. いじ
  2. もた
  3. それら
  4. つね
  5. このさい
  6. むし
  7. かつごうしゃ
  8. ろうれつ
  9. きょうだ
  10. がんぐらいさん
  11. じんかん