水平社宣言

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:歴史
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

綱領[編集]

  • 特殊部落民は部落民自身の行動によつて絕對の解放を期す
  • 吾々特殊部落民は絕對に經濟の自由と職󠄃業の自由を社︀會に要求し以て獲得を期す
  • 吾等は人間性の原理に覺醒し人類︀最高の完成󠄁に向つて突︀進󠄁す

宣言[編集]

全󠄁國に散在する吾が特殊部落民よ團結せよ。

長い間虐󠄁められて來た兄弟よ、過󠄁去半󠄁世紀︀間に種々なる方法と、多くの人々とによつてなされた吾等の爲めの運󠄁動が、何等の有難︀い効果を齎らさなかつた事實は、夫等のすべてが吾々によつて、又他の人々によつて每に人間を冐瀆󠄂されてゐた罰であつたのだ。そしてこれ等の人間を勦るかの如き運󠄁動は、かへつて多くの兄弟を墮落させた事を想へば、此際吾等の中より人間を尊󠄁敬する事によつて自ら解放せんとする者の集團運󠄁動を起󠄃せるは、寧︀ろ必然である。

兄弟よ、 吾々の祖︀先は自由、平󠄁等の渴仰者︀であり、實行者︀であった。陋劣なる階級政策の犧牲者︀であり男らしき產業的殉敎者︀であつたのだ。ケモノの皮剝ぐ報酬として、生々しき人間の皮を剝取られ、ケモノの心臟を裂く代價として、暖󠄁い人間の心臟を引裂かれ、そこへ下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪はれの夜の惡夢のうちにも、なほ誇り得る人間の血は、涸れずにあつた。そうだ、そして吾々は、この血を享けて人間が神︀にかわらうとする時代にあうたのだ。犧牲者︀がその烙印を投げ返󠄁す時が來たのだ。殉敎者︀が、その荆冠を祝︀福︀される時が來たのだ。

吾々がエタ○○である事を誇り得る時が來たのだ。

吾々は、かならず卑屈なる言葉と怯懦なる行爲によつて、祖︀先を辱しめ、人間を冐瀆󠄂してはならぬ。そうして人の世の冷たさが、何んなに冷たいか、人間を勦はる事が何んであるかをよく知つてゐる吾々は、心から人生の熱[1]と光を願求禮讃するものである。

水平󠄁社は、かくして生れた。

人の世に熱[1]あれ、人間に光あれ。

大正十一年三月 水平󠄁社︀ ─────(裏面を見よ)─────


[編集]

  1. 各府縣水平社ハ水平社ニ加盟シタル各地ノ個人又ハ團體ニ依ツテ組織ス。各二名以上ノ地方委員ヲ選擧スルコト。
  2. 全國水平社本部ハ京都市ニ設置シ地方委員ニ依ツテ中央執行委員長一名、若干ノ執行委員ヲ選擧スルコト。
  3. 中央執行委員長ハ春秋二回ノ大會ヲ司催シ年一度地方委員ヲ全國水平社會議ニ召集スル權能ヲ有ス。
  4. 地方委員ハ臨時全國水平社會議ノ開催ヲ中央執行委員長ニ提議スルコトヲ得。
  5. 地方委員は各選擧者ノ三分ノ二以上ノ信任ヲ缺ク塲合ハ其ノ資格ヲ失ス。
  6. 各地方水平社ハ全國水平社綱領ニ依リ自由ノ行動ヲ取ルコト。
  7. 各府縣地方水平社ノ規約ハ各々任意トス。
  8. 大正十一年三月
    京都府京都市高瀨七條下ル
    全國水平社京都本部
    《假本部》

    決議[編集]

    • 吾々ニ對シ穢多及ヒ特殊部落民等ノ言行ニヨツテ侮辱ノ意志ヲ表示シタル時ハ徹底的糺彈ヲ爲ス。
    • 全國水平社京都本部ニ於て我等團結ノ統一ヲ圖ル爲メ月刊雜誌『水平』ヲ發行ス。
    • 部落民ノ絕對多數ヲ門信徒トスル東西両本願寺ガ此際我々ノ運動ニ對シテ抱藏スル赤裸々ナル意見ヲ聴取シ其ノ回答ニヨリ機宜ノ行動ヲトルコト。

    右決議ス
    大正十一年三月
    全國水平社水平社大會


    脚注[編集]

    1. 1.0 1.1 原文の字体は熱 - U+71B1 variant character.svgである。

    この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


    この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。