民主改革評議会声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

はっきりとしている事は、現段階において政府が、合意が得られず、派閥に分かれ、国の人々が結束する事を知らなくなるという、未だかつてタイの国に起こったことのない問題を生じさせている。派閥という派閥が様々な方法を以て勝利を勝ち取ろうとしているのである。そして阿世のグループが日々増え続け、強硬手段に出ることが多くなった。国民のほとんどが国の国家行政に疑問をもっている中で、それは寛容性のない悪質な行いを示す方向へ行ってしまった。政府の機関、私立の機関が政治に包括されてしまい、王国憲法に制定された精神を履行することができず、問題を生む政治行為、そして様々な事柄に対する障害物となったのである。タイの人々に高々と敬意を表されている国王に対する不敬に次ぐ不敬行為が多々あった。まして社会の多くの部分でお互いが妥協しようと努力する動きがあり、そういう状態が広がりつつあったが、しかし未だ合意が得られない状態を終わらせることができなかった。

この様なとき、民主改革評議会は軍部の責任者とタイ王国警察の責任者を立て、国の政治権力を掌握するに至った。これより今から、民主改革評議会によってこう宣言する。国の公務運営を害する主体として登場してきた意志はない。しかし、速やかに民主改革評議会が掌握した権力をタイ国民に返還するつもりである。平静、そして国の安全保障を保持する。そしてさらにタイ人すべてが敬愛する国王の威光を損ねないないようにする。

仏滅紀元2549年9月19日23時50分布告

(署名)ソンティ・ブンヤラットカリン大将

民主改革評議会首領

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この著作物は、 タイ王国著作権法第1章第1節第7条により次のいずれかに該当する著作物は著作権のある著作物とみなされないため、パブリックドメインの状態にあります。

  1. 文芸、学術又は美術の分野に属する著作物ではない、単なる情報の性格をもつにすぎない時事の記事及び事実
  2. 憲法及び法令
  3. 省、庁その他の政府又は地方機関の規則、準則、告示、命令、説明及び公的回答
  4. 判決、命令、決定及び公的報告
  5. 省、庁その他の政府又は地方機関によって作成された、前記第1項ないし第4項の事項に関する資料の翻訳物及び収集物

この著作物又はその原文は、本国又は著作物の最初の発行地の著作権法によって保護されない著作物であり、保護期間が0年の著作物と見なされるため、日本国においてパブリックドメインの状態にあります。(日本国著作権法第58条及びウィキペディアの解説参照。)


この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、"制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料"が含まれます。

翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。