歴史の嘘

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


歴史的な嘘[編集]

クレタ島の排除は、物理的にも道徳的にもギリシャの国家を弱体化させ、貧困化させます。常に危険にさらされ、当初から、その政府のトップに立つ人物に数え切れないほどの困難をもたらすでしょう。

この忠実で予言的な線は、57年前、ヘレネーの王に選ばれ、ヨーロッパに承認され、在位前に辞任したベルギーのレオポルド王子の手によって引かれたものである。その中には、半世紀を経て、ギリシャを狂気に陥れ、大国に不名誉な態度を押し付けるという二重の結果を招いた、小心で臆病な政策に対する取り返しのつかない非難が含まれています。ヨーロッパの政府が恥ずかしげもなく互いを褒め称え、その決断の賢明さを称賛している今、レオポルド公の散文を読み返し、熟考するのは悪いことではないだろう。1830年、クレタ島の排除が、王になったばかりの男から王としての将来への自信を奪うほどギリシャ国家を不自由にしたとすれば、それは57年間ギリシャがヨーロッパの意思によって不自由に生きてきたからであり、これは特異な責任転嫁なのである。

少なくとも、クレタ島がオスマン帝国の支配下に置かれることに、第一級の利害関係があったのだろうか。ありませんでした。王子はウェリントン公爵に宛てて、「この島をギリシャから切り離すことが、いかにイギリスのためになるかを理解することはできませんが、この措置を指示する秘密の動機は、新しい国家にとって良い予兆ではないと私は心配しています。だから「下心」があったのだ。しかし、ギリシャ人のためにヨーロッパが行った寛大な介入、抑圧された人々に大国が与えたこの崇高な保護は、一体どうなったのでしょうか。

何も残っていないのです。私たちは、不謹慎な歴史の嘘を目の当たりにしているのです。嘘は個人にとって忌まわしいものだが、それが集団的、科学的になると百倍も忌まわしいものになる。幸いなことに、科学の名のもとに、それに対する手段がある。この物語は私たちの身近にある。真実がやがて勝利しないはずがない。文書は非常に多く、説得力があるので、情熱や偏見なしに、ギリシャとの関係におけるヨーロッパの役割を分析しようとする最初の歴史家は、この役割がいかに不愉快なものであるかをすぐに発見することができるだろう。そして、今世紀の人々の心を歪めた最悪の伝説のひとつが、やがて葬り去られることになる。

神聖同盟の君主たちに反乱の知らせが届いたのは、レイバッハ会議でのことだった。アレクサンダーはこの会議に君臨したが、統治したのはメッテルニヒであった。オーストリア公使は、ロシア皇帝に催眠術をかけ、ピョートル大帝とエカテリーナによる伝統的な政策を忘れさせるほどであった。ギリシャ人は勝利を重ね、キリスト教全体に訴え、1822年1月15日のエピダウロス議会で、自分たちの革命は革命ではない、王政を確立したいと宣言した...が、何も起こらなかった。彼らはヴェローナの会議に代表団を送ったが、それは拒否された。コンスタンチノープル総主教の殺害、キオス島とシドニア島の虐殺は、政府を動かしません。彼らは、「ポルトの採用した措置の野蛮さが、革命を自己防衛の性格を持たせていると見て、心から影響を受けた」と、公式派遣のド・ネッセルロデは述べています。これが彼らの大きな関心事なのです 1828年、ニコライ皇帝はオーストリア大使と会談し、「ギリシャ人は正当な主権者に対する反乱を起こした臣民だ」「ギリシャ人が自らを解放することに成功すれば、他の国にとって非常に悪い例となるだろう」と伝える。

1822年6月、プロイセン公使アンシロンが書いた機密メモから、次の一節を読んでみよう。「ロシアがポルトに対抗する戦争は、新しい領地を獲得することでは終わらないだろう...トルコ人をアジアに追い返し、ヨーロッパで三日月に代わって十字架を掲げることにほかならない」。イギリスとフランスは、現在の政策によれば、この結果を望むことはできません。そして、血が流れ、英雄的な闘いが、普遍的な文明の源である神聖な土地で行われている間、内閣は話し合いを続け、手紙を送り合い、「意見を交換」しているのだ。ギリシャ人が「服従した」ときに、どんな「保証」ができるのだろうか。という質問を検討中です。ロシアは、ポルトはキリスト教を尊重する意思を一連の事実によって証明するよう要求される可能性があると答えている。事実の積み重ね! これって、今のイエローブックの細かいところとは違うのでしょうか?

1824年、人々は、死んだと思われていた民衆のこの長い抵抗と、その目覚めがある政治家の唇に微笑みをもたらしたことに驚きを覚え始めた?会談は少し加速し、「ドナウ川のような」ギリシャの3つの公国を作るという素晴らしいアイディアが出された。テッサリア、ボイオティア、アッティカで「東ギリシア」が誕生する。エピルスとアカルナニアは「西ギリシア」を形成することになる。2年前であれば、すぐに和平が成立したことでしょう。しかし、ギリシャの血が自由に流れ、武勇の天才と驚異のヒロイズムが達成された今、バラバラにして臣従するというのは、狂気の沙汰です。ヘレネーの中で誰が死を好まないだろうか。このスルタンの宗主国という考え方は、何よりもヨーロッパが大切にしているものです。ドゥ・ネッセルローデ氏が再び宣言したところです。"ロシアはギリシャの独立を決して認めない ここで「絶対に」というのは語弊があります。そして、その闘いは熾烈を極めている。メヘメト=アリの息子イブラヒムは、エジプト軍を率いて到着したが、残念なことに、フランス人将校が彼らの前で、ギリシャ軍に登録されたフランス人志願兵に出会ってしまった。フランスが正義の声以外の声に耳を傾けたとき、このような事態に陥るのです フランスは、「二重のゲームをしている」とウェリントン公爵は書いている。一方ではエジプト軍の訓練を引き受け、他方ではギリシャ軍を激励している。パリのオーストリア大使は、ドゥ・ビレール氏が政治的ホメオパシーを行っていると書いているが、バイロン卿の故郷であるイギリスはもっとうまくいっているのだろうか?彼女は、すでにイオニア諸島で行使している保護領をギリシャ全土に拡大しようと考えているのだ。これはホメオパシーではありません。オーストリアはというと、トルコに物資を供給し、ギリシャの封鎖を破っている。メッテルニヒ公爵は、「トルコ人の考え方に身も心も入り込んでしまった」とウェリントンは書いている。アバディーン卿は後に、フランスとイギリスが三国同盟を結んだのは「ロシアとポルトの戦争を防止し、ギリシャにロシアだけの影響力が確立するのを防ぐため」だと率直に述べている。

この三国同盟は1827年7月6日に締結されたが、メッテルニヒはこれに参加せず、プロイセンもこれに従った。条約はどうなっているのか?ギリシャ人は宗主国の領主であるかのようにスルタンの権威の下にあり、年貢を納める」と定めている。一方、戦争は止まらなかった。ミソロンギの陥落にもギリシア人は動じなかった。彼らの畑は荒廃し、家は破壊され、周囲には廃墟が積み重なった。それでも彼らは抵抗し、もはやイスラム教でもキリスト教でも軛を望まず、「自由か死か」を求めた。東洋に火を放とうとしている「オスマン帝国の完全性」を保護することを何よりも望む列強は、「軍隊、武器、軍需品の輸送を阻止する目的で軍隊を編成」しなければならないと考え、トルコが抵抗すると、「平和的意図をポルトに保証」しながら、ナヴァランでその艦隊を破壊しました。フランスはモレア地方に下り、トルコはコンスタンティノープルに向かって進軍した。しかし、それは常にオスマン帝国の完全性の名の下に行われ、ナヴァラン以降もギリシャ人はスルタンの臣民とみなされ続けたのであった。1828年11月16日、モレアと群島の島々はヨーロッパの「暫定的な保証の下に置かれた」のである。1897年の今、このおいしい婉曲語法は古びていない。

ギリシア人が独立政府を樹立し、カポ・ディストリアをそのトップに据える。列強は選挙を認めたが、独立は認めなかった。ロンドン会議の代表者たちが「ギリシャ国家を直ちに構成し、その独立を承認することが望ましくないのではないか」と自問したのは、1829年になってからであった。これは素晴らしい。モリエールだ! そして、1830年2月3日、ついにギリシャの独立が承認された。国境という問題が出てきた。エヴィア島をめぐる争いがある。イギリスはトルコのままであるべきだと主張した。アバディーン卿は、「もしトルコがまだ何らかの努力をすることができるのであれば、クレタ島に加えてエビア島を所有することで、ギリシャを支配下に置く手段を確保できるだろう」と書いています。フランスは、テッサリアとマケドニアの一部を含む、カポ・ディストリアが要求した自然な国境を主張した。他の列強の抵抗に打ち勝つことは不可能だったのだ。また、王を探すときにも争いが起きた。ロシアはヘッセン公フィリップを、フランスはバイエルン公シャルルを、イギリスはオレンジ公フレデリックを王位につけると主張した。これが、後にギリシャが大きな被害を受けることになる欧州の干渉の始まりであった。

それ以来、ヨーロッパはギリシャ問題が解決を待っていることを忘れることができず、蜂起はほとんど止まらなかった。まずエピルスとクレタで、1840年の蜂起はイギリス領事によって奨励され、大使によって拒否され、血に塗られた。ロシアの使者によってエピルスとテッサリアで扇動され、フランスによって鎮圧された1854年の反乱は、クリミア戦争中に強者の権利によってピレウスを軍事的に占領したのである。これは1859年から1860年にかけての運動で、ガリバルディをテッサリアに連れてくるという交渉は、イタリア政府によって支援されたが、結局はフォローされなかった。クレタ島をクレタ人に返還したのは1866年から1868年にかけての革命であり、その勝利は確実視されていたので、フランスとロシアはそれを法的に制定しようと考えたが、オーストリアとイングランドの反対により、その計画は実行されなかった...そして、そのすべてを締めくくるために、ギリシャは1877年のトルコ・ロシア戦争で示した知恵に対して、与え、奪い返す集団語によって報われたのである。ベルリン会議第13議定書は、クレタ島に加えてテッサリアとエピルスの半分を保証したが、この議定書はベルリン会議で確認され、実行されることはなかった。トルコはいつものように惰性を見せ、列強はギリシャに圧力をかけ、「理性に訴え」、議会が割り当てた領土に代えて、取るに足らない国境線の修正に同意するよう促したのである。

これが70年も続いているんですからねー。70年間、ギリシャ問題が提起されるたびに、ヨーロッパはその長い背信行為リストに新しい機能を追加してきた。約束を破り、署名を破り、使命について嘘をつき、利己的で、無関心で、冷笑的で、残酷だった...そしてまた、ギリシャに知恵の証明をせっせと求め、誰かがそれに抵抗することに腹を立てているのです。三日月の2つの点には、ヨーロッパの名誉のかけらがかかっています。

しかし、最も驚くべきことは、実は、公式文書や非公式の出版物で事あるごとに言及される、この「認識」である。まるでギリシャの解放はヨーロッパのおかげであるかのようです。ナヴァリーノが1822年に行われたのか、イプシランテの構想は1827年のものであるかのように思えます。ヨーロッパは、4年間の恥ずべき交渉の末にギリシャ人を「救助」に来ただけであり、この時、各国政府は、お互いを妨げ、妨害したいという願望によってのみ団結していたことが忘れ去られている。

ギリシャ人がヨーロッパに対して負っている感謝は、パリ市民が市議会と清掃員に対して負っているものと同じである。

ただ、東洋の泥は、血でできている。

ピエール・ド・クーベルタン

この著作物は、1937年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。