案頭の書

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動



[編集]

 大阪の画工さしゑまじふ。格別きかうしよにはあらざれども、いささふうがはりのおもむきあれば、そのあらましを紹介すべし。

 古今実物語は奇談二十一篇を収む。その又奇談は怪談めきたれども、実は少しも怪談ならず。たとへば「幽霊にぐわつだうごわうをおそるる事」を見よ。

いまにしむらへいゑもんと云へるうとくなる百姓ありけるが、かの家にめし使ふ女、みめかたち人にすぐれ、心ざまもやさしかりければ、あるじの兵右衛門おりおりしのびかよひける。此主が女房、ねたみふかき者なるが、此事をもれ聞きてしんいのほむらに胸をこがし、しもをとこをひそかにまねき、『かの女を殺すべし、よくしおほせなば金銀あまたとらすべし』と云ひければ、この男も驚きしが、元来慾心ふかき者なれば、心安くうけあひける。(中略)しもをんな(中略)なにごころなくあぜづたひにく向うのかた、すすきのかげより思ひがけなく、しもをとこ横だきにしてちちうへなげ入れける。(中略)

「日もせいざんにかたむき、折ふししよぼ/\雨のふるをいとはず、歩きをたのしみにうでこきする男、そがのみやひまゐりここを通りけるに、池の中より『もしもし』と呼びかくる。誰ならんと立ちどまれば、いぜんの女池の中よりによつと出で、『男と見かけ頼み申し度き事あり』と云はせもはてず、こりのしわざか、人にこそより目にもの見せんと腕まくりして立ちかかれば、『いやいやさやうの者にあらず。我はいまにしむらへいゑもんに奉公致すものなるが、しかじかのことにてむなしく成る。あまりになさけなきしかたゆへ、うらみをなさんと一念此身をはなれずこよひかの家にゆかんと思へどあるじつねづね観音を信じ、もんこにぐわつだうごわうを押し置きけるゆゑ、しりやうの近づくことかなはず(中略)牛王をとりのけたまはらば、しやうじやうせぜごおん』と、世にくるしげにたのみける。

「かのものふてきのものなれば(中略)そのところををしへたまへ。のぞみをかなへまゐらせんと、あとにつきていそぎゆく。ほどなく兵右衛門が宅になれば、女のさしづにまかせ、何かはしらず守り札ひきまくり捨てければ、女はよろこび戸をひらき、家へ入るよと見えしがしてゐたる女房ののどにくひつき、難なくいのちをとりて、おもてをさして逃げ出でける。(中略)

「女走りいでゝ(中略)此上ながらとてものことにいづくへなりと連れてゆきたまはれと、背につきはなれぬうち、かないにわかにさわぎ立ち、やれ何者のしわざなるぞ、ちやうちんたいまつと、上を下へとかへすにぞ、以前の男も心ならず足にまかせて逃げゆきしが、思はずもわが家にかへり、(中略)ひとり住みの身なれば、誰れとがむるものもなけれど、幽霊を連れかへりそゞろに気味わるく、『のふ/\のぞみはかなひし上は、いづかたへもゆきたまへ、(中略)』と、心のうちに念仏をとなへけるこそをかしけれ。

「幽霊もしばしはさしうつむきてゐたりしが、(中略)うらめしと思ふかたきをかみころし、一念散ずるときはめいどへもゆくべきに、いまだこのどにとどまることのふしんさよと心をつけて見るに、さして常にかはることもなし。(中略)それより一つ二つとはなし合ふに、いよ/\幽霊にあらざるにきはまりける。(中略)男も定まる妻もなければと、つひだんがふなりてそこを立ちのき、大阪にしるべありてひきこしける。へいゑもんがかたにはかゝることゝは露しらず、本妻とげぢよしゆらくげんをたすけんとごしゆつけがたのかねまうけとなりけるとなり。」

 この話は珍しき話にあらず。すずきしやうざうの同一の怪談を発見し得べし。唯ほくせんはこの話に現実主義的なる解釈を加へ、超自然を自然にほんやくしたり。そはこの話にとどまらず、あんちんきよひめの話を翻訳したる「きしうひだかの女やまぶしを殺す事」も然り、くずの話を翻訳したる、「畜類人とちぎをのこを生む事」も然り。かなわの話を翻訳したる「とぢよきぶねみやうじんに祈る事」も然り。殊に最後の一篇は嫉妬のおににならんと欲せる女、「こはありがたきおつげかな。わがぐわんじやうじゆとよろこび、其まま川へとび入りける」も、「ころしもしもつき下旬の事なれば、(中略)よもは白たへの雪にうづみ、川風はげしくして、しんたい氷にとぢければ、手足もこごへ、すでにいきへんとせし時、」いつしかとしんを忘れしと云ふ、誰かこのざんこくなる現実主義者のかいぎやくに失笑一番せざるものあらん。



[編集]

 更に又「孝子こがねの釜を掘り出し娘の事」を見よ。

さんぱちといへる百姓はひとりの母につかへて、至孝ならぶものなかりける。あるとししもつき下旬の頃、母たけのこしよくたきよしのぞみける。もとより貧しき身なれども、母の好みにまかせ、あさゆふの食事をととのへすすむといへ共このたけのこはこまりはてけるが、(中略)みのかさひきかづき、二三丁ほどあるところの、藪をこころあてゆきける。積るくちばにつもる雪、かきのけ/\さがせども、(中略)ああ天我をほろぼすかとなみだと雪にそでをぬらし、ぜひなく/\も帰る道筋、なはからげのこをけひとつ、何ならんと取上げ見れば、孝子三八にたまはると書付はなけれ共、まづふたをひらけば、内よりによつと塩竹の子、かねもらうたよりうれしく、(中略)女房にかくとしらすれば、同じ心のしうとめ思ひ、手ばやに塩だしかつをかき、即時にあつものとなしてあたへける。其味なまなるにかはる事なく、母もよろこびおほかたならず、いかなる人のここに落せしや、是又ひとつのふしぎ也。

「しかるにかほど孝心厚き者なれ共、ひとかせぎして見んと思ふはいかにと尋ぬるにぞ、わらはもくよりさやうには思ひさふらへ共、(中略)と答へける。(中略)三八は身ごしらへして、娘うちつれ出でにける。名にしおふなにはおほみなとまづここへと心ざし、少しのしるべをたずね、それより茶屋奉公にいだしける。(中略)さて此娘、(中略)つとめにいづる其日より、富豪の大臣かかり、さそくに身うけして、三八夫婦母おやも大阪へ引きとり、有りしにかはるくらしと成り、三八夏はかやの代りにせし身をこしもと共にとこあふがせ、女房は又しうとめにあたへしちぶさとらややうかんにしかへ、氷からこひも古めかしと、水晶のみづぶねに朝鮮金魚を泳がせて楽しみ、これ至孝のいたす所なり。」

 天は孝子に幸福を与へず。孝子に幸福を与へしものはなんびとかの遺失せる塩竹の子のみ。或は身を売れるひとり娘のみ。作者の俗言を冷笑するもまたあくらつきはめたりと云ふべし。はこの皮肉なる現実主義に多少の同情を有するものなり。唯唯作者の論理的づなうは残念にも余りしゆんえいならず。「がきしやうりやうゑを論ずる事」の如き、「寺僧病人問答の事」の如き、或は又「仏者と儒者とたうてんじんを論ずる事」の如き、論理の筆をろうしたるものはいかひいきめに見るにせよ、おほむとこやの親方の人生観を講釈すると五十歩百歩のかんにあるが如し。ちなみに云ふ。「ここん実物語」ははうれき二年正月出板、とけいぜんの漢文の序あり。しよしは大阪南本町一丁目むらゐきたらう、「古今百物語」、「当世百物語」号と同年の出版なりしも一興ならん


二 魂胆色遊懐男


こんたんいろあそびふところをとこ」はかの「まめをとこえどけんぶつ」のプロトタイプなり。予の家に蔵するは巻一、巻四の二冊なれども、まめゑもんの冒険にはラブレエを想はしむるものなきにあらず。

 大豆右衛門はらくとうやましなの人なり。その母「塩のちやうじにはあらねど、夢中に馬を呑むと見て、懐胎したる子なるゆへ」大豆右衛門と称せしと云へば、この名のつて来る所はかならずしも多言するを要せざるべし。大豆右衛門、二十三歳の時、「さねかづら取りて京の歴々の女中方へ売べしとあふさかやまにわけ登り」しが、たまたまぎよくばうせんぢよと逢ひ、いちりふきんたんを服するを得たり。「ありがたくおし頂きてのむに、忽ち其身雪霜の消ゆる如くみぢみぢとなつて、けしにんぎやうの如くになれり。」こは人倫のまじはりを不可能ならしむるに似たれども、仙女の説明する所によれば、「いろざとにても又は町家の歴々の奥がたにても、心のままにあはれるなり。(中略)なんぢがあふてみたしと思ふ女のねんごろにする男のふところの中に入れば、その男の魂ぬけいで、汝かりに其男に入れかはりて、相手の女を自由にする事、又なき楽しみにあらずや」と云へば、すこぶる便利なるてんしんと云ふべし。じらい大豆右衛門、色を天下にぎよすと雖も、めいきゆうに似たる人生は容易に幸福を与ふるものにあらず。たとへば巻一の「あねの異見みみいたいかたぎまくら」を見よ。

「台所より飛びあがり、奥の方を心がけ、ふすまのすこしきたるあひよりそつとりて大座敷へいで、(中略)たうざらさのれんあげて、ながよでふを過ぎ、一だんたかき小座敷あつて、ありあけの火明らかに、これこのやだんな殿のしんじよならめと腰障子をすこしつきやぶりて、是より入つて見れば夫婦枕をならべて、前後も知らず連れぶしいびきに、(中略)まづないぎの顔をさしのぞいて見れば、その美しさこの器量で三十ばかりに見ゆれば、卅五六でもあるべし。(中略)男は三十一二に見えて、なるほど強さうな生れつき。さては此女房の美しいに思ひつきて、我より二つ四つも年のいたをもたれしか、ただし入りむこか、(中略)とていしゆふところにはいればそのままたましひ入れ替り、(中略)さあ夢さましてもてなしやと云へば、此女房目をさまし、きものつぶれた顔して、あたりへ我をつきのけ、起きかへつて、コレ気ちがひ、ここを内ぢやと思ひやるか、けぬ先ににや/\と云ふに、面白うもないかるたをうつてゐてかし、今からはなれまい、だんなどのおほつまつりかれてるすぢやほどに、泊つてなりと行きやと、兄弟のかたじけなさはなんの遠慮もなく一所に寝るを、あねをとらまへきやうこつな、こりや畜生のぎやうぎか。こちや畜生になる事はいやぢやいの。(中略)たぶん悪いと畳を叩いて腹を立てる。さてなむさん姉ぢやさうな。是はそさうせんばん、(中略)とあとさき揃はぬ事を云ふて、又もとよぎへこそこそはいつて、寝るより早くそこを立ちき、(げりやく)」(この項未完)

(大正十三年六月)

この著作物は、1927年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。