東京都立小石川中等教育学校の校歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


豊葦原の中原と

拓きましけん日本武

尊のみいつ吾嬬路に

古りし歴史は二千年

今将た仰ぐ帝城の

武蔵の国ぞ大いなる 

流れも清き多摩川の

水にあらひて生れたる

男心は東海に

聳えて高き不二の山

曙近き人の世の

彼方の空ぞなつかしき

豊島の里に程近く

樹立も深き岡の辺に

結ぶや少き人情

吾学びやの開拓に

理想の鍬を振り上げて

二つの腕の勇む哉

源遠き文明の

科學の道に分け入りて

一もと咲ける野の花の

ゆかりの色を翳す時

立つるやここに創作の

真理をきそふ志

菅の荒野を飛ぶ鷲の

羽風も高き飛騨の山

白雲遠き高原に

行く手の森を眺むれば

小草の露に命あり

吾踏む土に力あり

平和の光今更に

五洲の海に輝きて

恵の波のいやひろく

八洲の外に布くところ

振はんかなや開拓の

吾が校友の精神を

この著作物は、1930年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。