杯 (森鴎外)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


 温泉宿からつづみたきへ登って行く途中に、清冽せいれつな泉がき出ている。

 水は井桁いげたの上に凸面とつめんをなして、盛り上げたようになって、余ったのは四方へ流れ落ちるのである。

 青い美しいこけが井桁の外をおおうている。

 夏の朝である。

 泉をめぐる木々のこずえには、今まで立ちめていたもやが、まだちぎれちぎれになって残っている。

 万斛ばんこくの玉をころばすような音をさせて流れている谷川に沿うて登る小道を、温泉宿の方から数人の人が登って来るらしい。

 にぎやかに話しながら近づいて来る。

 小鳥が群がってさえずるような声である。

 皆子供に違ない。女の子に違ない。

「早くいらっしゃいよ。いつでもあなたは遅れるのね。早くよ」

「待っていらっしゃいよ。石がごろごろしていて歩きにくいのですもの」

 おくれ先立つ娘の子の、同じような洗髪を結んだ、真赤な、幅の広いリボンが、ひらひらとちょうが群れて飛ぶように見えて来る。

 これもおそろいの、藍色あいいろの勝った湯帷子ゆかたそでひるがえる。足に穿いているのも、お揃の、赤い端緒はなおの草履である。

「わたし一番よ」

「あら。ずるいわ」

 先を争うて泉のそばに寄る。七人である。

 年は皆十一二位に見える。きょうだいにしては、余り粒が揃っている。皆美しく、稍々ややなまめかしい。お友達であろう。

 この七珊瑚さんごたまを貫くのは何の緒か。たれが連れて温泉宿には来ているのだろう。

 漂う白雲の間を漏れて、木々の梢を今一度漏れて、朝日の光が荒いしまのように泉のほとりに差す。

 真赤なリボンの幾つかが燃える。

 娘の一人が口にふくんでいる丹波酸漿たんばほおずきふくらませて出して、泉の真中に投げた。

 凸面をなして、盛り上げたようになっている水の上に投げた。

 酸漿は二三度くるくると廻って、井桁の外へ流れ落ちた。

「あら。直ぐにおっこってしまうのね。わたしどうなるかと思って、楽みにしてって見たのだわ」

「そりゃあおっこちるわ」

「おっこちるということが前から分っていて」

「分っていてよ」

うそばっかし」

 打つ真似をする。藍染の湯帷子の袖が翻る。

「早く飲みましょう」

「そうそう。飲みに来たのだったわ」

「忘れていたの」

「ええ」

「まあ、いやだ」

 手ん手にふところさぐって杯を取り出した。

 青白い光が七本の手から流れる。

 皆銀の杯である。大きな銀の杯である。

 日が丁度一ぱいに差して来て、七つの杯はいよいよ耀かがやく。七条の銀のへびが泉を繞ってはしる。

 銀の杯はお揃で、どれにも二字の銘がある。

 それは自然の二字である。

 妙な字体で書いてある。何かよりどころがあって書いたものか。それとも独創の文字か。

 かわるがわる泉をんで飲む。

 濃い紅のくちびるとがらせ、桃色のほおを膨らませて飲むのである。

 木立のところどころで、じいじいという声がする。せみが声を試みるのである。

 白い雲が散ってしまって、日盛りになったら、山をゆする声になるのであろう。

 この時ただ一人坂道を登って来て、七人の娘の背後に立っている娘がある。

 第八の娘である。

 背は七人の娘より高い。十四五になっているのであろう。

 黄金色の髪を黒いリボンで結んでいる。

 琥珀こはくのような顔から、サントオレアの花のような青い目がのぞいている。永遠の驚をもって自然を覗いている。

 唇だけがほのかに赤い。

 黒のへりを取った鼠色の洋服を着ている。

 東洋で生れた西洋人の子か。それともあいか。

 第八の娘はのかくしから杯を出した。

 小さい杯である。

 どこの陶器か。火のあなから流れ出た熔巌ようがんめたような色をしている。

 七人の娘は飲んでしまった。杯をけたあとのコンサントリックなが泉の面に消えた。

 凸面をなして、盛り上げたようになっている泉の面に消えた。

 第八の娘は、藍染の湯帷子の袖と袖との間をわけて、井桁の傍に進み寄った。

 七人の娘は、この時始てこの平和の破壊者のあるのを知った。

 そしてその琥珀いろの手に持っている、黒ずんだ、小さい杯を見た。

 思い掛けない事である。

 七つの濃い紅の唇は開いたままでことばがない。

 蝉はじいじいと鳴いている。

 やや久しい間、只蝉の声がするばかりであった。

 一人の娘がようようの事でこう云った。

「お前さんも飲むの」

 声はいぶかりに少しのいかりを帯びていた。

 第八の娘は黙ってうなずいた。

 今一人の娘がこう云った。

「お前さんの杯は妙な杯ね。一寸ちょっと拝見」

 声は訝に少しのあなどりを帯びていた。

 第八の娘は黙って、その熔巌の色をした杯を出した。

 小さい杯は琥珀いろの手の、けんばかりから出来ているような指を離れて、薄紅のむっくりした、一つの手から他の手に渡った。

「まあ、変にくすんだ色だこと」

「これでも瀬戸物でしょうか」

「石じゃあないの」

「火事場の灰の中から拾って来たような物なのね」

「墓の中から掘り出したようだわ」

「墓の中は好かったね」

 七つののどから銀の鈴を振るような笑声が出た。

 第八の娘は両臂りょうひじを自然の重みで垂れて、サントオレアの花のような目は只じいっとくうを見ている。

 一人の娘が又こう云った。

「馬鹿に小さいのね」

 今一人が云った。

「そうね。こんな物じゃあ飲まれはしないわ」

 今一人が云った。

「あたいのをそうかしら」

 あわれみの声である。

 そして自然の銘のある、耀く銀の、大きな杯を、第八の娘の前に出した。

 第八の娘の、今まで結んでいた唇が、この時始て開かれた。

 “〈[#「“」は下付き]〉MONモン. VERREヴェエル. N'ESTネエ. PASパア. GRANDグラン. MAISメエ. JEジュ. BOISボア. DANSダン. MONモン. VERREヴェエル〈[#「”」は下付き]〉

 沈んだ、しかも鋭い声であった。

「わたくしの杯は大きくはございません。それでもわたくしはわたくしの杯でいただきます」と云ったのである。

 七人の娘は可哀らしい、黒いひとみで顔を見合った。

 言語が通ぜないのである。

 第八の娘の両臂は自然の重みで垂れている。

 言語は通ぜないでもい。

 第八の娘の態度は第八の娘の意志を表白して、誤解すべき余地を留めない。

 一人の娘は銀の杯を引っ込めた。

 自然の銘のある、耀く銀の、大きな杯を引っ込めた。

 今一人の娘は黒い杯を返した。

 火の坑から湧き出た熔巌の冷めたような色をした、黒ずんだ、小さい杯を返した。

 第八の娘はしずかに数滴の泉を汲んで、ほのかに赤い唇を潤した。

この著作物は、1922年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。