朧月夜

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
一、菜の花ばたけに 入日いりひ薄れうすれ
見わたす山の端やまのは 霞ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月かかりて におい淡しあわし
二、里わの火影ほかげも 森の色も
田中たなか小路こみちを たどる人も
かわづのなくねも かねの音も
さながら霞めるかすめる 朧月夜

この著作物は、1947年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1924年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。