朝鮮語規範集(2010)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


目次[編集]

  • 正書法(原文)
    • 総則
    • 第1章. 朝鮮語字母の順序及びその名称
    • 第2章. 形態部の表記
    • 第3章. 語幹と吐の表記
    • 第4章. 合成語の表記
    • 第5章. 接頭辞と語根の表記
    • 第6章. 語根と接尾辞(又は一部の吐)の表記
    • 第7章. 漢字語の表記
  • 分かち書き規定(原文)
    • 総則
    • 第1項. 吐の後の単語や,品詞が互いに異なる単語は,分かち書きをする
    • 第2項. 一つの対象又は行動,状態を表す文節は,吐が挟まり又は品詞が異なっても,続け書きをする
    • 第3項. 固有の対象の名称を続け書きするが,節を構成しつつ連続するものは,各節ごとに分かち書きをする
    • 第4項. 数詞は,百,千,万,億,兆単位で分かち書きをし,数詞の後に続く単位名詞及び一部単語は,続け書きをする
    • 第5項. 不完全名詞(単位名詞を含む)は,先行単語に続け書きをするが,その後に続く単語は,分かち書きをすることを原則とする
    • 第6項. 単語間の相補関係を考慮し,意味を理解し易いよう分かち書きをすることが出来る
  • 文章符号法(原文)
    • 総則
    • 第1項. 国語において用いる符号の種類と名称
    • 第2項. 終止符(.)
    • 第3項. 重点(:)
    • 第4項. 休止符(,)
    • 第5項. 疑問符(?)
    • 第6項. 感嘆符(!)
    • 第7項. 結合符(-)
    • 第8項. 接続符(―)
    • 第9項. 省略符(…, ……, ………)
    • 第10項. 引用符(《 》)
    • 第11項. 二重引用符(〈 〉)
    • 第12項. 丸括弧及び亀甲括弧(( ), [ ])
    • 第13項. 引用符及び丸括弧内における符号使用法
    • 第14項. 下点(......)
    • 第15項. 潜在符(×××, □□□, ○○○ 等)
    • 第16項. 同様符(〃)
    • 第17項. 波線符(~)
    • 第18項. 題名における符号使用法
    • 第19項. 題目や章,節等を分ける符号とその順序(その名称も次の通り統一して呼称することとする。)
  • 文化語発音法(原文)
    • 総則
    • 第1章. 母音の発音
    • 第2章. 初声子音の発音
    • 第3章. パッチム音に関する発音
    • 第4章. パッチムの連音現象に関する発音
    • 第5章. パッチムの絶音現象に関する発音
    • 第6章. 濃音現象に関する発音
    • 第7章. 《ㅎ》と結合した激音化現象に関する発音
    • 第8章. 音変化現象が生ずるときの発音
    • 第9章. 音挿入現象に関する発音
    • 第10章. 弱化又は脱落現象に関する発音
  • 朝鮮語文の表記(原文)

この著作物又はその原文は、朝鮮民主主義人民共和国著作権法12条により著作権の適格がないため、パブリックドメインの状態にあります。該当する文書には,政府等により商業的目的で創作された著作物を除くほか,次のものが含まれます。:

  1. 国家管理文書
  2. 時事報道物
  3. 通報資料
  4. その他これらに準ずるもの

この著作物又はその原文は、本国又は著作物の最初の発行地の著作権法によって保護されない著作物であり、保護期間が0年の著作物と見なされるため、日本国においてパブリックドメインの状態にあります。(日本国著作権法第58条及びウィキペディアの解説参照。)


この著作物又はその原文は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、"制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料"が含まれます。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。