朝鮮語文法/第二編第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

頭音が表記において綴字法上注意する点は,次の通りである。

1.漢字語の表記において,

1)語中・語尾において「냐, 녀, 뇨, 뉴, 니」と発音されるものは,例え語頭においては,「야, 여, 요, 유, 이」と発音されてもㄴ形態部を固定させるためにどこでも「냐, 녀, 뇨, 뉴, 니」と表記する。

例:(甲を取り,乙を捨てる。)

参考
녀자(女子) 여자 남녀(南女)
녕변(寧邊) 영변 안녕(安寧)
뇨도(尿道) 요도 수뇨관(輸尿管)
니토(泥土) 이토 설니(雪泥)

2)語中語尾において「라, 랴, 려, 로, 료, 루, 류, 르, 리, 래, 례, 뢰」と発音されるものは,例え語頭においては「나, 야, 여, 노, 요, 누, 유, 느, 이, 내, 예, 뇌」と発音されてもその形態部を固定させるためにどこでも「라, 랴, 려, 로, 료, 루, 류, 르, 리, 래, 례, 뢰」と表記する。

例:(甲を取り,乙を捨てる。)

参考
락원(樂園) 낙원 쾌락(快樂)
량심(良心) 양심 개량(改良)
력사(歷史) 역사 리력(履歷)
로동(勞動) 노동 근로(勤勞)
료금(料金) 요금 재료(材料)
루진(累進) 누진 련루(連累)
류사(類似) 유사 종류(種類)
릉묘(陵墓) 능묘 구릉(丘陵)
리유(理由) 이유 물리(物理)
래일(來日) 내일 미래(未來)
례의(禮儀) 예의 의례(儀禮)
뢰성(雷聲) 뇌성 우뢰(雨雷)

従って,どの位置においても[ㄹ]音を生じない語は,生じない通りに表記する。

(甲を取り,乙を捨てる。)

예속(隸屬) 례속
노예(奴隷) 노례

2.外国語の表記においては,原音に近似した音を表示するために全ての文字をどの位置においても使用することができる。

例: ЛЕНИН(露) New-lje.svg
Washington(米) New-weo.svg싱턴
und(獨) New-un.svg

この団体著作物又はその原文は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(北朝鮮の場合は2003年4月28日)の時点で公表の翌年から起算して50年を経過しており、北朝鮮においてパブリックドメインの状態にありました。


この団体著作物又はその原文は、本国若しくは著作物の最初の発行地又は日本国の著作権法において保護期間が満了しているため、日本国においてパブリックドメインの状態にあります。(北朝鮮著作権法第24条及び日本国著作権法第58条参照。)


この著作物又はその原文は、アメリカ合衆国外で最初に発行され、及びその後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず、並びに1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行され、又は1978年より後に著作権表示なしに発行され、並びにウルグアイ・ラウンド協定法の期日に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。