朝鮮民主主義人民共和国標準時間を制定することについて

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


朝鮮民主主義人民共和国 最高人民会議常任委員会

政令

第599号 主体104(2015)年8月5日

朝鮮民主主義人民共和国標準時間を制定することについて[編集]

偉大なるの指導に従い,白頭の強固なる気性で先軍朝鮮の新たな繁栄期を拓いていっている激動的な時期に,我が軍隊並びに人民は,祖国解放70周年,日帝敗亡70年となる8月15日を迎えることとなった。

民族再生の恩人であられ,絶世の愛国者であられる偉大なる首領金日成同志において抗日の血戦万里を克服なさり,強盗日帝を叩きのめして祖国を解放なさった8月15日は,波乱多き民族受難の歴史に終止符を打ち,我が祖国と人民の運命開拓で根本的な転換をもたらした歴史的な日である。

この歴史の日を迎えるごとに我が軍隊並びに人民は,前世紀に朝鮮を非法的に強占し,悪徳な植民地統治で我ら人民に数え切れないほどの非行と苦痛を負わせた不倶戴天の敵,日本帝国主義者らに対する込み上げる憤怒と敵愾心で胸を熱くしている。

奸悪な日本帝国主義者らは,半万年の長い歴史と文化を誇った三千里疆土を無残に踏みにじり,前代未聞の朝鮮民族抹殺政策に没頭しながら,わが国の標準時間まで奪う永遠に許すことのできない犯罪行為を敢行した。

地で染みついた日帝の百年罪悪を清算し,民族の自主権を固く守り,偉大なる金日成同志と金正日同志の不滅の尊名に輝く白頭山大国の尊厳と偉容を永遠に世界万方に轟かせて行かんとすることは,我が軍隊並びに人民の鉄石の如き信念であり,意志である。

朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会は,祖国解放70周年を迎え,我が軍隊並びに人民の頑固不変の信念と意志を反映し,次の通り決定する。

1. 東経127°30′を基準とする時間(現在の時間よりも30分遅い時間)を朝鮮民主主義人民共和国標準時間として定め,平壌時間と命名する。

2. 平壌時間は,主体104(2015)年8月15日から適用する。

3. 朝鮮民主主義人民共和国内閣及び該当機関は,この政令を執行するための実務的対策を立てる。

朝鮮民主主義人民共和国 最高人民会議常任委員会

平壌

この著作物又はその原文は、朝鮮民主主義人民共和国著作権法12条により著作権の適格がないため、パブリックドメインの状態にあります。該当する文書には,政府等により商業的目的で創作された著作物を除くほか,次のものが含まれます。:

  1. 国家管理文書
  2. 時事報道物
  3. 通報資料
  4. その他これらに準ずるもの

この著作物又はその原文は、本国又は著作物の最初の発行地の著作権法によって保護されない著作物であり、保護期間が0年の著作物と見なされるため、日本国においてパブリックドメインの状態にあります。(日本国著作権法第58条及びウィキペディアの解説参照。)


この著作物又はその原文は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、"制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料"が含まれます。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。