月刊ポピュラー・サイエンス/第20巻/1882年3月/岩石と土壌に及ぼす雷の影響

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


山の頂上での雷の影響は、しばしば非常に激しいものです。その中には、大きな塊をかなりの距離まで運ぶことなどが挙げられます。また、高い熱を発生させることも多い。この事実を最も明確に証明しているのが、花崗岩などの耐火性のある岩石でさえ、表面的に融合することである。Laussureははるか昔にモンブランの頂上でこの種のガラス化を記述し、RamondはPic-du-Midiで、Humboldtはメキシコでこのガラス化を発見した。

図1:ピク・デュ・ミディの閃緑岩の塊。その表面には、雷の通過によって溶けてガラス化した跡がある。(博物館の標本から、自然の大きさの4分の1の図)

ガラス化の厚さは通常10分の数ミリだが、時には1平方メートル近くの表面に広がっており、岩石は一種の灰色または黄色がかったエナメルで覆われているように見えるが、その中には直径数ミリの気泡や膨らみが見られる。パリの博物館の地質学部門に展示されている図1の標本は、MM.BaylacとAlbert TissandがPic-du-Midiの頂上で発見したものである。BaylacとAlbert TissandierがPic-du-Midiの頂上で発見しました。これは特に興味深いものである。この岩石は花崗岩系の閃緑岩で、三斜長石と角閃石の角閃石の混合物である。溶けた部分は、先に述べた例のように単板を構成するものではなく、電気火花のコースを正確に示す軌道であり、その通りに波打っている。ガラス化した部分は、岩石の自然な外面に沿って伸び、その後、亀裂の中に落ち込み、その中で消えていきます。この点で、フルグラはフルグライトまたはフルミネイト・チューブの名で知られている別の事故に極めてよく似ており、その見事な標本は博物館で見ることができる。図2の2つの切り口が示すように、不規則な管があり、その物質は一種の天然ガラスで、雷に打たれた珪酸質の砂の溶液の産物である。筒の中は滑らかですが、外側は不完全に溶けた砂の粒子が凝集しているため、粗くなっています。フルグライトは一般的に下端部が隆起している。内部の直径は1ミリから5センチ(2インチ)、長さは10メートル(30フィート以上)に達することもある。

Fig.2.-フルグライト。ポーランドの砂漠で雷が土中を通過することで砂がガラス化してできた管。(博物館の標本より、図は自然の大きさの3分の1

ヘルマンがシレジアで観察した1711年以前には、このような奇妙な事故は注目されていなかったようだが、それ以来、すべての博物館がコレクションとして標本を確保している。大型のものはなかなか手に入らず、高値で取引されている。最初は、その本質が誤解されていた。消えた根の周りにできた付着物、絶滅した種のミミズが作った細胞、鍾乳石の一種などと考えられていました。これを雷のせいだと考えたのはヘンツェンが最初だったようだが、彼の意見はブルーメンバッハとティグラーによって正しいことが示された。最近になって、自然がその行為に気付いた。つまり、雷が落ちたのが目撃された場所で、まだ熱かった砂の中からフルグライトが発見されたのである。また、Beudant、Huchette、Savartなどの実験者は、芸術・金属研究所の巨大な電気バッテリーを、叩いたガラスや、海塩を混ぜて可溶性を高めた砂の層を通して放電させることで、フルグライトに類似した管を得ている。雷管は主に、シレジア、東プロイセン、ポーランド、カンバーランド、ブラジルなど、水を含み、結果的に電気を通す土壌の上に砂の層がある場所で発見される。

脚注[編集]

この著作物は、1925年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)80年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、1927年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。

 

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。