春秋左氏傳/000 凡例

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

凡例春秋左氏傳

入力の方針[編集]

入力内容と使用文字[編集]

 本文(訓読文)と注釈の入力は、できるだけ字体を底本通りすることを基本としたが、ブラウザでの可読性も若干考慮し、次のようにした。

  • JIS X 0208 にない字は、Unicode を利用した。
  • Unicode にもない(と思われる)字体は、Wikipedia日本語版青空文庫掲載のフリーな画像を利用した。また、一部には、今昔文字鏡の内の gif ファイルへもリンクしている箇所もある。
  • Wikisource中文版使用文字のうち、JIS X 0208 内の「旧字」に該当する文字やJIS X 0208 内でも字体が大きく変らない「新字」は、JIS X 0208を使用したが、場合により一部に JIS X 0213 内の「拡張文字」も使用した。(こうした代替文字の一覧を参考ページに掲げている。)
  • ルビもできるだけ底本通りにしたが、一部自明のものは省略した。
  • 「春秋左氏傳解題」「春秋に關する諸家の評論」は余力があれば入力予定である。「春秋左氏傳原文」は割愛したので、下記の白文サイトを参照願いたい。

記号などの説明[編集]

  • 「↑前年」、「↓翌年」、西暦記載やメニュー表示は、底本にはなく、入力者の補足である。
  • 【傳】と【經】の部分は、底本では、それぞれを□で囲んでいる。
  • ルビは、その部分を、XHTML 1.1 で実装されたルビタグを用いた(青空文庫準拠)。ただし、ふりがなは、《》で囲った[1]
  • 底本では註番号は語句先頭に付いているが、脚注機能を利用し、語句の末尾に付ける形とした。
  • ()は、底本での読み下し文内にある訳註者の補足である。
  • →)、(→ は、下記小倉芳彦氏訳の『春秋左氏伝』に基づき、事柄の継起へのリンクであり、入力者が補った。
  • [#]は、入力者の補足である。
  • は、入力者の注釈(感想?)であるが、サイトの趣旨に照らし、最低限度に留めた。ノートには、その他、ウィキペディアなどサイト上の関連ページを掲げた。

その他[編集]

注記[編集]

  1. 本当を言えば、ウィキペディアは、XHTML 1.0 であり、ルビの項目では、ルビタグは使えないとある。また、ウィキソースでも、Ruby のノートでも、同様のコメントがあり、ふりがなという Template が推奨されているが、見栄えの問題にこだわることとして、使用を許してください。m(__)m