春暁

提供: Wikisource
Jump to navigation Jump to search
白文 書き下し文 訳文
春眠不覺曉 春眠暁を覚えず 春の眠りでは朝が来ても気付かない
處處聞啼鳥 処々啼鳥を聞く あちらこちらに鳥が鳴くのが聞こえる
夜来風雨聲 夜来風雨の声 (そういえば昨日の)夜は雨風の音がした
花落知多少 花落つること知る多少 花はどれくらい落ちたのだろう