星を数える夜

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

朝鮮語[編集]

계절이 지나가는 하늘에는
가을로 가득 차있습니다。

나는 아무 걱정도 없이
가을속의 별들을 다 헤일듯합니다。

가슴속에 하나 둘 새여지는 별을
이제 다 못헤는것은
쉬이 아츰이 오는 까닭이오、
내일밤이 남은 까닭이오、
아직 나의 청춘이 다하지 않은 까닭입니다。

별 하나에 추억
별 하나에 사랑과
별 하나에 쓸쓸함과
별 하나에 동경
별 하나에
별 하나에 어머니、어머니、

어머님、나는 별 하나에 아름다운 말 한마디식 불러봅니다。 소학교책상을 같이 햇든 아이들의 일홈과 이런 이국소녀들의 일홈과 벌서 애기 어머니 된 게집애들의 일홈과、가난한 이웃사람들의 일홈과、비둘기、강아지、토끼、노새、노루、「ᅋᅮ랑시쓰·쨤」 「라이넬·마리아·릴케」 이런 시인의 일홈을 불러봅니다。

이네들은 너무나 멀리 있습니다。
별이 아슬이 멀듯이、

어머님、
그리고 당신은 멀리 북간도에 게십니다。

나는 무엇인지 그러워
이많은 별빛이 나린 언덕우에
내 일홈자를 써보고、
흙으로 덥허 버리엿습니다。

따는 밤을 새워 우는 버레는
부끄러운 일홈을 슬퍼하는 까닭입니다。

그러나 겨을이 지나고 나의별에도 봄이 오면
무덤우에 파란 잔디가 피여나듯이
내일홈자 묻힌 언덕우에도
자랑처럼 풀이 무성 할게외다。

和訳[編集]

季節が過ぎ去る空には
秋でいっぱいです。

私は何の心配もなく
秋の中の星を全部数えられそうです…

胸の中にひとつふたつ刻まれる星を
これ以上数えきれないのは
簡単に朝が来る理由であり、
明晩が残っている理由であり、
まだ私の青春が終わってない理由です。

星ひとつに追憶と
星ひとつに愛と
星ひとつに淋しさと
星ひとつに憧れと
星ひとつに詩と
星ひとつにお母さん、お母さん

お母さん、私は星ひとつに美しい言葉を一言ずつ呼んでみます。小学校の時机を一緒に使った子たちの名前と、佩、鏡、玉こんな異国少女たちの名前と、もうお母さんになった女の子たちの名前と、隣の貧しい人たちの名前と、鳩、犬、兎、騾馬、獐、フランシス・ジャム、ライナー・マリア・リルケ、このような詩人の名前を呼んでみます。

彼らはとても遠い場所にいます。
星がはるかに遠いみたいに、

お母さん、
そしてあなたは遠い北間島(満州)にいらっしゃいます。

私はなぜか恋しくなって
こんなに多い星の光が降り注いだ丘の上に
私の名前を書いてみては、
土で被せてしまいました。

そういえば、鳴き明かす虫は
恥ずかしい名前を悲しむからです。

しかし冬が過ぎ去って私の星にも春が来たら
墓の上に青い芝が育つように
私の名前が葬られた丘の上にも
誇らしく草が生い茂るはずです。

この著作物は、1945年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。