日韓条約批准書交換に関する朴正煕韓国大統領談話

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


大統領談話文

(韓日協定批准書交換に際して)

親愛なる国民の皆さん!

今日ソウルでは、韓日両国の全権代表の間で韓日協定批准書が正式に交換されました。

14年という長い歳月にわたり、その処理過程において、相当の陣痛を経ねばならなかったこの問題がとうとう解決され、ここに両国間に批准書が交換されることに至ったことで、私はいくつかの所信を明らかにし、国民の皆さんの協調を得ようと思います。

国家と国家との間の関係も、個人と個人との間の関係と全く同じく、利害関係によって互いに離合集散するのが歴史における一つの鉄則だともいえます。

時代の大勢と国際情勢の変動は、当事国の望むと望まないとに拘わらず、国家と国家との間に驚くべき変化をもたらしているのであります。

昨日の友邦が今日の敵国になるかと思えば、昨日の敵国が今日の盟邦になったりします。

もっとも最近の例をとりましても、鉄の団結を誇っていたソ連と中共は互いに憎悪し、舌戦を戦わす対立国家になりつつあるし、長い間仇敵関係にあったフランスと西独は切っても切れない友邦へと結ばれており、相互の利益のためにお互いに協調していっております。

かつて36年間のわが国と日本との関係についていうならば、それは明らかに仇敵関係だったといえます。

しかしそれは、あくまでも過去であります。それはわれわれの現在でもなければ、また未来がそうでないであろうことはあらためていう必要さえないことであります。

今日、国際的連関を離れたわれわれだけの独存とか繁栄はあり得ないことであります。

とくに好戦的な中共の使嗾を受けて、いつ再侵してくるかも知れない北傀と対峙しているわれわれの場合、一国でもより多くを友邦とし、相互協力関係を結んで、そうした国際協力の基調の上から祖国の近代化と自立経済建設に拍車を加えて、われわれの力で国土を統一することができる自主的力量を育てねばならないことは、一つの歴史的当為だといっても過言ではありません。

親愛なる自由世界の市民、とくに日本市民の皆さん!

今日韓日協定の批准書が交換されたことに際して、韓国民は自由世界の大義とアジア反共態勢の整備のために、万難を排してこれを受け入れることを私は闡明にしようと思います。

しかし、韓国のこうした決断が真に自由世界のためのものであり、極東反共態勢の強化のためになるためには、今やその鍵は日本国政府と国民の友好に満ちた善隣意識に立脚した韓日両国相互協力体制と反共態勢の強化にあるといわざるを得ません。

私は、日本国政府と国民のこうした国際的信義を信じるとともに、また自由世界の友情にあふれる協調が継続されることを確信しないわけにはいきません。

親愛なる自由世界市民の皆さん、

韓国と日本は今や新しいアジアの歴史を創造する一歩を歩み出しました。侵略ではなく協力が、また一方的なもので相互利益が、そして結局は一つになろうとしている世界の中で、まずわれわれだけでも互いに信じ、助け合いながら純粋な友邦として新しいアジアの歴史を創造しようとするものです。

私は韓日両国のこうした新しい出発に、自由世界の緊密な協調のあることを期待してやみません。

次に私は、在日僑胞に対して、一言お願いをしようかと思います。

親愛なる在日僑胞の皆さん!

現在60万人以上と推算されている在日同胞のこれまでの苦労がどれくらいつらかったことかを、私は誰よりもよく知っています。

在日僑胞のその苦労の原因をたどってみると、ひとえにそれは本国政府の責任となる他ありません。

したがって、これまでに在日僑胞の一部が共産主義者の使嗾に駆り立てられその系列に加担するようになったのも、実は大部分本国政府が在日同胞をより暖く、より徹底して保護できなかった責任であるといえます。

これより本国政府は皆さまの安全と自由について、より積極的に努力して可能な最大限に皆様の生活を保護するつもりであります。

これとあわせて私は、一時的な過誤で朝鮮総連系に加担した同胞たちの一切の前過を不問に付して、本国政府の保護下に立ち戻ることを希望します。

政府は最大限に彼らを暖く迎え、一つの血筋を引いた同胞として、韓国民として保護するでありましょう。

そうして私は、日本の空の下で韓国同胞たちが再び分裂して相剋することなく、暖い同胞愛の紐帯の中で互いに和睦して親近となり、また幸福な生活を営なむことを希望してやみません。

これとともに私は、これまで分別なく故国をすてて日本に密入国しようとして抑留され、祖国のあるべき国民になれなかった同胞に対しても、この機会に新しい韓国民として前非を問わないことをあわせて明らかにしておこうと思います。

再びこうした分別のない同胞がいなくなることを希望しながら、今日からわれわれは新しい気持と新しい心構えで、栄えあるわが祖国を建設する働き手とならんことを、訴えてやみません。

親愛なる国民の皆さん!

われわれは今、新しい民族史の門出に立っています。この新しい民族史は外には互恵平等の位置から胸襟をひらいて世界の舞台に進出し、民族の栄光を占め、内にはわれわれの至上課題である祖国の近代化作業を一日も早く成就することにより、自立と繁栄に浴することができる統一された福祉国家を建設するものでなければなりません。

国民の皆さん!

われわれは発展する民族としての矜持と自信と勇気をもって、明日の栄光のために一致団結して前進しましょう。

1965年12月18日

大統領朴正煕

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。