旅愁

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

『中等教育唱歌集』(1907年)[編集]

旅愁犬童球渓

(一)く秋の、 たびそらの、
わびしきおもひに、 ひとりなやむ。
戀しやふるさと、 なつかしちゝはゝ
ゆめぢにたどるは、 故郷のいへぢ
更けあきたびそらの、
わびしきおもひに、ひとりなやむ。

(二)窓うつ嵐に、 夢もやぶれ、
はるけきかなたに、 心はこぶ。
戀しやふるさと、 懷かしちゝはゝ、
おもひに浮ぶは、 もりずゑ。
窓うつあらしに、 夢もやぶれ、
はるけき彼方に、 こゝろはこぶ。

楽譜は一時的に使用不能です。

この著作物は、1943年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。