新庭雑感

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


新庭雑感


 ひとまたぎほどの小さな堤が、ゆるやかな線を描いて、私の住んでゐる舎の周囲をかこんでゐる。堤の上には、一間程の隔りを見せて、つゝじと玉ひばが交互に植ゑてある。堤の柴は青く芽ぶき、つゝじはいま花ざかりである。この堤は、つひ先頃、何もない素枯れた庭の淋しさに、少しばかりおもむきを添へようと、義弟と一緒に築いたものである。絶えず眼の痛みにおそはれてゐる私は、部厚な繃帯を顔に巻きかさねて、痛みをこらえながら、土盛りをしたり、柴を張ったりしたのであつた。不自由な自分には、このやうな仕事は無理だなと思ひながらも、生来、庭いぢりが好きなのと、草々の深い緑のにほひ、やはらかな土のしめり香などに誘ひ込まれて、いつか眼の痛みも忘れてしまってゐる自分に気がつくのである。夜、床についてから、あれこれと庭の設計をする。あそこには何を植え、入口はこのやうにしたら、などと考へ始めると、もう凝り性の私には、眠られぬ夜になってしまふ。翌朝、夜の明けるのを待っママて庭に飛出し、昨夜の設計に従つて、こつこつと庭の装幀に取掛る。これは私の最も娯しいものゝ一つである。

 しかし、時折、私は庭つくりの手をやすめて考へることがある。亡くなつた北條君は庭つくりなど、これに類したことには凡そ手出さぬ男であつた。彼の生前、私はかつて彼のそのやうな姿を見たことがなかつた。そういへば、Bもやらない、CもDも嫌ひのやうである。北條君にせよ、現在の友の誰彼にせよ、彼等は、私が庭つくりや小鳥とたはむれてゐる間にも、こつこつとその第一義的な、創作や読書や思索に耽つてゐる。それなのに私はこれで良かつたのだらうか、と。

 しかし、それがたとへどのやうな生活態度にせよ、不断に娯しむことが出来たらそれで充分である。喜びに大小はあつてもその本質には何の変りもないであらう。さう思つては、また小さな庭師になり、花と土とにたはむれてゐる自分である。


 小堤に包まれた庭には、ほどよい自然木の間に、恰好な築山がある。私はこれを男体山と称んでゐる。故郷の山になぞらへて作つたからだ、築山に添へて、粗末な禽舎と、小さな花圃がある。花圃にはグラヂオラスが一寸ほどに芽ぶき、築山には枯れかゝつた小松と、北條君の形見の沈丁花が、緑の色褪せた幾枚かの固い葉をつけて、頂きを占めてゐる。禽舎には白文鳥がつがひで棲んで居り、雌はいま卵を抱いてゐる。雄はその雌の態度が、気に掛るやうな、掛らぬやうな、ひどく手持無沙汰の態に見える。これが私のところの庭の全風物である。


 しかし、これらの貧しい眺めも、私には恒にまあたらしく愉しい景観なのだ。それら物自体の匂ひや、色や、形やは、それらの醸し出す気分と相挨つて、不思議なほど、私の五官ママに妖しい働きを示すのである。殊に、その色彩が添へるところの趣きと味はひとには、また格別なものがある。色そのものを美学的に云々することは私には出来さうにもないが、色の持つ本質的な美しさ、と云つた風なものを、最近、私は眼を悪くしてからいつそうしみじみ感じるやうになつた。おぼろげな視野のなかに入つて来る、平凡な木の肌の色、名もない一茎の草の色、一握の芥のはなつ地味な色、水の色、空の色、土の色を、私は心しみじみ美しいと思ふ。いつまで娯しんでも足りぬ思ひだ有難いと思ふ。この私の気持には、あゝまだ物の色が判る、といふ眼病者のみの持つ一種の、喜びから来るものも手つだつてゐようがしかし、決してそればかりではない。

 色彩の有難さを、人は案外忘れがちなのではあるまいか。若し、距離といふものが無かつたら、風景はあり得ない、とアランは云つてゐるが、色彩がなくても、風景は存在しないであらう。われわれは色彩を創造した神に感謝すべきだ。


 庭の一隅にルゝドの洞窟をつくっては、といふ義弟の言葉に、それは良からう、と私もすぐに賛意を表し、早速、その材料を揃へることにした。小さな庭の事であるし、それに怪しげな庭師の腕を以てしては、到底、大がかりなものは出来ないに定つてゐるが、手を染める前に、まづその材料調達に困惑した。私は、ふと、復生病院で見たルヽドの洞窟を思ひ出した。それは二間程の高さの岩窟の内部に、等身大の見事なクリストの立像が、いかにも厳かに生彩をはなつてゐた。それに較べると、いま私の脳裡に描かれてゐるわれわれのルヽドは、余りに貧しくさゝやかである。私は義弟と相談した結果、岩窟はそのほんの内部だけを石でつくり、その周囲を四五尺の高さに土と柴で築くことにした。それで洞窟は一応出来ることになつたが、(さ)て、困つたのはクリストの御像である。肝心の像がなくては物にならんし、といつてわれわれの力ではどうにも出来さうがない。

 ひと思案の後、御像はK神父から戴いた八寸程の十字架を以て充てることにした。これは茶褐色の台に、銀製のクリストの裸像が、かつてのゴルゴダのイエスのごとく釘付にされてゐる。

 柴は直ぐ前の山に在るし、石も手頃の物が三個はど附近の草むらの中から見付け出した。何かの土台物に使用したらしく、半面にところどころセメントが附着してゐる。私はこころみにその一つを持上げてみた。七八貫もあらうか、ずつしりとかなりの重さである。私はその重量の裡にふつと幼い頃の事を思つた。それはまだ六七才頃の事であったやうに記憶する。どんな小さな石にも、石自体の生命があつて、石は生きてゐるのだといふことを信じてゐた。従つて、石は絶えず成長してゐるといふことも信じてゐた。河原などに遊んで、ふと小石を手にしたりすると、こんな小つぽけな石ころでも、やがて自分が年を取つて、お爺さんになる頃には、この石も苔むしたお爺さん石になるんだな、などと考へる、すると、急にてのひらの小石がむくむくと動き出すやうに思はれて、ひどく気味わるがつたりしたものである。門柱に鏤めた玉石や、或ひは土台石などの類ひを見てもこれがやがて大きくなつて、門柱からぬけ落ちたり、家をひつくり返すやうになるかも知れない、と途方もないことを考へたものだ。石に対するこの考へは、小学校を卒へる頃まで、私の脳裡に棲んでゐた。今でも何かのはづみに当時の事をふつと思ひ出したりする。私には娯しい思ひ出の一つだ。

 この生きてゐる? 石をうまく利用して、恰好なルヽドの洞窟をつくる喜びを前に、私はまた眠られぬ夜の中で、小さな庭師の頭脳を動員して、その設計をせねばならない。 (五月五日)

出典[編集]

  1. 東條耿一『いのちの歌』作品一覧

この著作物は、1942年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。