新古今和歌集/巻第七

提供: Wikisource
移動先: 案内検索

巻七:賀


00707

[詞書]みつきものゆるされてくにとめるを御らんして

仁徳天皇御哥

たかきやにのほりて見れはけふりたつたみのかまとはにきはひにけり

たかきやに-のほりてみれは-けふりたつ-たみのかまとは-にきはひにけり


00708

[詞書]題しらす

よみ人しらす

はつ春のはつねのけふのたまはゝきてにとるからにゆらく玉のを

はつはるの-はつねのけふの-たまははき-てにとるからに-ゆらくたまのを


00709

[詞書]子日をよめる

藤原清正

ねのひしてしめつるのへのひめこ松ひかてやちよのかけをまたまし

ねのひして-しめつるのへの-ひめこまつ-ひかてやちよの-かけをまたまし


00710

[詞書]題しらす

貫之

君かよのとしのかすをはしろたへのはまのまさことたれかしきけん

きみかよの-としのかすをは-しろたへの-はまのまさこと-たれかしきけむ


00711

[詞書]享子院の六十御賀屏風にわかなつめるところをよみ侍ける

わかなおふるのへといふのへを君かためよろつよしめてつまんとそ思

わかなおふる-のへといふのへを-きみかため-よろつよしめて-つまむとそおもふ


00712

[詞書]延喜御時屏風哥

ゆふたすきちとせをかけてあしひきの山あゐのいろはかはらさりけり

ゆふたすき-ちとせをかけて-あしひきの-やまあゐのいろは-かはらさりけり


00713

[詞書]祐子内親王家にてさくらを

土御門右大臣

君かよにあふへき春のおほけれはちるとも桜あくまてそみん

きみかよに-あふへきはるの-おほけれと-ちるともさくら-あくまてそみむ


00714

[詞書]七条のきさいの宮の五十賀屏風に

伊勢

すみの江のはまのまさこをふむたつはひさしきあとをとむるなりけり

すみのえの-はまのまさこを-ふむたつは-ひさしきあとを-とむるなりけり


00715

[詞書]延喜御時屏風哥

貫之

としことにおいそふ竹のよゝをへてかはらぬいろをたれとかはみん

としことに-おひそふたけの-よよをへて-かはらぬいろを-たれとかはみむ


00716

[詞書]題しらす

躬恒

ちとせふるおのへの松は秋風の声こそかはれいろはかはらす

ちとせふる-をのへのまつは-あきかせの-こゑこそかはれ-いろはかはらす


00717

興風

山河の菊のしたみついかなれはなかれて人の老をせくらん

やまかはの-きくのしたみつ-いかなれは-なかれてひとの-おいをせくらむ


00718

[詞書]延喜御時屏風哥

貫之

いのりつゝなを長月のきくの花いつれの秋かうへてみさらん

いのりつつ-なほなかつきの-きくのはな-いつれのあきか-うゑてみさらむ


00719

[詞書]文治六年女御入内屏風に

皇太后宮大夫俊成

山人のおるそてにほふきくのつゆうちはらふにもちよはへぬへし

やまひとの-をるそてにほふ-きくのつゆ-うちはらふにも-ちよはへぬへし


00720

[詞書]貞信公家屏風に

清原元輔

神な月もみちもしらぬときは木によろつよかゝれ峯の白雲

かみなつき-もみちもしらぬ-ときはきに-よろつよかかれ-みねのしらくも


00721

[詞書]題しらす

伊勢

山風はふけとふかねと白浪のよするいはねはひさしかりけり

やまかせは-ふけとふかねと-しらなみの-よするいはねは-ひさしかりけり


00722

[詞書]後一条院うまれさせたまへりける九月つきくまなかりける夜大二条関白中将に侍けるわかき人々さそひいてゝいけのふねにのせてなかしまのまつかけさしまはすほとおかしくみえ侍けれは

紫式部

くもりなくちとせにすめる水のおもにやとれる月のかけものとけし

くもりなく-ちとせにすめる-みつのおもに-やとれるつきの-かけものとけし


00723

[詞書]永承四年内裏哥合に池水といふ心を

伊勢大輔

池水のよゝにひさしくすみぬれは底の玉もゝ光みえけり

いけみつの-よよにひさしく-すみぬれは-そこのたまもも-ひかりみえけり


00724

[詞書]堀河院の大嘗会御禊日ころあめふりてその日になりてそらはれて侍けれは紀伊典侍に申ける

六条右大臣

きみかよのちとせのかすもかくれなくくもらぬそらの光にそ見る

きみかよの-ちとせのかすも-かくれなく-くもらぬそらの-ひかりにそみる


00725

[詞書]天喜四年皇后宮の哥合に祝の心をよみ侍ける

前大納言隆国

すみの江においそふ松のえたことにきみかちとせのかすそこもれる

すみのえに-おひそふまつの-えたことに-きみかちとせの-かすそこもれる


00726

[詞書]寛治八年関白前太政大臣高陽院哥合にいはひの心を

康資王母

よろつよを松のを山のかけしけみ君をそいのるときはかきはに

よろつよを-まつのをやまの-かけしけみ-きみをそいのる-ときはかきはに


00727

[詞書]後冷泉院おさなくおはしましける時卯杖の松を人のこにたまはせけるによみ侍ける

大弐三位

あひをひのをしほの山のこ松はらいまよりちよのかけをまたなん

あひおひの-をしほのやまの-こまつはら-いまよりちよの-かけをまたなむ


00728

[詞書]永保四年内裏子日に

大納言経信

ねの日するみかきのうちのこ松はらちよをはほかの物とやはみる

ねのひする-みかきのうちの-こまつはら-ちよをはほかの-ものとやはみる


00729

権中納言通俊

ねの日する野辺のこ松をうつしうへてとしのをなかく君そひくへき

ねのひする-のへのこまつを-うつしうゑて-としのをなかく-きみそひくへき


00730

[詞書]承暦二年内裏の哥合に祝の心を

前中納言匡房

君かよはひさしかるへしわたらひやいすゝのかはのなかれたえせて

きみかよは-ひさしかるへし-わたらひや-いすすのかはの-なかれたえせて


00731

[詞書]題しらす

読人しらす

とき葉なる松にかゝれるこけなれは年のをなかきしるへとそ思

ときはなる-まつにかかれる-こけなれは-としのをなかき-しるへとそおもふ


00732

[詞書]二条院御時花有喜色といふ心を人々つかうまつりけるに

刑部卿範兼

きみかよにあへるはたれもうれしきを花はいろにもいてにけるかな

きみかよに-あへるはたれも-うれしきを-はなはいろにも-いてにけるかな


00733

[詞書]おなし御時南殿の花のさかりにうたよめとおほせられけれは

参河内侍

身にかへて花もおしまし君かよにみるへき春のかきりなけれは

みにかへて-はなもをしまし-きみかよに-みるへきはるの-かきりなけれは


00734

[詞書]百首哥たてまつりし時

式子内親王

あめのしためくむくさ木のめもはるにかきりもしらぬみよのすゑ

あめのした-めくむくさきの-めもはるに-かきりもしらぬ-みよのすゑすゑ


00735

[詞書]京極殿にてはしめて人々哥つかうまつりしに松有春色といふ事をよみ侍し

摂政太政大臣

をしなへてこのめも春のあさみとり松にそちよの色はこもれる

おしなへて-このめもはるの-あさみとり-まつにそちよの-いろもこもれる


00736

[詞書]百首哥たてまつりし時

しき嶋やゝまとしまねも神よゝり君かためとやかためをきけん

しきしまや-やまとしまねも-かみよより-きみかためとや-かためおきけむ


00737

[詞書]千五百番哥合に

ぬれてほすたまくしのはのつゆしもにあまてるひかりいくよへぬらん

ぬれてほす-たまくしのはの-つゆしもに-あまてるひかり-いくよへぬらむ


00738

[詞書]いはひの心をよみ侍ける

皇太后宮大夫俊成

きみかよはちよともさゝしあまのとやいつる月日のかきりなけれは

きみかよは-ちよともささし-あまのとや-いつるつきひの-かきりなけれは


00739

[詞書]千五百番哥合に

定家朝臣

わかみちをまもらはきみをまもるらんよはひはゆつれすみよしの松

わかみちを-まもらはきみを-まもるらむ-よはひはゆつれ-すみよしのまつ


00740

[詞書]八月十五夜和哥所哥合に月多秋友といふことをよみ侍し

寂蓮法師

たかさこの松もむかしになりぬへしなをゆくすゑは秋のよの月

たかさこの-まつもむかしに-なりぬへし-なほゆくすゑは-あきのよのつき


00741

[詞書]和哥所の開闔になりてはしめてまいりし日そうし侍し

源家長

もしほくさかくともつきしきみかよのかすによみをくわかの浦浪

もしほくさ-かくともつきし-きみかよの-かすによみおく-わかのうらなみ


00742

[詞書]建久七年入道前関白太政大臣宇治にて人々に哥よませ侍けるに

前大納言隆房

うれしさやかたしく袖につゝむらんけふまちえたるうちのはしひめ

うれしさや-かたしくそてに-つつむらむ-けふまちえたる-うちのはしひめ


00743

[詞書]嘉応元年入道前関白太政大臣宇治にて河水久澄といふ事を人々によませ侍けるに

清輔朝臣

としへたるうちのはしもりことゝはんいくよになりぬ水のみなかみ

としへたる-うちのはしもり-こととはむ-いくよになりぬ-みつのみなかみ


00744

[詞書]日吉祢宜成仲七十賀し侍けるにつかはしける

なゝそちにみつのはまゝつおいぬれとちよのゝこりは猶そはるけき

ななそちに-みつのはままつ-おいぬれは-ちよののこりは-なほそはるけき


00745

[詞書]百首哥よみ侍けるに

後徳大寺左大臣

やをかゆくはまのまさこを君かよのかすにとらなんおきつ嶋もり

やほかゆく-はまのまさこを-きみかよの-かすにとらなむ-おきつしまもり


00746

[詞書]いゑにうたあはせし侍けるにはるのいはひの心をよみ侍ける

摂政太政大臣

かすか山宮このみなみしかそおもふきたのふちなみ春にあへとは

かすかやま-みやこのみなみ-しかそおもふ-きたのふちなみ-はるにあへとは


00747

[詞書]天暦御時大嘗会主基備中国中山

よみ人しらす

ときはなるきひの中山をしなへてちとせを松のふかきいろかな

ときはなる-きひのなかやま-おしなへて-ちとせをまつの-ふかきいろかな


00748

[詞書]長和五年大嘗会悠紀方風俗哥近江国朝日郷

祭主輔親

あかねさすあさひのさとのひかけ草とよのあかりのかさしなるへし

あかねさす-あさひのさとの-ひかけくさ-とよのあかりの-かさしなるへし


00749

[詞書]永承元年大嘗会悠紀方屏風近江国もる山をよめる

式部大輔資業

すへらきをときはかきはにもる山の山人ならし山かつらせり

すめらきを-ときはかきはに-もるやまの-やまひとならし-やまかつらせり


00750

[詞書]寛治二年大嘗会屏風にたかのをの山をよめる

前中納言匡房

とやかへるたかのを山のたまつはきしもをはふともいろはかはらし

とやかへる-たかのをやまの-たまつはき-しもをはふとも-いろはかはらし


00751

[詞書]久寿二年大嘗会悠紀屏風にあふみのくにかゝみ山をよめる

宮内卿永範

くもりなきかゝみの山の月をみてあきらけきよをそらにしる哉

くもりなき-かかみのやまの-つきをみて-あきらけきよを-そらにしるかな


00752

[詞書]平治元年大嘗会主基方辰日参入音声生野をよめる

刑部卿範兼

おほえ山こえていくのゝすゑとをみみちある世にもあひにけるかな

おほえやま-こえていくのの-すゑとほみ-みちあるよにも-あひにけるかな


00753

[詞書]仁安元年大嘗会悠紀哥たてまつりけるに稲舂哥

皇太后宮大夫俊成

あふみのやさかたのいねをかけつみてみちあるみよのはしめにそつく

あふみのや-さかたのいねを-かけつみて-みちあるみよの-はしめにそつく


00754

[詞書]寿永元年大嘗会主基方稲舂哥丹波国長田村をよめる

権中納言兼光

神世ゝりけふのためとやゝつかほになかたのいねのしなひそめけん

かみよより-けふのためとや-やつかほに-なかたのいねの-しなひそめけむ


00755

[詞書]建久九年大嘗会悠紀哥青羽山

式部大輔光範

たちよれはすゝしかりけり水鳥のあおはの山の松のゆふ風

たちよれは-すすしかりけり-みつとりの-あをはのやまの-まつのゆふかせ


00756

[詞書]おなし大嘗会主基屏風に六月松井

権中納言資実

ときはなる松井の水をむすふてのしつくことにそちよはみえける

ときはなる-まつゐのみつを-むすふての-しつくことにそ-ちよはみえける