拓殖大学校歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

一、

右手めてに文化のをかゝげ 
 扶桑ふさうの岸に声あげて 
闇は消えよと呼ぶはぞ 
 人は醒めよと呼ぶはぞ 
嗚呼輝ける雄渾ゆうこんの 
 姿ぞ我の精神こころなる


二、

雲は焔の色に飛ぶ 
 南国水はたぎるとも 
春光永久とはにへだてたる 
 北地に氷りとざすとも 
仰いで星を見るところ 
 ひらかでやまじ我が行手


三、

人種の色と地の境 
 我が立つ前に差別無し 
膏雨ひとしく湿うるほさば 
 磽确かうかくやがて花咲かむ 
使命はたかし青年の 
 力あふるゝ海の外

この著作物は、1944年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。