寿限無

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

じゆげんむ

めでたいはなしまをしあげます、こだからまをしましてほどたいせつなものはございません、もつとこどもよりかねはういとかただいぶへますが、こどもがあるといととしとつてからちがひます、ごふじんこどもうむのがやくで、ぞくたゝみへないとくらゐのくるしいもので、たうこんさんばがくかうそつげふわかいおばあさんがございます、をんなとしればばゞあきまつてる、ところが十八さい二ヶげつなどとりあげございます、それでもおもてかんばんにはさんばかいございます、ほんらいさんわかとしたらさそうなもので、むかしは六十なんさい七十さいぐらゐなおばあさんがせわをいたしました、たうこんをんなが三十八さいとりあげが十八さいたいへんなおばあさんがある 熊「うしたエうまれたか 女「ぶじうみおとしましたヨ 熊「うまれたのはおひめさまかわかさまか 女「なにつてるんだネ、をとこだヨ 熊「をとことくればわかさまだらう、そいつありがてエおばあさんいろありがたございました、婆「くまさん、ちよいとごらんかあいうまれました 熊「う、ヘエーふしぎなもんだネ、ばかあかいネ 婆「あかいからあかんばうふぢやアありませんか、それあかおほきくなるといろしろくなるとひます 熊「めうなもんだねエ、あかいのがしろくなるのがおもしれエ、やつぱりえんさんなにかであかぬくんだとへますネ 婆「しみぬきと一しよにしてはいけない」くまさんはじめてのたいそうよろこびまして 熊「ときいつつけるんだエ、うもあかんばうぶのはをかしいな 女「てうどけふは七だからなんとかつけたらよからう 熊「うよなア、うだイおれくまだから、こいつにはとらつけたらよからう 女「とらくま……んだかどうぶつゑんつたやうだネ、ちよいとくまさんことがあるよ 熊「なんだ 女「よこちやういんきよさんはものしりだつてふからアノひとつけもらつたらいだらう、それごいんきよさんはながいきだし、おかねはあるしべつふじいういから、アノひとにあやかるやうなんとかつけてもらつたらよからう 熊「なるほど、じやアいんきよさんに一ツたのんでやう」やがくまさんいせやしちやいんきよさんのところまゐりました 熊「いんきよさんはおいでなさんすかエ、隱「コレはだれかとおもつたらくまさんかイ、マこつちへおあがり 熊「いんきよさんすこしおねがひがあつてましたが 隱「またはかまはおりではないか、おまへかしてもいが、とむらひすんでしまうとかへしてれないからこまる 熊「コレはおどろいた、おとゝしかりものおぼえてますかイ 隱「だれわすれるやつがあるものか 熊「としるとものわすれていけねエとふが、イヤにおまへさんはものおぼえがいネ、かしたものならドンわすれなくつてはこまる 熊「じようだんつちやアいけねエ 熊「ところけふめでたいことたんで 隱「こんれいかナ 熊「イエわかさまうまれたんで 隱「アーうか、おやしきごぶんべんがあつたのか 熊「エー 隱「イヤサ、おやしきごなんしごしゆつしやうあらせられたのか 熊「なんだからねエがをとこうまれたんで 隱「それけふよろこびにくのかイ 熊「なにサ、わつちところうまれたんで 隱「じぶんところうまれたものわかさまやつがあるものか 熊「けふしちやなんで 隱「それめでたいな、しろかねこがねたまなにかせん、まされるたからにしかめやも、こどもかねにまさつたたからだ 熊「なんでげすエいままへさんのつたのは 隱「アレはまんえふしふにあるこどもほめうたで、まことめでたいもの 熊「ヘエーうでございますか、ところいんきよさんおまへさんにつけもらふとおもつてましたが、なんとかながいきさうなめでてつけておくんなさい 熊「よろしい、おたのみならつけてあげやう 熊「けふしちやでおまへさんがしちやいんきよだから、てうどよからうとおもつてました 隱「んないな 熊「なんでもじやうぶそだつてながいきをすつけておくんなさい 隱「それではつるは千ねんふからつるきちとでもつけたらうだイ 熊「モーちつながいきつけておくんなさい 隱「それではかめきちうだイ、かめまんねんふからめでたいだが 熊「いくらかめめでたいたつてまんねんたてぬんでございませう 隱「さやうサ、まんねんたてぬだらうな 熊「そいつおもしろくねエ、わつしこどもなんねんたつてもなないとつけておくんなさい 隱「そんなむりことつてはこまる、それではこれはなしだがうだらうじゆげむつけたら 熊「なんでがすエ、そのじゆげむとは 隱「じゆもんじことぶきかぎる、し、つまじゆみやうかぎりなしとことだな 熊「そいつありがてエモツとめでてはありませんかイ 隱「ごくわうのすりきれず 隱「なんでげすエそれは 隱「五くわうは 隱「てんとうさまひかりだ、ぞくごくわうがさすとふ、アノごくわうばかりはどんものあたつてもけつしてすりきれない、したがつてぢやうぶながいきなもので 熊「なるほどそのほかなにめでてエのはありませんか 隱「かひじやりすゐぎよのスイギヤウバツ 熊「それわけで 隱「かひじやりふからかひじやりだ、これくらゐ海にあるかかずれぬ、スイギヤウバツふのは、みづゆくすゑもんじく、みづなんまんなんぜんりくかわからない、つまながなかるとことだ 熊「そいつめでてエ、いくこんやつだつて、みづゆくすゑじやりかんぢやうできません 隱「うだイこれよからう 熊「うでせうモーすこめでてエのはありませんか 隱「それではうだイ、ふうらいまつふのは 熊「なんですそれは 隱「かぜゆくすゑわからないとことだ 熊「なるほどモツとなげやつはありませんか 隱「クネルところにスムところとはうだ 熊「なんでげすエそれは 隱「うみにあるみづのまにくねしてかずくらゐあるかわからない、またスムところとはしやうぐわつかざりにする、アノトコロで、だいだいところみたいなどつてアレをかざりにする、めでたいものだ 熊「なるほどなにほかにありませんかイ 隱「それではヤーブラこうじのブラこうじこれうだ 熊「わけなんで 隱「やぶこうじおちてもおちぬもの、それでブラしてなかおちない、めでたいものだ それでヤーブラこうじのブラこうじふ、熊「モーちつめでてエのはありませんか 隱「それではうだ、パイポパイポのシユーリンガン、シユーリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピー、ポンポコナーのちやうきうめいちやうすけうちいのをよりとつたらいだらう 熊「そのパイポパイポとふのはなんで 隱「これむかしてんぢくわうさまながいきをしたひとで、シユーリンガンのグーリンダイとところおいでなすつた、ポンポコピーのポンポコナーとふは、これてんぢくながいきをしたごふうふで、ちやうきうめいながひさしきいのちちやうすけながたすける、これだナならべたらいつたのがあるだらう 熊「みませんがはじめツからかいておくんなさい」いんきよさんにかいてもらつたなまえにようばうさうだんしましてめでたいのこらずよせて一ツにしてしまいましたから、おそろしいながいものができました、七ツ八ツになるとがくかうまゐります、こどもあさゝそひにる 子供「じゆげむごくわうのすりきれずかひじやりすゐぎよのスイギヨーバツフーライバツクネルところにスムところヤーブラこうじのブラこうじ、パイポパイポのシユーリンガン、シユーリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピー、ポンポコナーのちやうきうめいちやうすけさんがくかうゆかう 女房「たいそうきんちやんはやいネ、いまうちのネじゆげむごくわうのすりきれずかひじやりすゐぎよすゐぎやうばつフーライバツクネルところにスムところ、ヤーブラこうじのブラこうじ、パイポパイポのシユーリンガン、シユーリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピー、ポンポコナーのちやうきうめいちやうすけいまるからネ、まつておくれ、オイきんちやんがたヨ、じゆげむごくわうのすりきれず、かひじやりすゐぎよのスイギヨーバツ、フーライバツ、クネルところにスムところ、ヤーブラこうじのブラこうじ、パイポパイポのシユーリンガン、シユーリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピー、ポンポコナーのちやうきうめいちやうすけや。はやおきないか 金「オイをばさん、がくかうおそくなるからさきくよ」うでございませう、を三ツ四ツよばれゝばたいがいおそくなる、がくかうつてけんくわをしまして、こどもつ、そのこいつけにるがたいへんさわぎ 子供「をばさんおまへところのネ、じゆげむごくわうのすりきれず、かひじやりすゐぎよのスイギヨーバツ、フーライバツ、クネルところにスムところヤーブラこうじのブラこうじ、パイポ、パイポのシユーリンガン、シユーリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピー、ポンポコナーのちやうきうめいちやうすけさんがいしあたまぶつてこんなにこぶをこしらへたヨ 女房「アラマアうちじゆげむごくわうのすりきれず、かひじやりすゐぎよのスイギヨーバツ、フーライバツ、クネルところにスムところ、ヤーブラこうじのブラこうじ、パイポパイポのシユーリンガン、シユーリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピー、ポンポコナーのちやうきうめいちやうすけがおまへぶつてコブをこしらへたのかエ、うおせ 子供「あまながいので、コブがヒツコンでしまつた。

この著作物は、1940年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)70年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は1925年1月1日より前に発行された(もしくはアメリカ合衆国著作権局に登録された)ため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。