審査未済の者に係る運転免許証の備考欄への記載について

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


審査未済の者に係る運転免許証の備考欄への記載について

警察庁丁運発第119号

昭和56年10月21日

各管区警察局交通担当部長 殿
警視庁交通部長
各道府県警察本部長
各方面本部長

警察庁交通局運転免許課長

 道路交通法附則(昭和40年6月1日法律第96号)第2条及び第5条の規定により、公安委員会が行う審査に合格していないため運転することができる自動車が限定されている者(以下「審査未済者」という。)については、その運転免許証(以下「免許証」という。)の免許の条件等欄に「審査未済」と記載し交付しているが、その記載事項の意味が運転者に必ずしも十分に理解されていないため、最近無免許運転につながるケースが目立っている。これを防止するため、審査未済者については、次回以降の免許証の更新等の機会に、「審査未済」の記載とは別に、免許証の備考欄の最下段に参考として別表のとおり記載することとしたので、事務取扱上誤りのないようにされたい。

 なお審査未済者に対しては、免許証の更新等の機会に、「審査未済」の意味が十分に理解されるよう指導方を配慮されたい。

別表

審査未済の種別 備考欄への記載
審査(普1)未済 普通車は自三車・軽車(360)のみ運転可
審査(普1・2)未済 普通車は自三車・軽車(360)のみ運転可
旅客車は自三車のみ運転可
審査(普2)未済 旅客車は自三車のみ運転可
審査(軽車)未済 普通車は軽車(360)のみ運転可

この著作物は、日本国著作権法10条2項又は13条により著作権の目的とならないため、パブリックドメインの状態にあります。同法10条2項及び13条は、次のいずれかに該当する著作物は著作権の目的とならない旨定めています。

  1. 憲法その他の法令
  2. 国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が発する告示、訓令、通達その他これらに類するもの
  3. 裁判所の判決、決定、命令及び審判並びに行政庁の裁決及び決定で裁判に準ずる手続により行われるもの
  4. 上記いずれかのものの翻訳物及び編集物で、国若しくは地方公共団体の機関、独立行政法人又は地方独立行政法人が作成するもの
  5. 事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道

この著作物は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、“制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料”が含まれます。