孟子/梁惠王上

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

卷之一

梁惠王章句上


孟子見梁惠王。王曰:「叟!不遠千里而來,亦將有以利吾國乎?」 孟子對曰:「王!何必曰利?亦有仁義而已矣。王曰:『何以利吾國?』大夫曰:『何以利吾家?』士庶人曰:『何以利吾身?』上下交征利而國危矣。萬乘之國,弒其君者,必千乘之家;千乘之國,弒其君者,必百乘之家。萬取千焉,千取百焉,不爲不多矣。苟爲後義而先利,不奪不饜。未有仁而遺其親者也,未有義而後其君者也。王亦曰仁義而已矣,何必曰利?」

まうしりやうけいわうまみゆ。わう曰く、そうとおしとせずしてきたる。亦まさに以て吾が國を利する有らんとするか。まうしこたへて曰く、わうなんかならずしも利と曰わん、またじんぎ有るのみ。わうなにを以て吾が國を利せんと曰ひ、たいふは何を以て吾がいへを利せんと曰ひ、ししよじんは何を以て吾が身を利せんと曰ひ、じやうげこもごもりてくにあやふし。ばんじようくに、其君をしいするものは、かならず千じよういへなり。千じようくにそのきみしいするものは、かならず百じよういへなり。萬に千を取り、千に百を取らば、おほからずと爲さず。まことのちにして利をさきにするをさば、うばはずんばかず。いまだ仁にしてそのしんする者は有らざるなり。いまにしてそのきみのちにする者はらざるなり。わうまたじんぎはんのみ。なんかならずしもはん。〉

孟子見梁惠王。王立於沼上,顧鴻雁麋鹿,曰:“賢者亦樂此乎?” 孟子對曰:「賢者而後樂此,不賢者雖有此,不樂也。詩云:『經始靈臺,經之營之,庶民攻之,不日成之。經始勿亟,庶民子來。王在靈囿,麀鹿攸伏,麀鹿濯濯,白鳥鶴鶴。王在靈沼,於牣魚躍。』文王以民力爲臺爲沼,而民歡樂之,謂其臺曰靈臺,謂其沼曰靈沼,樂其有麋鹿魚鱉。古之人與民偕樂,故能樂也。湯誓曰:『時日害喪,予及女皆亡。』民欲與之偕亡,雖有臺池鳥獸,豈能獨樂哉?」

まうしりやうけいわうまみゆ。わういけほとりに立ち、こうがんびろくかへりみて曰く、けんしやまたれをたのしむか。まうしこたへて曰く、けんしやにしてしかのちこれたのしむ。ふけんしやれ有りといへども樂まざるなり。詩に云ふ、れいだいけいしし、これけいこれえいす。しよみんこれをさむ、ならずしてこれす。けいしすみやかにするなかれ、しよみんのごとくきたる。わうれいいうれば、いうろくところいうろくたくたり。はくてうかくたり。わうれいせうれば、あゝちてうををどると。ぶんわうたみちからを以て、だいつくり、いけつくる。たみこれくわんらくす。そのだいひてれいだいと曰ひ、そのいけひてれいせうふ。そのびろくぎよべつるをたのしむ。いにしへの人はたみともたのしむ。ゆゑたのしむなり。たうせいいはく、いつほろびん、われなんぢともほろびんと。たみこれともほろびんとほつせば、だいちてうじう有りといへども、ひとたのしまんや。〉

梁惠王曰:「寡人之於國也,盡心焉耳矣。河內凶,則移其民於河東,移其粟於河內;河東凶亦然。察鄰國之政,無如寡人之用心者。鄰國之民不加少,寡人之民不加多,何也?」 孟子對曰:「王好戰,請以戰喻。塡然鼓之,兵刃既接,棄甲曳兵而走。或百步而後止,或五十步而後止;以五十步笑百步,則何如?」 曰:「不可,直不百步耳,是亦走也。」 曰:「王如知此,則無望民之多於鄰國也。」「不違農時,穀不可勝食也;數罟不入洿池,魚鼈不可勝食也;斧斤以時入山林,材木不可勝用也。穀與魚鼈不可勝食,材木不可勝用,是使民養生喪死無憾也。養生喪死無憾,王道之始也。」「五畝之宅,樹之以桑,五十者可以衣帛矣;雞豚狗彘之畜,無失其時,七十者可以食肉矣;百畝之田,勿奪其時,數口之家可以無饑矣;謹庠序之敎,申之以孝悌之義,頒白者不負戴於道路矣。七十者衣帛食肉,黎民不饑不寒,然而不王者,未之有也!」「狗彘食人食而不知檢,塗有餓莩而不知發,人死,則曰:『非我也,歲也。』是何異於刺人而殺之,曰:『非我也,兵也。』王無罪歲,斯天下之民至焉。」

りやうけいわう曰く、くわじんくにけるや、こころくすのみ。かだいきようなれば、すなはそのたみかとううつし、そのぞくかだいうつす。かとうきようなるもまたしかり。りんごくまつりごとさつするに、くわじんこころもちふるがごとものし。りんごくたみすくなきをくわへず、くわじんたみおほきをくはへざるはなんぞや。まうしこたへて曰く、わうたゝかひこのめり。たゝかひもつて喻へん。てんぜんとしてこれし、へいじんすでせつかふへいいてはしる。あるひは百步にしてしかのちとゞまり、あるひは五十にしてしかのちとゞまる。五十もつて、百わらはば、すなはいかん。曰く、ふかなり。たゞならざるのみ。またはしるなり。曰く、わうこれらば、すなはたみりんごくよりおほきをのぞなかれ。のうときたがはざれば、こくげてくらからざるなり。さくこおちに入らざれば、ぎよべつげてくらからざるなり。ふきんときもつさんりんれば、ざいもくげてもちからざるなり。こくぎよべつげてくらからず、ざいもくげてもちからざるは、たみをしてせいやしなしてうらからしむるなり。せいやしなしてうらみなきは、わうだうはじめなり。五たくこれうるにくわもつてせば、五十のものもつはくし。けいとんこうていやしなひそのときうしなふなくば、七十のものもつにくくらし。百でんそのときうばふ勿くば、すうこういへもつうるなかるし。しやうじよをしへつゝしみ、これかさぬるにかうていもつてせば、ばんぱくものだうろふさいせず。七十の者はくにくくらひ、れいみん饑ゑずこゞえずして、しかしてわうたらざる者は、いまらざるなり。こうていひとしよくしよくしてけんするをらず。みちがへう有りてはつするをらず。ひとすればすなはち曰く、われあらざるなりとしなりと。なんひとしてこれころし、われあらざるなりへいなりと曰ふにことならん。わうとしつみすることなくば、こゝてんかたみいたらん。〉

梁惠王曰:「寡人願安承敎。」 孟子對曰:「殺人以梃與刃,有以異乎?」 曰:「無以異也。」 「以刃與政,有以異乎?」 曰:「無以異也。」 曰:「庖有肥肉,廄有肥馬,民有饑色,野有餓莩,此率獸而食人也。獸相食,且人惡之;爲民父母,行政,不免於率獸而食人。惡在其爲民父母也?仲尼曰:『始作俑者,其無後乎!』爲其像人而用之也。如之何其使斯民饑而死也?」

りやうけいわう曰く、くわじんねがはくはやすんじてをしへけん。」 まうしこたへて曰く、ひところすにつゑもつてするとやいばもつことなるるか。いはく、もつことなるなきなり。やいばを以てするとまつりごとと以てことなるあるか。曰く、もつことなるきなり。曰く、はうひにく有り、うまやひば有り,たみきしよくり、がへうり。けだものひきゐてひとましむるなり。じうあひむすら、ひとこれにくむ。たみふぼり、まつりごとおこなうて、けだものひきゐてひとまするをまぬかれず。いづくんたみふぼたるにらん。ちうぢ曰く、はじめてようつくものは、のちからんかと。ひとかたどりてこれもちふるがめなり。これいかんぞ、たみをしてゑてなしめん。〉

梁惠王曰:「晉國,天下莫强焉,叟之所知也。及寡人之身,東敗於齊,長子死焉;西喪地於秦七百里;南辱於楚。寡人恥之,願比死者壹洒之,如之何則可?」 孟子對曰:「地,方百里而可以王。王如施仁政於民,省刑罰,薄稅斂,深耕易耨;壯者以暇日修其孝悌忠信,入以事其父兄,出以事其長上,可使制梃以撻秦楚之堅甲利兵矣。 「彼奪其民時,使不得耕耨以養其父母。父母凍餓,兄弟妻子離散。彼陷溺其民,王往而征之,夫誰與王敵?故曰:『仁者無敵。』王請勿疑!」

りやうけいわう曰く、しんこくてんかこれよりつよきは、そうれるところなり。くわじんに及び、ひがしせいやぶられちやうしす。にししんうしなふ七百里。みなみはづかしめらる。くわじんこれづ。ねがはくはするときまでにひとたびこれそゝがん、これいかにせばすなはならん。まうしこたへて曰く、ちはうにしてしかうして以てわうたるし。わうじんせいたみほどこし、けいばつはぶぜいれんうすくし、ふかたがやをさくさぎり、さうしやかじつを以て、そのかうていちうしんをさめ、りては以てそのふけいつかへ、でては以てそのちやうじやうつかへば、つゑせいして以てしんそけんかふりへいたしむし。 かれそのたみときうばひ、かうだうして以てそのふぼやしなふをざらしむ。ふぼとうがし、けいていさいしりさんす。かれそのたみかんできす。わうきてこれせいせば、たれわうてきせん。ゆゑに曰く、じんしやてき無しと。』わううたがなかれ。〉

孟子見梁襄王,出,語人曰:「望之不似人君,就之而不見所畏焉。卒然問曰:『天下惡乎定?』 「吾對曰:『定於一。』 「『孰能一之?』 「對曰:『不嗜殺人者能一之。』 「『孰能與之?』 「對曰:『天下莫不與也。王知夫苗乎?七八月之間旱,則苗槁矣。天油然作雲,沛然下雨,則苗浡然興之矣。其如是,孰能御之?今夫天下之人牧,未有不嗜殺人者也。如有不嗜殺人者,則天下之民皆引領而望之矣。誠如是也,民歸之,由水之就下,沛然誰能御之?』」

まうしりやうじやうわうまみゆ。でてひとかたりて曰く、これのぞむにじんくんず。これきておそるゝところず。そつぜんとしてうていはく、てんかいづくにかさだまらん。われこたへて曰く、一にさだまらん。たれこれいつにせん。こたへて曰く、ひところすをたしまざるものこれいつにせん。たれこれくみせん。こたへて曰く、てんかくみせざるきなり。わうなへるか。七八月のあひだひでりすればすなはなへる。てんいうぜんとしてくもおこし、はいぜんとしてあめくだせば、すなはなへぼつぜんとしてこれおこる。かくごとくば、たれこれとゞめん。いまてんかじんぼくいまひところすをたしまざる者あらざるなり。ひところすをたしまざる者あらば,すなはてんかたみみなえりきてこれのぞまん。まことかくごとくならばたみこれする、みずひくきはいぜんたるがごとし。たれこれとゞめん。〉

齊宣王問曰:「齊桓、晉文之事可得聞乎?」 孟子對曰:「仲尼之徒,無道桓、文之事者,是以後世無傳焉;臣未之聞也。無以,則王乎?」 曰:「德何如則可以王矣?」 曰:「保民而王,莫之能禦也。」 曰:「若寡人者,可以保民乎哉?」 曰:「可。」 曰:「何由知吾可也?」 曰:「臣聞之胡齕曰,王坐於堂上,有牽牛而過堂下者,王見之,曰:『牛何之?』對曰:『將以釁鐘。』王曰:『舍之!吾不忍其觳觫,若無罪而就死地。』對曰:『然則廢釁鐘與?』曰:『何可廢也?以羊易之!』——不識有諸?」 曰:「有之。」 曰:「是心足以王矣。百姓皆以王爲愛也。臣固知王之不忍也。」 王曰:「然;誠有百姓者。齊國雖褊小,吾何愛一牛?卽不忍其觳觫,若無罪而就死地,故以羊易之也。」 曰:「王無異於百姓之以王爲愛也。以小易大,彼惡知之?王若隱其無罪而就死地,則牛羊何擇焉?」 王笑曰:「是誠何心哉?我非愛其財而易之以羊也。宜乎百姓之謂我愛也。」 曰:「無傷也,是乃仁術也,見牛未見羊也。君子之於禽獸也,見其生,不忍見其死;聞其聲,不忍食其肉。是以君子遠庖廚也。」

せいせんわううていはく、せいくわんしんぶんことくをべきか。まうしこたへて曰く、「ちうぢは、くわんぶんことものなし。これもつこうせいつたふるなし。しんいまこれかざるなり。むなくんばすなはわうか。 曰く、とくいかなれば、すなはち以てわうたるき。曰く、たみやすんじてわうたらば、これふせきなり。曰く、くわじんごともの以てたみやすんずきか。曰く、。曰く、なにりてなるをるや。曰く、しんこれここつく、曰く、わうだうじやういます、うしいてだうかぐるものあり、わうこれて曰く、うしいづくにく。こたへて曰く、將に以てかねちぬらんとすと。わう曰く、これけ。われこくそくとして,つみくしてしちくがごとくなるにしのびず。こたへて曰く、しからばすなはかねちぬるをはいせんか。曰く、なんはいけん。ひつじを以て、これへよと。らずこれありや。曰く、これり。曰く、このこゝろ以てわうたるにる。ひやくせいみなわうを以てしむとすなり。しんもとよりわうしのびざるをる。わう曰く、しかり。まことひやくせいなるものあり。せいこくへんせういへども、われなんぞ一ぎうをしまんや。すなはそのこくそくとしてつみなくしてしちくがごとくなるにしのびず。ゆゑひつじを以てこれふるなり。曰く、わうせいわうを以てをしむとすをあやしむかれ。せうを以てだいふ、いづくんぞこれらん。わうつみくしてしちくをいたまば、すなはぎうやうなんえらばん。わうわらひて曰く、まことなんこゝろぞや。われそのざいをしんで、しかしてこれふるにひつじを以てするにあらざるなり。むべなるかな、百せいわれをしむとふや。曰く、いたむなきなり。すなはじんじゆつなり。うして未だひつじざればなり。くんしきんじうに於けるや、そのせいては、そのしるにしのびず。そのこゑけばそのにくくらふにしのびず。こゝを以てくんしはうちうとほざくるなり。〉

王說曰:《詩》云:『他人有心,予忖度之。』夫子之謂也。夫我乃行之,反而求之,不得吾心。夫子言之,於我心有戚戚焉。此心之所以合於王者,何也?」 曰:「有復於王者曰:『吾力足以舉百鈞,而不足以舉一羽;明足以察秋毫之末,而不見輿薪。』則王許之乎?」 曰:「否。」 「今恩足以及禽獸,而功不至於百姓者,獨何與?然則一羽之不舉,爲不用力焉;輿薪之不見,爲不用明焉;百姓之不見保,爲不用恩焉。故王之不王,不爲也,非不能也。」 曰:「不爲者與不能者之形何以異?」 曰:「挾太山以超北海,語人曰,『我不能。』是誠不能也。爲長者折枝,語人曰,『我不能。』是不爲也,非不能也。故王之不王,非挾太山以超北海之類也;王之不王,是折枝之類也。 「老吾老,以及人之老;幼吾幼,以及人之幼,天下可運於掌。《詩》云:『刑於寡妻,至於兄弟,以御於家邦。』言舉斯心加諸彼而已。故推恩足以保四海,不推恩無以保妻子。古之人所以大過人者,無他焉,善推其所爲而已矣。今恩足以及禽獸,而功不至於百姓者,獨何與?」「權,然後知輕重;度,然後知長短。物皆然,心爲甚。王請度之!」

わうよろこんで曰く、に云ふ、たにんこゝろり、われこれそんたくすとは、ふうしひなり。われすなはこれおこなひ、かへつてこれもとめて、こゝろず。ふうしこれひ、こゝろおいせきえんたるあり。このこゝろわうゆゑんものなんぞや。曰く、わうまうものり。曰く、ちから以て百きんあぐるにる、しかして以て一ぐるにらず、めいは以てしうがうまつさつするにる、しかうしてよしんずと。すなはわうこれゆるさんか。曰く、いないまおんは以てきんじうおよぶにり、しかしてこうひやくせいいたらざるは、ひとなんぞや。しからばすなはち一あがらざるは、ちからもちひざるがめなり。よしんえざるは、めいもちひざるがめなり。ひやくせいやすんぜられざるは,おんもちひざるがめなり。ゆゑわうわうたらざるはさざるなり。あたはざるにあらざるなり。曰く、さざる者とあたはざる者とのかたちは、なにを以てことなる。曰く、たざんさしはさみ以てほつかいえんと。ひとかたりて曰く、われあたはずと。まことあたはざるなり。ちやうじやめにせつす。ひとかたりて曰く、われあたはずと。さざるなり。あたはざるに非ざるなり。ゆゑわうわうたらざるは、たいざんさしはさみて以てほつかいゆるのるゐに非ざるなり。わうわうたらざるは、せつするのるゐなり。 らうらうとして、以てひとらうおよぼし、えうえうとして、以てひとえうおよぼさば、てんかたなごころめぐらし。に云ふ、かさいけいし、けいていいたり、以てかはうぎよすと。ふはこゝろげて、これかれくはふるのみ。ゆゑおんせば、以て四かいやすんずるにり、おんさざれば、以てさいしやすんずるなし。いにしへひとおほいにひとぐるゆゑんものなし。ところすのみ。いまおんは以てきんじうおよぶにり、しかしてこうひやくせいいたらざるは、ひとなんぞや。けんありてしかのちけいぢゆうり、ありてしかのちちやうたんる。ものみなしかり。こゝろはなはだしとす。わうこれはかれ。〉

「抑王興甲兵,危士臣,構怨於諸侯,然後快於心與?」 王曰:「否!吾何快於是?將以求吾所大欲也。」 曰:「王之所大欲,可得聞與?」 王笑而不言。 曰:「爲肥甘不足於口與,輕暖不足於體與?抑爲采色不足視於目與?聲音不足聽於耳與?便嬖不足使令於前與?王之諸臣,皆足以供之,而王豈爲是哉?」 曰:「否!吾不爲是也。」 曰:「然則王之大欲可知已,欲闢土地,朝秦楚,蒞中國而撫四夷也。以若所爲,求若所欲,猶緣木而求魚也。」 王曰:「若是其甚與?」 曰:「殆有甚焉。緣木求魚,雖不得魚,無後災;以若所爲,求若所欲,盡心力而爲之,後必有災。」 曰:「可得聞與?」 曰:「鄒人與楚人戰,則王以爲孰勝?」 曰:「楚人勝。」 曰:「然則小固不可以敵大,寡固不可以敵衆,弱固不可以敵强。海內之地方千里者九,齊集有其一。以一服八,何以異於鄒敵楚哉?蓋亦反其本矣。 」

そもわうかふへいおこし、ししんあやふくし、うらみしよこうかまへ、しかのちこゝろこゝろよきか。わう曰く、いなわれなんこれこゝろよしとせん。まさに以ておほいにほつするところもとめんとするなり。曰く、わうおほいにほつするところは、くをべきか。わうわらひてはず。 曰く、ひかんくちらざるがめか、けいだんたいらざるか、そもさいしよくるにらざるがめか せいおんみゝくにらざるか、べんへいまへしれいするにらざるか、わうしよしんみな以てこれきようするにれり。しかしてわうこれためならんや。曰く、いなわれれがめならざるなり。曰く、しからばすなはわうおほいにほつするところきのみ。とちひらき、しんそてうし、ちうごくのぞみて四せんとほつするなり。かくのごとところを以て、かくのごとほつするところもとめば、りてうをもとむるがごときなり。わう曰く、かくごとはなはだしきか。曰く、ほとんどこれよりはなはだしきり。りてうをもとむるは、うをずといへども、こうさいなし、かくのごとところを以て、かくのごとほつするところもとめば、しんりよくつくして、これすも、のちかならさいあらん。曰く、くをべきか。曰く、すうひとそひとたゝかへば、すなはわう以ていづれかかつす、曰く、そひとたん。曰く、しからばすなはせうもとより以てだいてきからず。くわもとよりしうてきからず。じやくもとより以てきやうてきからず。かいだいはうせんりなるもの九、せいあつめてその一をたもつ。一を以てはちふくするは,なにを以てすうてきするにことならんや。なんまたそのもとかへらざる。〉

「今王發政施仁,使天下仕者皆欲立於王之朝,耕者皆欲耕於王之野,商賈皆欲藏於王之市,行旅皆欲出於王之途,天下之欲疾其君者皆欲赴愬於王。其若是,孰能御之?」 王曰:「吾惛,不能進於是矣。願夫子輔吾志,明以敎我。我雖不敏,請嘗試之。」 曰:「無恆產而有恆心者,惟士爲能。若民,則無恆產,因無恆心。苟無恆心,放辟邪侈無不爲已。及陷於罪,然後從而刑之,是罔民也。焉有仁人在位罔民而可爲也?是故明君制民之產,必使仰足以事父母,俯足以畜妻子,樂歲終身飽,凶年免於死亡;然後驅而之善,故民之從之也輕。 」「今之制民之產,仰不足以事父母,俯不足以畜妻子;樂歲終身苦,凶年不免於死亡。此惟救死而恐不贍,奚暇治禮義哉? 」「王欲行之,則盍反其本矣:五畝之宅,樹之以桑,五十者可以衣帛矣。雞豚狗彘之畜,無失其時,七十者可以食肉矣。百畝之田,勿奪其時,八口之家可以無饑矣。謹庠序之敎,申之以孝悌之義,頒白者不負戴於道路矣。老者衣帛食肉,黎民不饑不寒,然而不王者,未之有也。」

いまわうまつりごとはつじんほどこさば、てんかつかふるものをしてみなわうてうたんとほつせしめ,たがへものをしてみなわうたがやさんとほつせしめ、しやうこをしてみなわうをさめんとほつせしめ,かうりよをしてみなわうみちでんとほつせしめ、てんかそのきみにくまんとほつするものをして、みなわうおもむうつたへんとほつせしむ。かくごとくば、れかこれとゞめん。わう曰く、われくらくしてこゝすゝむことあたはず。ねがはくはふうしこゝろざしたすけ、あきらかに以てわれをしへよ。われふびんいへども、これしやうしせん。曰く、こうさんくしてこうしんものは、たゞのみくするをす。たみごときはすなはこうさんければ、よつこうしんし、いやしくこうしんければ、はうへきじやしさざるきのみ。つみおちいるにおよび、しかのちしたがうてこれけいす,たみあみするなり。いづくんじんじんくらゐり、たみあみするをしかけんや。ゆゑめいくんたみさんせいし、かならあふいで以てふぼつかふるにり、して以てさいしやしなふにり、らくさいにはしうしんき、きようねんにはしばうまぬかれしめ、しかのちりてぜんかしむ。ゆゑたみこれしたがふやかろし。 いまたみさんせいし、あふいで以てふぼつかふるにらず、して以てさいしやしなふにらず。らくさいにもしうしんくるしみ、きようねんにはしばうまぬかれず。たゞすくうてらざるをおそる。なんれいぎをさむるにいとまあらんや。わうこれおこなはんとほつせば、すなはなんそのもとかへらざる。五たくこれうるにくはもつてせば、五十のもの以てはくし。けいとんこうていやしなひそのときうしなくば、七十のもの以てにくし。百でんそのときうばくば、八こういへ以てうるかるし。しやうじよをしへつゝしみ、これかさぬるにかうていを以てせば、はんぱくものだうろふたいせず。らうしやはくにくくらひ、れいみんゑずこゞえず。しかしかしてわうたらざるものいまらざるなり。〉