奉天造兵所造兵報恩碑

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

全文[編集]

昭和六年九月十八日柳條溝爆破ニ端ヲ發シタル滿洲事變ハ關東軍ノ神速果敢ナル作戰行動ニ依リ暴惡極リナキ舊東三省軍閥政權ヲ覆滅シ滿洲帝國創業ノ素地成ルト共ニ東亞新秩序建設ノ聖業玆ニ黎明ヲ告ク蓋シ世界史上空前ノ盛事ト謂フヘシ

顧フニ凶器製造ノ渕叢タリシ舊東三省兵工厰ハ事變勃發ト共ニ逸早ク現地守備隊ノ占領スル所トナリ後幾何モナク軍指導ノ下ニ我カ奉天造兵所設立セラルルヤ一朝ニシテ聖武造兵ノ大殿堂ト化シ日滿兩國軍ノ前進兵器製造機關タル大使命ノ下ニ滿洲支那両事變ヲ通シ天業翼賛ノ光榮ヲ擔ヘルハ職ヲ本社ニ奉スル者ノ齊シク興起感激シテ措ク能ハサル處ナリ此レ固ヨリ御稜威ノ下ニ忠勇壯烈ナル皇軍將兵ノ致セシ武勲殊ニ事變ノ爲メ骨ヲ滿洲ノ曠野ニ曝シタル殉國ノ英靈コソハ實ニ本社永逺不動ノ基礎ヲ奠定シタル人柱タルコトヲ思ヒ本社從業員ハ居常真摯敬虔親和協睦シテ以テ高遠ナル使命ノ遂行ヲ期シ鴻恩ニ報エルノ道ヲ圖テサル可カラス

適々光輝アル紀元二千六百年ヲ迎フルニ方リ全從業員ノ總意ヲ以テ淨財ヲ醵集シ滿洲事變記念日ヲトシテ記念碑ヲ建設シ事變當時關東軍統率ノ大使命ヲ完遂セシ本庄大將閣下ノ揮灑セル本社永遠ノ目標タル造兵報恩ノ四字ヲ碑表ニ刻シ併セテ本社沿革ノ槪要ヲ記シ以テ後世ニ傳ヘントス

沿革

一、舊東三省兵工厰ハ民國十年ノ創業ニシテ昭和二十六年九月十九日關東軍ニ占據セラル

一、昭和七年十月二十九日關東軍司令官ノ監督ノ下ニ日本國法人株式會社奉天造兵所設立セラン陸軍中將黑崎延次郎閣下初代社長ニ就任ス

一、康德四年七月二十四日株式會社奉天造兵所法ニ基キ滿洲國法人ニ改組セラシ陸軍中將村瀬文雄閣下初代理事長ニ就任ス

皇紀二千六百年九月十八日

第二代理事長從四位勲二等陸軍少將 三村友茂

この著作物は、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物は、アメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。