大小便所使用について

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


経済一号

大小便所使用について

経理部部策 カン・ジェガプ

1950年7月12日

わが会館をきれいにすることは,我らの任務であり,責任である。銃剣をもって戦線で戦うことだけが戦士ではなく,会館をきれいにし,各自の机までも確りと整頓することも我らの職務である。従って,本会館に居る全ての同務は,一般平組合員の模範となる便所使用をすることを望む。

便所使用に対する注意

一 大便は,必ず便器内にする。如何に急いで居てもこの規則は,必ず守らなければならない。

二 落とし紙は,柔らかい物を用いること。紙が硬かったり,布切れを用いると排水溝が詰まるため特に注意を要する。

三 小便器・洗面器には,たばこの吸い殻などのものを捨てない。

これを守らない同務は,会館を使用しないで下さい。伝染病が猖獗する時期なので,特に皆さんの注意を願う。

この著作物又はその原文は、朝鮮民主主義人民共和国著作権法12条により著作権の適格がないため、パブリックドメインの状態にあります。該当する文書には,政府等により商業的目的で創作された著作物を除くほか,次のものが含まれます。:

  1. 国家管理文書
  2. 時事報道物
  3. 通報資料
  4. その他これらに準ずるもの

この著作物又はその原文は、本国又は著作物の最初の発行地の著作権法によって保護されない著作物であり、保護期間が0年の著作物と見なされるため、日本国においてパブリックドメインの状態にあります。(日本国著作権法第58条及びウィキペディアの解説参照。)


この著作物又はその原文は、米国政府、又は他国の法律、命令、布告、又は勅令等(Edict of governmentも参照)であるため、ウィキメディアサーバの所在地である米国においてパブリックドメインの状態にあります。“Compendium of U.S. Copyright Office Practices”、第3版、2014年の第313.6(C)(2)条をご覧ください。このような文書には、"制定法、裁判の判決、行政の決定、国家の命令、又は類似する形式の政府の法令資料"が含まれます。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。