大塚徹・あき詩集/虚冬愛妻の詩

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


虚冬愛妻の詩[編集]

妻よ。なんにも愚痴るまい、夢も昔も
ただもう古呆けた青磁のように、
しょせんひびのはいったこの身と心。

洗えば血のにじたつきかげだ。

叩けば埃もたつ情痴のしみ

妻はみおも
やがてうまれでるわが子の心もとないゆく末よ
たがいにいたわりいたわる今朝の冬――

家をめぐってすすり泣く、凩の
せめてはだかにかえるつつましい落葉を焚いて
なあ、いとしい妻よ、ともに熱い澁茶などすす
 ろう。

端座すれば、身近に濛々とたちのぼる
湯気は淡粧のニヒルの香気。
妻もたちよりて泣く竹影の朽窓。

〈昭和七年、愛誦〉