大塚徹・あき詩集/杳き暴風

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


杳き暴風[編集]

海のかなた はろかに
とおざかりゆく あらし
わが死は
かく靜かに――かく寂しく――
雪雲垂るる 曠野の涯
述懐の 緑のころも ぬぎ棄てて
慄然と 佇む
いっぽんの 裸木
   かかるとき 漆黒の大鴉
   夕昏の 枯梢にてて
   ――啼かず 翔ばず
わが太陽は 虚しく
とこ闇の瞑府に沈む。

歳月とともに
友情の花束も 色褪せゆかむ。
わが死を歎く うかららも
やがては めでたく この世を終えむ
かくて 後の世に
しきを訪う 旅人が
世に人にいれられざりし うたびと
至福なるわが永却の うまいをさます杖もあら
 じ。

その
紫のすみれなど ほのかに匂い
白骨は 青苔にあらわれて
轣轆と 響き
寥冷と ひか
よろかげろう おくつき
春風秋雨――ひそひそやかにめぐりめぐりて
 ――

ホリゾント かすかに
消えてゆくあらしのごとく
わが臨終は 孤り 微笑えみつつ
靜かにしづかに――寂しくさみしくあれよ、
 と。

〈昭和十六年、日本詩壇〉