大塚徹・あき詩集/北海の蟹

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


北海の蟹[編集]

陽に興じては
花粉のごとく風にながれ
たそがれにおどろきては
鳥のごとく巣にかえる
あわれ友よ
今日もまた旅をゆくか

海あらき
北国の大いなる蟹を
ふるさとのわれに送りきたれり

(この蟹のかお
恐げに 醜く
毒気あり
食えばかならず死すならむ―)
おどけたる手紙をよみて
恐れを抱きしごと
わが家の妻も児どもも食わずと言う。

北海にそだちし蟹は
今宵 南海の
つれなき男に 食われいる

おどけたる友よ
毒気ある蟹は
うまし。

〈昭和四年、愛誦〉