報恩記

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動




     あまかわじんないの話


 わたしはじんないと云うものです。みょうじは――さあ、世間ではずっと前から、あまかわじんないと云っているようです。阿媽港甚内、――あなたもこの名は知っていますか? いや、驚くには及びません。わたしはあなたの知っている通り、評判の高いぬすびとです。しかし今夜参ったのは、盗みにはいったのではありません。どうかそれだけは安心して下さい。

 あなたはにほんにいるばてれんの中でも、道徳の高い人だと聞いています。して見れば盗人と名のついたものと、しばらくでも一しょにいると云う事は、愉快ではないかも知れません。が、わたしも思いのほか、盗みばかりしてもいないのです。いつぞやじゅらくごてんへ召されたるそんすけざえもんてだいの一人も、確か甚内と名乗っていました。またりきゅうこじちんちょうしていた「赤がしら」と称える水さしも、それを贈ったれんがしほんみょうは、じんないとか云ったと聞いています。そう云えばつい二三年以前、あまかわにっきと云う本を書いた、おおむらあたりのつうじの名前も、甚内と云うのではなかったでしょうか? そのほかさんじょうがわらの喧嘩に、カピタン「まるどなど」を救ったこむそうさかいみょうこくじ門前に、なんばんの薬を売っていた商人、……そう云うものも名前を明かせば、何がし甚内だったのに違いありません。いや、それよりも大事なのは、去年この「さん・ふらんしすこ」のみてらへ、おん母「まりや」の爪を収めた、おうごんしゃりとうを献じているのも、やはり甚内と云う信徒だった筈です。

 しかし今夜は残念ながら、一々そう云う行状を話している暇はありません。ただどうかあまかわじんないは、世間一般の人間と余り変りのない事を信じて下さい。そうですか? では出来るだけ手短かに、わたしの用向きを述べる事にしましょう。わたしはある男の魂のために、「みさ」の御祈りを願いに来たのです。いや、わたしの血縁のものではありません。と云ってもまたわたしのはがねに、血を塗ったものでもないのです。名前ですか? 名前は、――さあ、それは明かしていかどうか、わたしにも判断はつきません。ある男の魂のために、――あるいは「ぽうろ」と云う日本人のために、めいふくを祈ってやりたいのです。いけませんか?――なるほど阿媽港甚内に、こう云う事を頼まれたのでは、手軽に受合う気にもなれますまい。ではとにかく一通り、事情だけは話して見る事にしましょう。しかしそれには生死を問わず、たごんしない約束が必要です。あなたはその胸のくるすに懸けても、きっと約束を守りますか? いや、――失礼はゆるして下さい。(微笑)ばてれんのあなたを疑うのは、ぬすびとのわたしにはせんじょうでしょう。しかしこの約束を守らなければ、(突然まじめに)「いんへるの」の猛火に焼かれずとも、げんぜばちくだる筈です。

 もう二年あまり以前の話ですが、ちょうどあるこがらしの真夜中です。わたしはうんすいに姿を変えながら、京のまちなかをうろついていました。京の町中をうろついたのは、そのに始まったのではありません。もうかれこれ五日ばかり、いつもしょこうを過ぎさえすれば、必ず人目に立たないように、そっと家々をうかがったのです。勿論何のためだったかは、註を入れるにも及びますまい。殊にその頃はまりかへでも、一時渡っているつもりでしたから、余計にかねの入用もあったのです。

 町は勿論とうの昔に人通りを絶っていましたが、星ばかりきらめいた空中には、やみもない風の音がどよめいています。わたしは暗いのきづたいに、おがわどおりをくだって来ると、ふと辻を一つまがった所に、大きいかどやしきのあるのを見つけました。これは京でも名を知られた、ほうじょうややそうえもんの本宅です。同じとかいを渡世にしていても、北条屋はとうていかどくらなどと肩を並べる事は出来ますまい。しかしとにかくしゃむろるそんへ、船の一二そうも出しているのですから、一かどのぶげんしゃには違いありません。わたしは何もこのうちを目当に、うろついていたのではないのですが、ちょうどそこへ来合わせたのを幸い、ひとかせぎする気を起しました。その上前にも云った通り、は深いし風も出ている、――わたしの商売にとりかかるのには、万事持って来いのすんぽうです。わたしは路ばたのてんすいおけうしろに、あじろの笠や杖を隠した上、たちまち高塀を乗り越えました。

 世間のうわさを聞いて御覧なさい。あまかわじんないは、忍術を使う、――誰でも皆そう云っています。しかしあなたは俗人のように、そんな事は本当と思いますまい。わたしは忍術も使わなければ、悪魔も味方にはしていないのです。ただあまかわにいた時分、ポルトガルの船の医者に、究理の学問を教わりました。それを実地に役立てさえすれば、大きい錠前をじ切ったり、重いかんぬきを外したりするのは、格別むずかしい事ではありません。(微笑)今までにない盗みの仕方、――それもにっぽんと云う未開の土地は、十字架や鉄砲の渡来と同様、やはり西洋に教わったのです。

 わたしは一ときとたたない内に、北条屋のうちの中にはいっていました。が、暗いろうかをつき当ると、驚いた事にはこのよふけにも、まだほかげのさしているばかりか、話し声のする小座敷があります。それがあたりのようすでは、どうしても茶室に違いありません。「こがらしの茶か」――わたしはそうくしょうしながら、そっとそこへ忍び寄りました。実際その時は人声のするのに、仕事のじゃまを思うよりも、すきを凝らした囲いの中に、このの主人や客に来た仲間が、どんな風流を楽しんでいるか?――そんな事に心がかれたのです。

 ふすまの外に身を寄せるが早いか、わたしの耳には思った通り、かまのたぎりがはいりました。が、その音がすると同時に、意外にも誰か話をしては、泣いている声が聞えるのです。誰か、――と云うよりもそれは二度と聞かずに、女だと云う事さえわかりました。こう云うたいけの茶座敷に、真夜中女の泣いていると云うのは、どうせただ事ではありません。わたしは息をひそめたまま、幸い明いていたふすますきから、茶室の中をのぞきこみました。

 あんどんの光に照された、こしきしらしいとこの懸け物、懸けはないれしもぎくの花。――かこいの中には御約束通り、物寂びた趣が漂っていました。その床の前、――ちょうどわたしのましょうめんに坐った老人は、主人のやそうえもんでしょう、何かこまかいからくさの羽織に、じっと両腕を組んだまま、ほとんどよそ眼に見たのでは、釜のえ音でも聞いているようです。弥三右衛門のしもざには、ひんこうがいまげの老女が一人、これは横顔を見せたまま、時々涙を拭っていました。

「いくら不自由がないようでも、やはり苦労だけはあると見える。」――わたしはそう思いながら、自然と微笑をらしたものです。微笑を、――こう云ってもそれはほうじょうや夫婦に、悪意があったのではありません。わたしのように四十年間、あくみょうばかり負っているものには、他人の、――殊に幸福らしい他人の不幸は、自然と微笑を浮ばせるのです。(残酷な表情)その時もわたしは夫婦の歎きが、かぶきを見るように愉快だったのです。(皮肉な微笑)しかしこれはわたし一人に、限った事ではありますまい。誰にも好まれるそうしと云えば、悲しい話にきまっているようです。

 弥三右衛門はしばらくののちといきをするようにこう云いました。

「もうこのはめになった上は、泣いてもわめいても取返しはつかない。わたしはあすにも店のものに、ひまをやる事に決心をした。」

 その時また烈しい風が、どっと茶室をすぶりました。それに声がまぎれたのでしょう。弥三右衛門のないぎの言葉は、何と云ったのだかわかりません。が、主人はうなずきながら、両手を膝の上に組み合せると、あじろの天井へ眼を上げました。太いまゆ、尖ったほおぼね、殊に切れの長い目尻、――これは確かに見れば見るほど、いつか一度は会っている顔です。

「おんあるじ、『えす・きりすと』様。何とぞ我々夫婦の心に、あなた様の御力を御恵み下さい。……」

 弥三右衛門は眼を閉じたまま、御祈りの言葉をつぶやき始めました。老女もやはり夫のように天帝の加護を乞うているようです。わたしはそのあいだ瞬きもせず、弥三右衛門の顔を見続けました。するとまたこがらしの渡った時、わたしの心にひらめいたのは、二十年以前の記憶です。わたしはこの記憶の中に、はっきり弥三右衛門の姿をとらえました。

 その二十年以前の記憶と云うのは、――いや、それは話すには及びますまい。ただ手短に事実だけ云えば、わたしはあまかわに渡っていた時、あるにほんの船頭にあやうい命を助けて貰いました。その時は互に名乗りもせず、それなり別れてしまいましたが、今わたしの見た弥三右衛門は、当年の船頭に違いないのです。わたしはきぐうに驚きながら、やはりこの老人の顔を見守っていました。そう云えばかつい肩のあたりや、ゆびふしの太い手のかっこうには、いまださんごしょうしおけむりや、びゃくだんやまの匂いがしみているようです。

 弥三右衛門は長い御祈りを終ると、静かに老女へこう云いました。

「跡はただ何事も、てんしゅぎょい次第と思うたがい。――では釜のたぎっているのを幸い、茶でも一つ立てて貰おうか?」

 しかし老女は今更のように、こみ上げる涙をこらえるように、消え入りそうな返事をしました。

「はい。――それでもまだやしいのは、――」

「さあ、それがぐちと云うものじゃ。ほうじょうまるの沈んだのも、ぎんの皆倒れたのも、――」

「いえ、そんな事ではございません。せめてはせがれやさぶろうでも、いてくれればと思うのでございますが、……」

 わたしはこの話を聞いている内に、もう一度微笑が浮んで来ました。が、今度はほうじょうやの不運に、愉快を感じたのではありません。「昔の恩を返す時が来た」――そう思う事が嬉しかったのです。わたしにも、御尋ね者のあまかわじんないにも、りっぱに恩返しが出来る愉快さは、――いや、この愉快さを知るものは、わたしのほかにはありますまい。(皮肉に)世間の善人は可哀そうです。何一つ悪事を働かない代りに、どのくらい善行をほどこした時には、嬉しい心もちになるものか、――そんな事もろくには知らないのですから。

「何、ああ云う人でなしは、居らぬだけにまだしも仕合せなぐらいじゃ。……」

 弥三右衛門はにがにがしそうに、あんどんへ眼をらせました。

「あいつが使いおった金でもあれば、今度も急場だけはしのげたかも知れぬ。それを思えばかんどうしたのは、………」

 弥三右衛門はこう云ったなり、驚いたようにわたしを眺めました。これは驚いたのも無理はありません。わたしはその時声もかけずに、さかいふすまを明けたのですから。――しかもわたしの身なりと云えば、うんすいに姿をやつした上、あじろの笠を脱いだ代りに、なんばんずきんをかぶっていたのですから。

「誰だ、おぬしは?」

 弥三右衛門は年はとっていても、とっさに膝を起しました。

「いや、御驚きになるには及びません。わたしは阿媽港甚内と云うものです。――まあ、御静かになすって下さい。阿媽港甚内はぬすびとですが、今夜突然参上したのは、少しほかにもわけがあるのです。――」

 わたしはずきんを脱ぎながら、弥三右衛門の前に坐りました。

 そののちの事は話さずとも、あなたには推察出来るでしょう。わたしはほうじょうやききゅうを救うために、三日と云うにちげんを一日も違えず、六千貫のかねを調達する、恩返しの約束を結んだのです。――おや、誰か戸の外に、足音が聞えるではありませんか? では今夜は御免下さい。いずれあすあさってよる、もう一度ここへしのんで来ます。あのおおくるすの星の光はあまかわの空には輝いていても、にっぽんの空には見られません。わたしもちょうどああ云うように日本では姿をくらませていないと、今夜「みさ」を願いに来た、「ぽうろ」の魂のためにもすまないのです。

 何、わたしの逃げみちですか? そんな事は心配に及びません。この高いてんまどからでも、あの大きいだんろからでも、自由自在に出て行かれます。ついてはどうかくれぐれも、恩人「ぽうろ」の魂のために、一切たごんつつしんで下さい。


     北条屋弥三右衛門の話


 ばてれん様。どうかわたしのざんげを御聞き下さい。御承知でも御座いましょうが、この頃世上に噂の高い、あまかわじんないと云うぬすびとがございます。ねごろでらの塔に住んでいたのも、せっしょうかんぱくたちを盗んだのも、また遠い海のそとでは、るそんの太守を襲ったのも、皆あの男だとか聞き及びました。それがとうとうからめとられた上、今度一条もどばしのほとりに、さらくびになったと云う事も、あるいは御耳にはいって居りましょう。わたしはあの阿媽港甚内にひとかたならぬ大恩をこうむりました。が、また大恩を蒙っただけに、ただ今では何とも申しようのない、悲しい目にもったのでございます。どうかそのしさいを御聞きの上、罪びとほうじょうややそうえもんにも、天帝の御愛憐を御祈り下さい。

 ちょうど今から二年ばかり以前の、冬の事でございます。ずっとしけばかり続いたために、持ち船のほうじょうまるは沈みますし、げ銀は皆倒れますし、――それやこれやの重なったあげく、北条屋一家は分散のほかに、仕方のないはめになってしまいました。御承知の通り町人には取引き先はございましても、友だちと申すものはございません。こうなればもう我々の家業は、うず潮に吸われたおおぶねも同様、まっさかさまにならくの底へ、落ちこむばかりなのでございます。するとある夜、――今でもこのの事は忘れません。あるこがらしの烈しいよるでございましたが、わたし共夫婦は御存知のかこいに、夜のけるのも知らず話して居りました。そこへ突然はいって参ったのは、うんすいの姿になんばんずきんをかぶった、あのあまかわじんないでございます。わたしは勿論驚きもすれば、またいかりも致しました。が、甚内の話を聞いて見ますと、あの男はやはり盗みを働きに、わたしの宅へ忍びこみましたが、茶室にはいまだほかげばかりか、人の話し声が聞えている、そこでふすまごしに、のぞいて見ると、この北条屋弥三右衛門は、甚内の命を助けた事のある、二十年以前の恩人だったと、こう云う次第ではございませんか?

 なるほどそう云われて見れば、かれこれ二十年にもなりましょうか、まだわたしがあまかわ通いの「ふすた」船の船頭を致していた頃、あそこへ船がかりをしている内に、ひげさえろくにない日本人を一人、助けてやった事がございます。何でもその時の話では、ふとした酒の上のけんかから、とうじんを一人殺したために、おってがかかったとか申して居りました。して見ればそれがこんにちでは、あの阿媽港甚内と云う、なだいぬすびとになったのでございましょう。わたしはとにかく甚内の言葉も嘘ではない事がわかりましたから、一家のものの寝ているのを幸い、まずその用向きを尋ねて見ました。

 すると甚内の申しますには、あの男の力に及ぶ事なら、二十年以前の恩返しに、北条屋の危急を救ってやりたい、さしあたいりようきんすの高は、どのくらいだと尋ねるのでございます。わたしは思わずくしょう致しました。盗人に金を調達して貰う、――それがおかしいばかりではございません。いかに阿媽港甚内でも、そう云う金があるくらいならば、何もわざわざわたしの宅へ、盗みにはいるにも当りますまい。しかしそのきんだかを申しますと、甚内はこくびを傾けながら、今夜の内にはむずかしいが、三日も待てば調達しようと、むぞうさに引き受けたのでございます。が、何しろ入用なのは、六千貫と云う大金でございますから、きっと調達出来るかどうか、てになるものではございません。いや、わたしのりょうけんでは、まずさいの目をたのむよりも、おぼつかないと覚悟をきめていました。

 甚内はそのわたしの家内に、悠々と茶なぞ立てさせた上、こがらしの中を帰って行きました。が、その翌日になって見ても、約束の金は届きません。二日目も同様でございました。三日目は、――この日は雪になりましたが、やはりに入ってしまったのちも、何一つ便りはありません。わたしは前に甚内の約束は、当にして居らぬと申し上げました。が、店のものにもひまを出さず、成行きにまかせていた所を見ると、それでも幾分か心待ちには、待っていたのでございましょう。また実際三日目のには、囲いのあんどんに向っていても、雪折れの音のする度毎に、聞き耳ばかり立てて居りました。

 所がさんこうも過ぎた時分、突然茶室のそとの庭に、何か人の組み合うらしい物音が聞えるではございませんか? わたしの心にひらめいたのは、もちろん甚内の身の上でございます。もしやでもかかったのではないか?――わたしはとっさにこう思いましたから、庭に向いたしょうじを明けるが早いか、あんどんの火をかかげて見ました。雪の深い茶室の前には、だいみんちくの垂れ伏したあたりに、誰か二人つかみ合っている――と思うとその一人は、飛びかかる相手を突き放したなり、庭木のかげをくぐるように、たちまち塀の方へ逃げ出しました。雪のはだれる音、塀にじ登る音、――それぎりひっそりしてしまったのは、もうどこかへいの外へ、無事に落ち延びたのでございましょう。が、突き放された相手の一人は、格別跡を追おうともせず、体の雪を払いながら、静かにわたしの前へ歩み寄りました。

「わたしです。あまかわじんないですよ。」

 わたしはあっけにとられたまま、甚内の姿を見守りました。甚内は今夜もなんばんずきんに、けさころもを着ているのでございます。

「いや、とんださわぎをしました。誰もあの組打ちの音に、眼を覚さねば仕合せですが。」

 甚内はかこいへはいると同時に、ちらりとくしょうらしました。

「何、わたしがしのんで来ると、ちょうど誰かこのゆかの下へ、いこもうとするものがあるのです。そこで一つてどりにした上、顔を見てやろうと思ったのですが、とうとう逃げられてしまいました。」

 わたしはまださっきの通り、捕り手の心配がございましたから、役人ではないかとたずねて見ました。が、甚内は役人どころか、盗人だと申すのでございます。盗人が盗人をとらえようとした、――このくらい珍しい事はございますまい。今度は甚内よりもわたしの顔に、自然と苦笑が浮びました。しかしそれはともかくも、調達のせいひを聞かない内は、わたしの心も安まりません。すると甚内は云わない先に、わたしの心を読んだのでございましょう、悠々とどうまきをほどきながら、の前へかねづつみを並べました。

「御安心なさい、六千貫のくめんはつきましたから。――実はもうきのうの内に、たいてい調達したのですが、まだ二百貫ほど不足でしたから、今夜はそれを持って来ました。どうかこの包みを受け取って下さい。またきのうまでに集めた金は、あなた方御夫婦も知らない内に、この茶室のゆかしたへ隠して置きました。おおかた今夜の盗人のやつも、その金をぎつけて来たのでしょう。」

 わたしは夢でも見ているように、そう云う言葉を聞いていました。盗人に金をほどこして貰う、――それはあなたに伺わないでも、確かに善い事ではございますまい。しかし調達が出来るかどうか、半信半疑のさかいにいた時は、善悪も考えずに居りましたし、また今となって見れば、むげに受け取らぬとも申されません。しかもその金を受け取らないとなれば、わたしばかりか一家のものも、ろとうに迷うのでございます。どうかこの心もちに、せめてはごれんびんを御加え下さい。わたしはいつか甚内の前に、うやうやしく両手をついたまま、何も申さずに泣いて居りました。……

 そののちわたしは二年のあいだ、甚内のうわさを聞かずに居りました。が、とうとう分散もせずにつつがないその日を送られるのは、皆甚内の御蔭でございますから、いつでもあの男の仕合せのために、人知れずおん母「まりや」様へも、きがんをこめていたのでございます。ところがどうでございましょう、この頃おうらいの話を聞けば、あまかわじんないおめしとりの上、もどばしに首をさらしていると、こう申すではございませんか? わたくしは驚きも致しました。人知れず涙も落しました。しかし積悪のむくいと思えば、これも致し方はございますまい。いや、むしろこの永年、天罰も受けずに居りましたのは、不思議だったくらいでございます。が、せめてもの恩返しに、かげながらえこうをしてやりたい。――こう思ったものでございますから、わたしはきょうとももつれずに、早速一条戻り橋へ、その曝し首を見に参りました。

 戻り橋のほとりへ参りますと、もうその首を曝した前には、おおぜい人がたかって居ります。罪状をしるしたしらきふだ、首の番をするしたやくにん――それはいつもと変りません。が、三本組み合せた、青竹の上に載せてある首は、――ああ、そのむごたらしい血まみれの首は、どうしたと云うのでございましょう? わたしはそうぞうしい人だかりの中に、あおざめた首を見るが早いか、思わず立ちすくんでしまいました。この首はあの男ではございません。阿媽港甚内の首ではございません。この太いまゆ、この突き出たほお、このみけんかたなきず、――何一つ甚内には似て居りません。しかし、――わたしは突然日の光も、わたしのまわりの人だかりも、竹の上に載せたさらし首も、皆どこか遠い世界へ、流れてしまったかと思うくらい、烈しい驚きに襲われました。この首は甚内ではございません。わたしの首でございます。二十年以前のわたし、――ちょうど甚内の命を助けた、その頃のわたしでございます。「やさぶろう!」――わたしは舌さえ動かせたなら、こう叫んでいたかも知れません。が、声を揚げるどころかわたしの体はおこりを病んだように、ふるえているばかりでございました。

 弥三郎! わたしはただ幻のように、せがれの曝し首を眺めました。首はややあおむいたまま半ばひらいたまぶたの下から、じっとわたしを見守って居ります。これはどうしたわけでございましょう? 倅は何かの間違いから、甚内と思われたのでございましょうか? しかしごぎんみも受けたとすれば、そう云う間違いは起りますまい。それとも阿媽港甚内というのは、倅だったのでございましょうか? わたしの宅へ来たにせうんすいは、誰か甚内の名前を仮りた、別人だったのでございましょうか? いや、そんな筈はございません。三日と云うにちげんを一日もたがえず、六千貫の金をくめんするものは、この広い日本の国にも、甚内のほかに誰が居りましょう? して見ると、――その時わたしの心の中には、二年以前雪の降った、甚内と庭に争っていた、誰とも知らぬ男の姿が、急にはっきり浮んで参りました。あの男は誰だったのでございましょう? もしや倅ではございますまいか? そう云えばあの男の姿かたちは、ちらりと一目見ただけでも、どうやら倅の弥三郎に、似ていたようでもございます。しかしこれはわたし一人の、心の迷いでございましょうか? もし倅だったとすれば、――わたしは夢の覚めたように、しけじけ首を眺めました。するとその紫ばんだ、妙にしまりのないくちびるには、何かほほえみに近い物が、ほんのり残っているのでございます。

 さらし首に微笑が残っている、――あなたはそんな事を御聞きになると、おわらいになるかも知れません。わたしさえそれに気のついた時には、眼のせいかとも思いました。が、何度見直しても、そのからびた唇には、確かに微笑らしいあかるみが、ただよっているのでございます。わたしはこの不思議な微笑に、永いあいだ見入って居りました。と、いつかわたしの顔にも、やはり微笑が浮んで参りました。しかし微笑が浮ぶと同時に、眼には自然と熱い涙も、にじみ出して来たのでございます。

「おとうさん、かんにんして下さい。――」

 その微笑は無言の内に、こう申していたのでございます。

「お父さん。不孝の罪は勘忍して下さい。わたしは二年以前の雪のよるかんどうおわびがしたいばかりに、そっとうちしのんで行きました。昼間は店のものに見られるのさえ、はずかしいなりをしていましたから、わざわざけるのを待った上、お父さんのねまの戸をたたいても、御眼にかかるつもりでいたのです。ところがふとかこいの障子に、ほかげのさしているのを幸い、そこへず行きかけると、いきなり誰かうしろから、言葉もかけずに組つきました。

「お父さん。それから先はどうなったか、あなたの知っている通りです。わたしは余り不意だったため、お父さんの姿を見るが早いか、相手のくせものを突き放したなり、たかべいの外へ逃げてしまいました。が、ゆきあかりに見た相手の姿は、不思議にもうんすいのようでしたから、誰も追う者のないのを確かめたのち、もう一度あの茶室の外へ、だいたんにも忍んで行ったのです。わたしは囲いの障子越しに、いっさいの話を立ち聞きました。

「お父さん。ほうじょうやを救ったじんないは、わたしたち一家の恩人です。わたしは甚内の身にききゅうがあれば、たとえ命はなげうっても、恩に報いたいと決心しました。またこの恩を返す事は、勘当を受けたふろうにんのわたしでなければ出来ますまい。わたしはこの二年間、そう云う機会を待っていました。そうして、――その機会が来たのです。どうか不孝の罪は勘忍して下さい。わたしはごくどうに生れましたが、一家の大恩だけは返しました。それがせめてもの心やりです。……」

 わたしは宅へ帰る途中も、同時に泣いたり笑ったりしながら、せがれのけなげさをめてやりました。あなたは御存知になりますまいが、倅のやさぶろうもわたしと同様、ごしゅうもんきえして居りましたから、もとは「ぽうろ」と云う名前さえも、頂いて居ったものでございます。しかし、――しかし倅も不運なやつでございました。いや、倅ばかりではございません。わたしもあのあまかわじんないに一家の没落さえ救われなければ、こんな嘆きは致しますまいに。いくらみれんだと思いましても、こればかりはせつのうございます。分散せずにいた方がいか、倅を殺さずに置いた方が好いか、――(突然苦しそうに)どうかわたしを御救い下さい。わたしはこのまま生きていれば、大恩人の甚内を憎むようになるかも知れません。………(永いあいだすすりなき


     「ぽうろ」弥三郎の話


 ああ、おん母「まりや」様! わたしはが明け次第、首を打たれる事になっています。わたしの首は地に落ちても、わたしのたましいは小鳥のように、あなたの御側へ飛んで行くでしょう。いや、悪事ばかり働いたわたしは、「はらいそ」(天国)のしょうごんを拝する代りに、恐しい「いんへるの」(地獄)の猛火の底へ、さかおとしになるかも知れません。しかしわたしは満足です。わたしの心には二十年来、このくらい嬉しい心もちは、宿った事がないのです。

 わたしはほうじょうややさぶろうです。が、わたしのさらくびは、あまかわじんないと呼ばれるでしょう。わたしがあの阿媽港甚内、――これほどゆかいな事があるでしょうか? 阿媽港甚内、――どうです? い名前ではありませんか? わたしはその名前を口にするだけでも、この暗いろうの中さえ、天上のばらゆりの花に、満ち渡るような心もちがします。

 忘れもしない二年ぜんの冬、ちょうどある大雪のよるです。わたしはばくちもとでが欲しさに、父の本宅へ忍びこみました。ところがまだ囲いのしょうじに、ほかげがさしていましたから、そっとそこをうかがおうとすると、いきなり誰か言葉もかけず、わたしのえりがみとらえたものがあります。振り払う、またつかみかかる、――相手は誰だか知らないのですが、その力のたくましい事は、到底ただものとは思われません。のみならず二三度み合う内に、茶室の障子がいたと思うと、庭へあんどんをさし出したのは、まぎれもない父のやそうえもんです。わたしは一生懸命に、つかまれたむなぐらを振り切りながら、高塀の外へ逃げ出しました。

 しかしはんちょうほど逃げ延びると、わたしはあるのきしたに隠れながら、往来の前後を見廻しました。往来には夜目にもしろじろと、時々雪煙りがあがるほかには、どこにも動いているものは見えません。相手はあきらめてしまったのか、もう追いかけても来ないようです。が、あの男は何ものでしょう? とっさあいだに見た所では、確かにそうぎょうをしていました。が、さっきの腕の強さを見れば、――殊に兵法にもくわしいのを見れば、世の常の坊主ではありますまい。第一こう云う大雪のに、庭先へ誰かぼうずが来ている、――それが不思議ではありませんか? わたしはしばらく思案したのち、たといあぶない芸当にしても、とにかくもう一度茶室の外へ、忍び寄る事に決心しました。

 それからいっときばかりたったころです。あの怪しいあんぎゃぼうずは、ちょうど雪の止んだのを幸い、おがわどおりをくだって行きました。これがあまかわじんないなのです。さむらいれんがし、町人、こむそう、――何にでも姿を変えると云う、らくちゅうに名高いぬすびとなのです。わたしはあとから見え隠れに甚内の跡をつけて行きました。その時ほど妙に嬉しかった事は、一度もなかったのに違いありません。阿媽港甚内! 阿媽港甚内! わたしはどのくらい夢のうちにも、あの男の姿を慕っていたでしょう。せっしょうかんぱくたちを盗んだのも甚内です。しゃむろやさんごじゅかたったのも甚内です。びぜんさいしょうきゃらを切ったのも、カピタン「ぺれいら」の時計を奪ったのも、いちやに五つの土蔵を破ったのも、八人のみかわざむらいを斬り倒したのも、――そのほか末代にも伝わるような、けうの悪事を働いたのは、いつでもあまかわじんないです。その甚内は今わたしの前に、あじろの笠を傾けながら、薄明るい雪路を歩いている。――こう云う姿を眺められるのは、それだけでも仕合せではありませんか? が、わたしはこの上にも、もっと仕合せになりたかったのです。

 わたしはじょうごんじの裏へ来ると、いっさんに甚内へ追いつきました。ここはずっとちょうかのないどべい続きになっていますから、たとい昼でも人目を避けるには、一番おあつらえの場所なのですが、甚内はわたしを見ても、格別驚いたけしきは見せず、静かにそこへ足を止めました。しかもつえをついたなり、わたしの言葉を待つように、ひとことも口をかないのです。わたしは実際恐る恐る、甚内の前に手をつきました。しかしその落着いた顔を見ると、思うように声さえ出て来ません。

「どうか失礼は御免下さい。わたしはほうじょうややそうえもんせがれやさぶろうと申すものです。――」

 わたしは顔をほてらせながら、やっとこう口を切りました。

「実は少し御願いがあって、あなたの跡をしたって来たのですが、……」

 甚内はただうなずきました。それだけでも気の小さいわたしには、どのくらいありがたい気がしたでしょう。わたしは勇気も出て来ましたから、やはり雪の中に手をついたなり、父のかんどうを受けている事、今はあぶれものの仲間にはいっている事、今夜父のうちへ盗みにはいった所が、はからず甚内にめぐり合った事、なおまた父と甚内との密談も一つ残らず聞いた事、――そんな事をてみじかに話しました。が、甚内はあいかわらずもくねんと口をつぐんだまま、冷やかにわたしを見ているのです。わたしはその話をしてしまうと、一層膝を進ませながら、甚内の顔をのぞきこみました。

ほうじょういっかこうむった恩は、わたしにもまたかかっています。わたしはその恩を忘れないしるしに、あなたのてしたになる決心をしました。どうかわたしを使って下さい。わたしは盗みも知っています。火をつけるすべも知っています。そのほか一通りの悪事だけは、人におとらず知っています。――」

 しかし甚内は黙っています。わたしは胸を躍らせながら、いよいよ熱心に説き立てました。

「どうかわたしを使って下さい。わたしは必ず働きます。京、ふしみさかい、大阪、――わたしの知らない土地はありません。わたしは一日に十五里歩きます。力もしとびょうは片手にあがります。人も二三人は殺して見ました。どうかわたしを使って下さい。わたしはあなたのためならば、どんな仕事でもして見せます。伏見の城のしろくじゃくも、盗めと云えば、盗んで来ます。『さん・ふらんしすこ』の寺のしゅろうも、焼けと云えば焼いて来ます。うだいじんけの姫君も、かどわかせと云えば拐して来ます。奉行の首も取れと云えば、――」

 わたしはこう云いかけた時、いきなり雪の中へけたおされました。

ばかめ!」

 じんないは一声叱ったまま、元の通り歩いて行きそうにします。わたしはほとんど気違いのようにころもすそすがりつきました。

「どうかわたしを使って下さい。わたしはどんな場合にも、きっとあなたを離れません。あなたのためには水火にも入ります。あの『えそぽ』の話のししおうさえ、ねずみに救われるではありませんか? わたしはその鼠になります。わたしは、――」

「黙れ。甚内は貴様なぞの恩は受けぬ。」

 甚内はわたしを振り放すと、もう一度そこへ蹴倒しました。

びゃくらいめが! 親孝行でもしろ!」

 わたしは二度目に蹴倒された時、急にくやしさがこみ上げて来ました。

「よし! きっと恩になるな!」

 しかし甚内は見返りもせず、さっさとゆきみちを急いで行きます。いつかさし始めた月の光にあじろかさほのめかせながら、……それぎりわたしは二年のあいだ、ずっと甚内を見ずにいるのです。(突然笑う)「甚内は貴様なぞの恩は受けぬ」……あの男はこう云いました。しかしわたしはの明け次第、甚内の代りに殺されるのです。

 ああ、おん母「まりや様!」わたしはこの二年間、甚内の恩を返したさに、どのくらい苦しんだか知れません。恩を返したさに?――いや、恩と云うよりも、むしろうらみを返したさにです。しかし甚内はどこにいるか? 甚内は何をしているか?――誰にそれがわかりましょう? 第一甚内はどんな男か?――それさえ知っているものはありません。わたしがったにせうんすいは四十前後の小男です。が、やなぎまちくるわにいたのは、まだ三十を越えていない、あから顔にひげの生えた、浪人だと云うではありませんか? かぶきの小屋をさわがしたと云う、腰の曲ったこうもうじんみょうこくじざいほうかすめたと云う、前髪の垂れた若侍、――そう云うのを皆甚内とすれば、あの男のしょうたいを見分ける事さえ、とうてい人力には及ばない筈です。そこへわたしは去年の末から、とけつの病にかかってしまいました。

 どうかうらみを返してやりたい、――わたしは日毎にせ細りながら、その事ばかりを考えていました。するとある夜わたしの心に、突然ひらめいた一策があります。「まりや」様! 「まりや」様! この一策を御教え下すったのは、あなたの御恵みに違いありません。ただわたしの体を捨てる、とけつの病に衰え果てた、骨と皮ばかりの体を捨てる、――それだけの覚悟をしさえすれば、わたしの本望は遂げられるのです。わたしはその嬉しさの余り、いつまでも独り笑いながら、同じ言葉を繰返していました。――「甚内のみがわりに首を打たれる。甚内の身代りに首を打たれる。………」

 甚内の身代りに首を打たれる――何とすばらしい事ではありませんか? そうすれば勿論わたしと一しょに、甚内の罪もほろんでしまう。――甚内は広いにっぽん国中、どこでもおおいばりに歩けるのです。その代り(再び笑う)――その代りわたしは一夜の内に、きだいたいぞくになれるのです。るそんすけざえもんてだいだったのも、びぜんさいしょうきゃらを切ったのも、りきゅうこじの友だちになったのも、しゃむろやさんごじゅかたったのも、伏見の城のかねぐらを破ったのも、八人のみかわざむらいを斬り倒したのも、――ありとあらゆる甚内の名誉は、ことごとくわたしに奪われるのです。(さんど笑う)云わば甚内を助けると同時に、甚内の名前を殺してしまう、一家の恩を返すと同時に、わたしのうらみも返してしまう、――このくらい愉快なへんぽうはありません。わたしがその嬉しさの余り、笑い続けたのも当然です。今でも、――このろうの中でも、これが笑わずにいられるでしょうか?

 わたしはこの策を思いついた後、だいりへ盗みにはいりました。よいやみの浅い内ですから、みす越しにほかげがちらついたり、松の中に花だけほのめいたり、――そんな事も見たように覚えています。が、長いかいろうの屋根から、ひとけのない庭へ飛び下りると、たちまち四五人のけいごの侍に、望みの通りからめられました。その時です。わたしを組み伏せたひげざむらいは、一生懸命になわをかけながら、「今度こそは甚内を手捕りにしたぞ」と、つぶやいていたではありませんか? そうです。あまかわじんないのほかに、誰がだいりなぞへ忍びこみましょう? わたしはこの言葉を聞くと、必死にもがいているあいだでも、思わずびしょうを洩らしたものです。

「甚内は貴様なぞの恩にはならぬ。」――あの男はこう云いました。しかしわたしはの明け次第、甚内の代りに殺されるのです。何と云うきみつらあてでしょう。わたしは首をさらされたまま、あの男の来るのを待ってやります。甚内はきっとわたしの首に、声のないこうしょうを感ずるでしょう。「どうだ、やさぶろうの恩返しは?」――その哄笑はこう云うのです。「お前はもう甚内では無い。阿媽港甚内はこの首なのだ、あの天下に噂の高い、にっぽん第一のおおぬすびとは!」(笑う)ああ、わたしは愉快です。このくらい愉快に思った事は、一生にただ一度です。が、もし父のやそうえもんに、わたしのさらし首を見られた時には、――(苦しそうに)勘忍して下さい。お父さん! 吐血の病にかかったわたしは、たとい首を打たれずとも、三年とは命は続かないのです。どうか不孝は勘忍して下さい、わたしはごくどうに生まれましたが、とにかく一家の恩だけは返す事が出来たのですから、………

(大正十一年三月)

この著作物は、1927年に著作者が亡くなって(団体著作物にあっては公表又は創作されて)いるため、ウルグアイ・ラウンド協定法の期日(回復期日を参照)の時点で著作権の保護期間が著作者(共同著作物にあっては、最終に死亡した著作者)の没後(団体著作物にあっては公表後又は創作後)50年以下である国や地域でパブリックドメインの状態にあります。


この著作物はアメリカ合衆国外で最初に発行され(かつ、その後30日以内にアメリカ合衆国で発行されておらず)、かつ、1978年より前にアメリカ合衆国の著作権の方式に従わずに発行されたか1978年より後に著作権表示なしに発行され、かつウルグアイ・ラウンド協定法の期日(日本国を含むほとんどの国では1996年1月1日)に本国でパブリックドメインになっていたため、アメリカ合衆国においてパブリックドメインの状態にあります。